ワールドメイトブログ ワールドメイト 和魂
★開設14年突破 WMファンブログ[ワールドメイト和魂(にぎみたま)]に訪問ありがとう★  NEW最新更新[1/12]『出口王仁三郎 霊界物語』☆スマホや タブレットでも PCモードでの閲覧を お薦めします☆記事にコメントくださった方々、ありがとうございます☆(=゚ω゚)ノ

【LIVEカメラ 渋谷スクランブル交差点】
【JapaNews24 日本ニュース24時間配信】

『ワールドメイトの「お祈り&お取次ぎ」と「霊能力&瞑想」との違い [3/15]』

 リニューアルした『「神様に圧倒的に好かれる方法」と「霊能力に惹かれる人」 [3/31]』や『ワールドメイト会員としての25年(2019年12月6日現在)』もどうぞ。

【怪談新耳袋殴り込み!劇場版[地獄編] エンディング】


 これらは実際にワールドメイト会員になって教わったり、深見先生の著書を読んで「神霊界」の正しい知識を知ったり、「正しいお祈り」を習わないと分からないことも、たくさん含んでいます。


 (※記事中では、諸々の悪霊(マイナスの影響を及ぼす動物霊、浮遊霊、地縛霊、祟り霊、死霊、生霊、魔界狐、稲荷、狸、死神、成仏してない先祖霊、西洋悪魔など) はすべて、【魔】と統一してあります。出口王仁三郎や深見先生も【魔】と表現することが多いです。

文中での「神霊界」とは、神様がいる「神界」「天界」も、霊がいる「霊界」「地獄界」も、すべて含めた「世界 (総称)」と捉えてください。「ご神霊」のことではありません。


 ~そして「正神界」とは、「善」の正しい神様だけがいらっしゃる世界と捉えてください。「神様」「仏様」「天使」「天界(天上界)」「神界」「仏教界」「密教界」「兜率天」も全部です。よって、「正神界」 も 「神霊界」に入ります。

最後の「あとがき」でも「神霊界」と記載してあるのは、わざわざ化身して「霊界」や「地獄界」に降り、苦しんでいる霊たちをお救いになる「神様」「仏様」「地蔵様」などがおられるからです。)



 まず初めに、これまで何度も注意してきた「チャネリング (交信法)(降霊術)」も含め、普通の人が霊的 (スピリチュアル) なことをしても、寄ってくるのは【魔】ばかりで、そう単純に良い結果にはなりません。

なぜなら、正しい神様を呼ぶ方法を知らない大多数の人達がやっている、とても危ない『コックリさん』や青森県「恐山」の『イタコの口寄せ (降霊術)』と同じだからです。

チャネリング (交信法)(降霊術)」とは危険な『コックリさん』や、昔で言う『鎮魂帰神法』や『イタコの口寄せ(降霊術)』と同じであり、あの「出口王仁三郎」でさえ、『「鎮魂帰神法」は魔が入りやすいから止めにする』と言ったくらい危険なことです。



 神道宗教「大本」の大神人で「聖師」と呼ばれた、あの伝説的なカリスマ「出口王仁三郎」でさえ注意したことを、正しい神霊界の知識を持っていない普通の人が、そう易々と簡単にできるものではありません。~その結果、寄ってきた魔に憑依され、運勢も現実生活もおかしくなっていくわけです。

「正邪」を区別する「審神 (さにわ)」もできない普通の人が、視えない存在に意識 (気持ち)を合わせて「チャネリング」をやっても たいして現実が変わらず良くならないのは、『神霊界の正しい知識が無い』『正しい方法を知らない』『正しく教えてくれる師がいない』からです。

現実界は波動が荒いうえ、たくさん【魔】が横行しているため、普段は 繊細で高貴な 神霊界におられる正神界の神様が、呼んだだけで簡単に降りてこられると思うのは大間違いなのです。すべては正しい神霊界の知識があってこそ成せるものです。



 ちなみに私など、小学2年の時に友達とやった『コックリさん』で憑かれて御魂(みたま)にまで喰い込まれ、ワールドメイトの初教霊まで「17年くらい」苦しめられ、救霊師さんから『御魂(みたま)が半分、狐になってるわよ』と言わしめたほど。

 (※霊障自体は小学生になるか、ならないかぐらいからだから20年くらい。コックリさんは後だったから17年くらい)

運が悪ければ【魔】に憑依されたあげく精神まで狂い、最悪は「精神病院」行きです。そうならないために、守護霊様が護ってくれていると思ってください。「チャネリング」「荒行」「瞑想」なども含め、危ないものは深見先生みずから注意してくださっています。

それら【魔界 (摩(魔)訶不思議なことをする悪魔の世界)】に通じる危険なことを他人に勧めている人間というのは、すでに【魔】に憑かれてやられているのを、自分で「審神 (さにわ)」できていません。「神霊界」の正しい知識を持っていないため、それら【魔】を 本物の神様だと"勘違い"して騙されています。



 私達の現実社会と同じように、神様がいらっしゃる「正神界 (善)」にも厳しい「秩序 (ルール)」があるので、"あからさま"に人間に摩(魔)訶不思議な霊能力を与えたり、不必要な干渉や指示も、 「霊視」や「お告げ」もなさりません。

忙しい現実生活を送っている人なら分かりますが、誰もが簡単に神様を呼んで願いが叶うなら 苦労する人などいなくなり、世界中の人間が堕落してしまいます。常識で考えても分かることを、巷の霊能力やスピリチュアリストは大袈裟に言って、善良な人達を騙しているわけです、

なんでもかんでも「霊能力」で解決してしまうなら、『何のために この世界に生まれて来たんだ?』と思いませんか?「チャクラ」「チャネリング」「アセンション」「ハイヤーセルフ」「スターチャイルド (チルドレン)」など、スピリチュアル界でよく聞く言葉、すべてに共通します。

九頭龍師

 まして世の中はコロナ禍、世界中でおぞましい数の人達が苦しんで亡くなっているのにです。いざ、自分が「コロナウイルス」に感染して重症化しても、「チャネリング」や「アセンション」で治せるとでも思っているのでしょうか。

現実の世界では「コロナウイルス」が猛威を振るっているだけで、世界も日本も少しも良くなっておりません。日本の中で「チャネリング」「アセンション」「風の時代」などの言葉を使っている人など、正道からズレた極一部の人達だけです。

先日は 東日本大震災から 10年が経ちました。震災で御家族4人とかいっぺんに亡くした人の、想像を絶する悲しみとか理解できているのでしょうか?そんな人達の前で「チャネリング」や「アセンション」などの いい加減な言葉を言えるのでしょうか?



 「チャネリング」で「龍」や「稲荷」や「天狗」を呼ぶ前に、震災で亡くなってしまった御家族でも呼んであげたら、いかがでしょうか?高級神霊や御眷属まで呼べるのに、故人の「霊」は呼べないのでしょうか?

本当に「慈悲慈愛」もある霊能者さんやスピリチュアリストさんならば、『2度とこのような悲劇、震災が起こりませんように。そして被災された方々が、1日も早く幸せになれますように。』と祈り続けるのが、正しいのではないでしょうか。


 ~いつまでも現実離れしている (ズレる) ことを喋っているから、まともな人には相手にされず、「スピリチュアル」など怪しいと言われてしまうのです。いかに「霊能者」や「スピリチュアリスト」がいい加減なことを凄そうに話し、善良な人達を魔界に堕としていることか。

それらの人達は、凄まじいカルマ「業と劫」を日々積み重ねているので、死んだら地獄へ一直線で何百年も苦しみ、転生して前世の悪因縁となって苦しむ人生を送ります。神様が定めた「天地と因果の法則」によって裁かれるのは自業自得だからです。



 努力の末に「進歩」「発展」「向上」「幸福」があるのに、なんでも「霊能力」で片づくなら、努力する人間などいなくなります。ギャンブルやったら皆さん「億万長者」です。犯罪や事件さえも無くなるでしょう。あっという間に「弥勒(ミロク)の世」の完成です。

そんなこと正しい神様がなさると思いますか? ~なさるわけがありません。人間を生み出した正神界の神様は『正法に不思議なし』のとおり、摩(魔)訶不思議なことはなさりません。守護霊様もなさりません。

人間社会の私たちの親と同じです。親が子供の自立を促し、立派な大人に育てるのと同様、私達の御魂(みたま)の成長を第一として考えている親神様だからこそで、一般常識で考えても、社会的な常識で考えても分かるはずです。



 『【魔 (悪)】は人間を堕落させる方向へ"あからさま"に惹き、【神 (善)】は人間が努力して成長するのを、見守りながら 優しく導く (親のように)』 ~まず、正邪を区別する「審神 (さにわ)」の基本原則はこれです。

生まれて来た意味、人として正道、「五常 (仁義礼智信)」などの学問や教養と照らし合わせてみれば、いかに間違ったことを広めている霊能者さんやスピリチュアリストさんが多いか、その人達の「正邪」まで判別できるはずです。~それが霊的にも現実的にも、自分を護ることになります。


 ~ですから、あからさまに摩(魔)訶不思議なことをして誘惑してくるのは、100%【魔】だと思って間違いありません。「正神界 (善)」の神様や守護霊様からのメッセージというのは、ほんの少しだけ。

それも「一瞬の閃き」「直感」のような感じで、脳裏に『フッ』と浮かぶのが本物です。これを深見先生は『フッとした感覚』と仰っています。



 なにしろ魔界の大物「金毛九尾 (九尾の狐)」ほどになると巧みに宗教団体に入り込み、教祖に取り憑いて「お告げ (霊言)」「お筆先 (おふでさき) (自動書記)」「霊視」「霊聴」などを言い出し、だんだんおかしな方向へ狂って行って、信者も巻き添えにするくらいです。

普通の人に姿は視えないのですから、教祖が正しいと言えば皆が信じてしまう。それが狡猾な【魔】のやり方なのです。人間としての正しい道から逸れたことを多くの人達に勧めている人物というのは、御魂(みたま)がすでに魔界に落ちており、凄まじいカルマを日々積み重ねているため、死後はそのまま地獄に落ちます。

『他人の人生を狂わせている』のですからね。『天網恢恢疎にして漏らさず』です。深見先生の「神霊界~現実界を支配する法則をつかむ」や「神界からの神通力 深見東州」を読んで頂ければ、『たしかに、そのとおりだ』と納得して頂けるはずです。



 私が見て、よく分かったのが、巷の「霊能者」や「スピリチュアリスト」のこと。ある程度は正しいことや素晴らしいことを喋ってるんですけど、やっぱり途中でズレておかしな事を言ったり、最後のほうでズレるのです。

これが深見先生がよく仰っている、『ある程度はインスピレーションでキャッチしてるんだけど、やっぱりズレる。これは【魔】が入ったり、正しい神霊界の知識がないからだよ』と。~これがもう、ほぼすべての人に共通しています。だから【魔】にやられるわけです。

やはり深見先生のように、神様から直々に教えてもらったり、神霊界の世界を自分で視ることができないため、他人から得た知識の受け売り、本やネットで得た知識、自分で経験体験したこと、でしか言えないからです。


【ELYSION Dreamer】

(ダークな菊理姫様みたい↑「暗黒菊理姫」「ダークマリア」 (微笑 ごめんなさい)


 深見先生もよく話に出しますが、たとえば深見先生が、天照大御神様から「御神示」を受け取ったと。でも、なにかおかしいと。それで丁寧に「審神 (さにわ)」してみたら、やっぱり魔界の大物「金毛九尾 (九尾の狐)」が出てきたというのがよくあります。

「九割」は正しいことを言ってるんですって。言葉や文章から出てくる気品とか神気も神様みたいだけど、どこかズレてるんですって。それだけ「金毛九尾 (九尾の狐])となると狡猾に化け、深見先生ほどの完璧な「審神 (さにわ)」ができないと、コロッと騙されてしまう。

それを本物の神様だと信じた瞬間、もう「金毛九尾 (九尾の狐)」が御魂(みたま)に取り憑き、おかしな方向にズレていくのです。それだけ狡猾ですから、はじめは"マトモ"だった宗教団体でも おかしくなって行くわけです。



 ですから「金毛九尾」とはいかないまでも、正しい「審神 (さにわ)」ができない人間は、低俗な動物霊にさえやられてしまうわけです。~なんて言ってたかな?『【魔】は、愛と真心が欠けている』 だったか?… 忘れてしまった。。

ちなみに「幸福の科学」の教祖には「金毛九尾」が憑いているそうです。ですから「霊言」などとおかしなことをやって、信者もろとも地獄へ巻き添えにしているわけです。顔がもう狡猾な狐になってますよね。キィーキィー言ってるの聴こえませんか?

やはり、深見先生が教えてくださっている正しい神霊界の知識や神界法則、神様の正しい働きや基本的な「審神 (さにわ)」ができないと、本人も分からないうちに【魔】にやられて運勢が悪くなったり、精神や身体がおかしくなったりします。



 その間違ったことを喋ったり、「チャネリング」などをやっている「霊能者」や「スピリチュアリスト」の背後では、【魔】がピョンピョン飛び移っているので、見た人にも飛んで来て憑かれてしまう。神霊界は 時間も距離も超越できますから。

海外のスピリチュアルから来た言葉を、さもカッコよく聞こえるように カタカナ言葉で誘惑しようが同じことです。~ですから他のスピリチュアリストと同じように、【魔界】に通じる「摩(魔)訶不思議」でおかしいことを いつまでも喋っているわけです。

【魔】を広めているほうも、やられるほうも、【魔】にやられる人間というのは、日々精進して邁進するほど、忙しく御魂(みたま)を輝かせていない為にやられる人が多いです。暇だから邪念 (欲など) が浮かんで【魔】にやられるわけです。~まさに『小人閑居して不善をなす』とおりです。



 『チャネリング (交信法)(降霊術)』や『アセンション (次元上昇)』などの言葉は、普通に生きている人達に話したところで、『怪しい』『おかしい』『カルト宗教 (洗脳)』としか思われません。それが日常的に使われるようになったら、TVのニュースや報道番組で毎日聞くはずでしょう。

『急がないと「アセンション」に乗り遅れるよ』などと両親や友達に言っても、『なにそれ?新しい特急列車かい?』なんて言われてしまいます。普通の人に通じない言葉など、『おかしい』と思わないほうが、"おかしい"のです。

怪しい言葉でしか言えないのは、怪しい言葉で人間を惹く【魔】に憑かれているか、常識や教養や知能が足りないからです。近所のオバちゃんに通じない言葉を喋っている人間など、普通の人から見たら『頭おかしいみたいだね』としか言われませんよ。



 ですから、真面目に頑張って働いておられる人達には 「スピリチュアル (霊的)」など "ウケが悪い" わけです。会社の同僚の中に毎日、『やべーアセンションがぁー』『俺のチャクラでー』『ここで チャネリングだー』なんて言ってる人がいたらどう思いますか?(笑)

カッコイイと思いますか?尊敬できますか?魅力的に見えますか?正神界の神様に通じる「真」「善」「美」「愛と真心」「歓喜感動」があるように見えますか?普通なら近寄りがたくなって 友達すら失くすでしょう?

守護霊にだって『またそんな言葉に誘惑されおって、バカタレが!』って思われていますよ。普通に言えば良いのです、普通に。お祖父ちゃんやお祖母ちゃん、近所のオバちゃんにも通じるように。



 『神社参拝して、神様に護ってもらおうよ』『神社参拝して、神様に強運もらおうよ』『神社の神様はレベルが高い世界(次元)におられるから、真面目に努力して自分のレベルを上げて行って(次元上昇)、もっと強く神様に護ってもらおうよ』

これが「正」しい言い方であって「善」となり、「法施の徳を積む」ことにさえ繋がるのです。『【御成敗[貞永]式目】神は人の敬によりて威を増し、人は神の徳によりて運を添ふ(う)』です。
 
スピリチュアル的な言葉を使う人が多いですが、本来なら それだけ多くの人達に語れる器量があって、正しい道で行ったらもの凄く大きな法施の徳が積めるのに、【魔】にやられて堕ちて行ってしまう。誠に残念で惜しいとしか言いようがありません。



 幸い 私たちワールドメイト会員は、深見先生のお陰で正しい神霊界の知識を得られ、正しい「お祈り」や「お取次ぎ」のやり方までも習えます。ですから私でさえ会員歴27年でも狂うことなく、お取次ぎ者にもなれましたし、もう14年以上もこうやって一途に、ワールドメイトのファンブログを続けて来れているわけです。

逆に、考えてみてください。『ワールドメイトの救霊』で救ってもらって会員 27年経った私が、深見先生から習った正しい神霊界の知識を伝えずに、

 「チャネリング」「アセンション」「スターシード」「チャクラ」「ハイヤーセルフ」など、巷の「霊能者」「スピリチュアリスト」「行者」と同じに怪しい言葉ばかり喋っていたらどうなるか?(笑)

それこそ全国に8万人以上おられる、同じワールドメイトの会員さんに『この会員さんヤバイ (笑)』と言われ、すぐ総本部やエリア本部に通報されてしまいますよ。



 たとえ「神通力」や「霊能力」を持ってても、どんな方法であれ、楽をして思いどおりに生きられるほど、人生は甘くありません。まして寿命ならば誰でも、死ぬ時は死にます。非力でひ弱な人間だからこそ、全智全能の神様や守護霊様に「御守護」「御加護」をお願いするわけです。

人間としての正しい努力や真面目な生き方をしていれば、神社へ参拝すれば神様が御眷属を使わして「事件」「事故」「災難」から護ってくださり、【魔】が悪さをしてこようとするのを守護霊様が防いでくれ、家系や個人の悪因縁から来る「禍(わざわい)」を、大難を小難へ変えてくれたりします。

謙虚で素直に、純粋に神様を慕って「敬う (うやまう)」人間ほど、神様は愛(め)でてくれるのです。現実生活で不安ならば、神社参拝なさったり、守護霊様にお願いすれば良いことです。喜んで護って頂けます。『【御成敗[貞永]式目】神は人の敬によりて威を増し、人は神の徳によりて運を添ふ(う)



 しかし、正しい神様であればあるほど、人間としての成長や「御魂(みたま)」磨きを第一として考えますから、『正しい努力や生き方をしているから、神様は助けてくれるだろう』と "思いこみ過ぎる" のも、これまた人間の「傲慢」であり、その時点で「怠慢」「驕り」さえ出始めてしまうことにも繋がります。

人間なら誰しも「慣れ」や「怠慢」、「驕り」や「傲慢」に陥ります。新しい仕事に就いても、覚えて当たり前にこなせるようになれば「慣れ」るし、そのうち、どこで手を抜くかなんて悪知恵さえ出てくるようになって「怠慢」に陥り、そして上司になったら「驕り」高ぶり、部下に口うるさく「傲慢」になる。そうやって本人も気付かずにズレてくるんです。

それらに陥らないために、マンネリを打破するために、深見先生が昔から教えてくださっているのが「毎日のお祈り」です。全智全能であられる正神界の神様や守護霊様に日頃からの感謝を述べ、神様のお役に立てるよう祈る。



 正しいお祈りによって、「純粋」「素直」「謙虚」の人間としての原点に立ち返り、人間として行き過ぎていた悪い部分、偽善だったり独善だったり、考え違いだったり思い違いだったりを抑え、直す(正す)ことができるわけです。

そして、努力しても努力しても 足らない部分や至らない部分を、神様や守護霊様に「御守護」「御加護」お願いする。これがワールドメイトの「お祈り」です。

また、毎日のお祈りの中で「大祓詞」を唱えることにより、「罪穢れ」や【魔】を祓う効果もあります。神様はもちろん「清浄(穢れなく清らかなこと)」なほうがお好きですので。

直毘神は穢れを祓う - Google 検索』 『【御成敗[貞永]式目】神は人の敬によりて威を増し、人は神の徳によりて運を添ふ(う)



 そして、人間としての努力(自力)と神様を慕って敬う信仰心[縦]と、広がる[横]神様の縁や御神徳(他力)を【十】字に結ぶ。"くくる"、"くくり" つける、それが "きくり"。それでこの度の最後の「神仕組」の主宰神が、銀河すなわち、全宇宙を統括する女神「菊理姫大神」様なわけです。

いつも皆さん、簡単に『菊理姫』様と呼んでます。こういう秘められた事柄や物事を「神霊的に解く」ことを、深見先生は『霊的解儀 (れいてき かいぎ)』と仰っています。名前から解いたり、出来事から解いたり、神通力で解いたりと いろんなパターンがあります。


 ~私が熊野本宮大社に参拝した記事『2020★箱根~熊野~伊勢★超絶ノンストップ3神社参拝記!!』にも、深見先生の本の文章をかなり載せてしまった部分がありますが、そういう「霊的解儀(れいてき かいぎ)」が完璧にできるのは深見先生ただ一人です。他の宗教団体では教えてすらもらえません。

宗教団体を研究している方々から『ワールドメイトは圧倒的にレベルが高い』と言われるのは、深見先生の圧倒的なレベルの高さから来ているのです。こういうことは会員さんはいつも、深見先生から教えてもらっています。


BAND-MAID / Daydreaming


 深見先生いわく、『本人が傲慢になったり、天狗になって失敗するのは、周りに対する感謝はもちろん、目に視えない高貴な存在に対する、圧倒的な感謝が無いからだ』と仰っているのを、昔に聞いた記憶があります。 

たしかに宗教など毛嫌いしている人も多く、自力だけで毎日きちんと懸命に働いて頑張っておられる人が圧倒的に多いです。でも、『オレがオレが (我力)』となって周りに対する感謝も無くなって傲慢天狗になると、いつか天狗の鼻を折られるような大失敗をして正されるわけです。


 ~でもそれは、神様や守護霊様の大愛です。本当に正しい善の守護が無い人間は、「感情」や「欲望」のままに行動して、挙句の果ては「犯罪」や「事件」まで起こして逮捕され、社会的に抹殺されます。そうやって人間を悪の道に誘おうと日々奮闘しているのが【魔】なわけです。

深見先生が著書や言葉で申されているとおり、お祈りしてから行動するのと、お祈りしないで行動するのでは、明らかに結果が違ってきます。私でさえ父親の病院通いの日には、トイレしながら超絶没頭して、最低10分は真面目にお祈りします。(笑)

 (※私は「神伝密教師 (世界一密教師)」のお取次ぎ資格を特上級まですべて持っているので、短時間でも深いお祈りはできます)



 そうするとすべての事柄がスムーズに完璧に行くうえ、『おぉ、運がイイ』っと思える奇跡が何度も起こったりして、神様や守護霊様の「御守護」「御加護」を強く実感できます。これが「真」「善」「美」にも繋がっているのです。

魔界から来る摩(魔)訶不思議な霊能力のお陰ではなく、人間として誠意を持って真面目に努力や行動しているからこそ、神様や守護霊様が、本人の御魂(みたま)磨きに支障が出ないよう、ささやかな"プレゼント (お陰)"をしてくださるわけです。


 ~なにせ、いつも行ってる父親の病院前の、薬局の駐車スペースに、【11-17】ナンバーの車↓がいつも停まってるくらいです。もう7年くらいかな。もちろん私の車ぢゃないですよ。これは神様が『ちゃんと見ておるぞ』と言ってるに違いないかと。

熊野から伊勢へ行く時も、救霊を受けた直後も、父親の病院通いの時も、神社参拝の時でも、それこそ遊びに出かけている時でも、必ず「1」と「7」しかないナンバーの車が、私の前にいるのです。『(;▼Д▼)(ウゲッ!! またかっ)』と。(苦笑)



 カッコいい数字だから人気があるのかも知れませんが、もう十年以上も続いていて やまないのです。もちろん隠された「神意」があるのでしょうが、そんなの完璧に分かるのは深見先生くらいです。そもそもこれが 私の「引き寄せの法則」とか、

「超能力」とか「暗示」のようなものだったら、それこそ「ナンバーズ」「ロト」「宝くじ」まで『当たりっぱなし』になるはずでしょう?でも1回も当たらない!(;▼▼) やっぱり正神界の神様は「人間としての成長」「御魂(みたま)磨き」を重んじていると言うことです。

 ~でも「パチンコ」「パチスロ」をたまにやった時は勝率8~9割はいってるような?きっと普段の行いが善いからですよ。グフフフフ❤



 それでワールドメイトの「お祈り (神法悟得会入門篇)」とは、普通の人が神社参拝で『パパッ』と手軽に 一瞬で済ますような、簡単なものではありません。

ワールドメイトの「お祈り」は、深見先生が 20年もかけて苦労して完成させたもの。祈れば確実に神様に届き、極意や真髄、秘伝や作法さえも すべて含まれています。他の宗教団体では教えておらず、ネットで他人に教えている人も見たことはありません。


 ~ワールドメイト会員のみが習える門外不出の「神法」です。その内容をすべて知ったうえで神様に向けて祈ることにより、降りて来られてお願いを聞いてくれ、御神力を現してくださったり、より篤い御守護や 御加護が頂けるようになれます。

ただし、確実に聞いてはくれますが、お願い事を叶えてくれるとは限りません。人間としての努力があってこそ 御魂の成長に繋がりますから、ワールドメイト会員として「お祈り」だけで願いが叶うなら、神様は不平等だと言わざるを得ないでしょう。



 神様や守護霊様にしてみたら、神霊界の正しい知識を持っていて、正しい気持ちで 作法も素晴らしかったら、神様のほうから喜んで聞いてくれるわけです。この現実世界だって同じこと。

「神道」「仏教」「密教」でも真髄があり、「華道」「茶道」「歌舞伎」「相撲」でも正しい作法や極意があり、「文化」や「芸術」の世界でもそうです。海外の建造物にさえ国や時代ごとの「文化」や「様式」があります。


 ~日本の大昔でさえ「武士道」といった美しい(正しい)生き様や 死に様まであります。楠木正成真田一族上杉謙信のように、『生き様や 死に様が立派だった』と、敵方までもが褒め称えて後世に伝わる程です。

これらは文化とか伝統とか、式たりや礼儀に共通する「美学」です。神様に通じるものには必ず「真」「善」「美」があります。神様がいる世界がもう極上、至上を極めた高貴で素晴らしい世界ですから、やはり素晴らしいものは神様に通じているわけです。



 また、この現実社会でもそうでしょう。平社員が馴れ馴れしく タメ語で社長にお願いに行っても、真面目に聞いてさえくれません。『まずは身なりや言葉使いを正し、先に課長や部長に話を通してこい!』っと、一喝されるはずです。

それと同様に、全智全能の神様に聞いてもらう為、動いてもらう為に、必要なものをすべて揃えて、美しく綺麗に完璧に整えた「お祈り」が、深見先生だけが教えてくださっている ワールドメイトの「お祈り」なわけです。

これがすなわち、『至誠、天に通ず』『至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり』に繋がるわけです。



 なので、ワールドメイトの「お取次ぎ」をするには必ず、「神様に確実に届いて、聞いてもらえるお祈り」をマスターする必要があるのです。いかに【魔】を入れずに神様を降ろして、正しい御神力を発揮して頂くか。これが『神法悟得会 入門篇』です。

ワールドメイト会員として「お祈り」とは基本中の基本です。私でも神社参拝している時や 父親の病院通いの日、なにかの神事の時は真面目にお祈りしますし、こんな私でも「神伝密教師」と「薬寿師」のお取次ぎ資格は持っています。

この部分は別記事『神様に圧倒的に好かれる方法と霊能力に惹かれる人の話』でも説明しているので読んでみてください。



 次に、ワールドメイトでの「お取次ぎ」と、霊能者さんやスピリチュアリストさんの「霊能力」の違いです。はじめに言ったとおり、巷の「霊能者」「スピリチュアリスト」のほとんどが、自分に憑いている【魔】の存在すら把握できておりません。

どんな霊がその霊能力を授けているかなど、基本的な「審神 (さにわ)」さえできない人が、ほぼすべてと言っても過言ではないくらいです。

基本的に、みずからの第六感などの超能力を含め、ちょっと行き過ぎている霊能力というのは、背後で何かしら霊がそれを与えています。既出のとおり、正しい方向なら神様や仏様や守護霊様などで、悪い方向なら【魔】です。



 他人様の、どうしようもなく恐ろしい霊障を正しく解決できる霊能者さんなら、正神界から来る神様や仏様や守護霊様でしょうし、人間に楽をさせたり、欲を誘うような「チャネリング」「アセンション」「チャクラ」など言い出したり、異常なほど霊視や霊聴が開いたら、魔界に通じている【魔】の可能性ほうが高いです。

たとえ「善」の動画を見たとしても、本人が真面目な努力をしていなければ良い結果は出ないものであり、見ただけで開運したり、出世したりできるならば、それこそ真面目に努力する人間などいなくなり、とっくの昔からTVの全チャンネルで毎日『これでもかっ(笑)』というほど流されているでしょう。


 ~人間としての「正しい努力」の末に、あとから結果がついてくる形が「善」であって、努力もしていない人間に楽をさせるのは【魔】です。

深見先生の本にも『現実界で成功したいならば、他人の3倍働けば誰でも成功する』と載っています。ですから、それらを勧めてくる人間には、五常や正道、学問や教養を照らし合わせて、その人間を見てください。



 ほとんどの霊能者さんが、霊が視えていたとしても、どんな理由で死に、なぜそこにいつまで留まっているか、なにをして欲しいかさえ聞き出すこともできません。(六大神通力が駆使できないから)

そのうえ気合いで祓ったり、線香をあげて お経を唱えただけで除霊したつもりになり、満足な解決さえできてません。大原則として『ワールドメイトの救霊』のとおり、

霊界へ旅立つためには、その霊自身が納得しなければ救われません。未練があったら重くて霊界へ行けないわけです。



 そのため救霊師さんは、神様と一体になって彷徨う霊に対し、『あなたはもう亡くなっておられるのですから、きちんと霊界へ旅立ってあちらで修行しなければ、何十年もそのままですよ。この世にいつまでも居残って 人様に悪い影響を与えてはいけませんよ。』と、

霊自身が納得できるまで優しく諭し、因縁因果や霊界法則を教えて悟らせ、傷ついた霊体を治癒して食事を与えてあげて、霊界へ送ってさしあげる。これが『ワールドメイトの救霊』です。ですから「除」ではなく、正しくは「救」で、ワールドメイトでは「言霊救霊」となっているわけです。


【ELYSION Killing My Dreams】


 そこまでしなければ、自殺した霊や浮遊霊、自縛霊や先祖霊も含め、霊自身が納得していないために救われないのです。お経をあげただけ、気合いで払うだけでは正しく救えないからこそ、また戻って来て他人へ取り憑いたりするので、いつまでも心霊スポットなどに残っているわけです。あなた自身が、今この瞬間に死んだらどうでしょう。

また、自殺したらどうでしょう。誰にも気付いてもらえず、救ってもらえず、傷ついた霊体で何年も、何十年も彷徨うことになり、たとえ視えた霊能者がいても、お経をあげられただけ、気合いで祓われただけでは納得がいかないばかりか、霊界へ旅立てないでしょう?~それが正しい真実、実状なのです。

それで実際に私は『コックリさん』だけでなく、小学生時代からの凄まじい霊障の数々さえ、一発で消えて救われたわけです。私の初救霊の記事2つだけには、恐ろしく苦しめられた霊障の数々は詳細に記載していませんが、過去記事にたくさん詳しく載せてありますから、時間があったら読んでみてください。

 ┗『カテゴリ-:奇跡の救霊体験』/『カテゴリー:[心霊恐怖]おかわり頂けるだろうか…



 また、巷の「霊能者」や「スピリチュアリスト」は、「龍」「天狗」「稲荷」「蛇」「チャネリング」「波動」などと言っても、実際に絵で神様の姿を書く事すらできず、スマホで写真や動画すら撮って見せられない人ばかりです。鳳凰雲や龍神雲、神様が降臨している写真もあります。

深見先生はきちんと、天眼で視た神様の姿や特徴、ご神名やご神徳、神仕組の神様が起こそうとしている事柄、起こった出来事に秘められた神意まで、すべて完璧に審神なされ、その神様との会話の内容まで、会員さんに教えてくださっています。

巷の「霊能者」や「スピリチュアリスト」ができないことを、深見先生はいとも簡単にやってしまわれる。深見先生の圧倒的な「六大神通力」に加え、審神力や霊的解儀の凄さを目の当たりにすれば誰でも、深見先生こそ真の救世主だと納得できるはずです。



 深見先生の本に載ってますが、三輪の大物主の神様の正体は【黒大蛇】、「国常立大神」様の正体は【御龍体】、そして熊野大神の正体は【青龍神】です。「九頭龍大神」でさえ、真の正体は別にあります。また 変幻自在でもありますから、次元ごとに姿と神名を変えて顕現してお働きになられます。

これが「同体異名」と言われるもの。神道の「天照大御神」が 密教界に顕現する時は「大日如来」になられ、「国常立大神」がヨーロッパ神界に顕現する時は「ゼウス」になられ、菊理姫が中国神仙界に顕現する時は「西王母」となられ、キリスト教の世界(4次元)に顕現する時は「聖母マリア」となられます。 

しかも、神様や龍神ほどの位になると、日本列島より大きくなったり、富士山より高くなったり、それこそ数十cm や 数mになったりと伸縮自在。また、無限に「分魂」を出したりと自由自在です。それくらい凄いのが日本神霊界「神仕組」の神様です。



 しかし、その神様の【真の正体】を知ったとしても、【真の正体のときの御神名(なまえ)】【真の正体での働き】まで、ぜんぶ完璧に知らなければ、本来(真)の完璧な「御神力」「御神徳」は発揮してもらえません。

例えば上のように【龍体】【青龍神】【黒大蛇】と言っても、本当はスゴイ名前があるのです。記載できないですが、難しい漢字で8文字とか。『名は体をあらわす』に通じている部分もあります。 


 ~たとえば いま考えた例ですが、『神萬広徳大紫青龍 (かみよろず こうとく だいし せいりゅう)』 とか 『大黒大聖八徳主神 (だいこく たいせい はちとく ぬしのかみ)』 とか。「不動明王」にもありますし、守護霊にだって「名前」があるくらいです。

しかも、亡くなった霊ですら『戒名』があるくらいです。Google先生でも分かるとおり、『戒名』とは『仏弟子となった証として与えられる名前』『お釈迦様の教えを守ることを約束した証』『仏教において戒を守ることを誓った者に与えられる名前』です。



 話を戻すと、神様の正体だけ知ってても、「御神名」や「御神徳」まで知らなければ 『なんじゃ、わしの正体を知ってても、名前と働きは知らんのか』で『ションボリ(;▼▼)』されてしまいます。(笑) 

歌じゃないんですから、『意味や働きを知らずに、ただ祝詞やお経だけ唱えているだけでは駄目』なのと同じです。ただ言葉で唱えるだけなら、小学生や中学生だって "ひらがな"で覚えて唱えられます。重要なのは【真の意味と働き】なのです。


 ~ですので、その神様の【真の正体】【真の正体の御神名(なまえ)】【真の正体の働き】まで、ぜんぶ知らなければ、本来(真)の完璧な御神力は発揮してもらえないのです。

ちなみに、この写真の「大祓詞」の秘鍵 (ひけん) 資料には、聖徳太子が秘め置いた「鳴門の渦潮」と「大祓詞」の秘密などが詳しく記されていて、

それらを全部知って理解してから「大祓詞」を唱えると、その「祓い」の御神力が【1000倍(1千倍)】になります。


 ~例えば、【魔】が正体を見破られて逃げたりするように、海外の悪魔が『名前を知られると降参する』のも同じことです。その神様のことを全部、完璧に知る者には『たいした奴じゃ』と認めてくれて、完璧な御神力を発揮してくれるわけです。

エクソシスト」や「死霊館」という映画を見た人も多いでしょう。私もぜんぶ見ましたが、「死霊館」シリーズなんて『マリリン・マンソン』ばかり出て来ます。(笑)



 すなわち 神霊界の知識はもちろん、「審神 (さにわ)」まで完璧にできないと、その神様の【真の正体】なども見破れない (知れない) ので、一般人に毛が生えた程度で「チャネリング」などやっても、【魔】しか寄って来ないわけです。

しかも神社の御祭神ともなると、一般人の願い事などは「御眷属」に任すケースが多いです。ちなみに、上の写真の「大祓詞」の秘鍵(ひけん)資料には、聖徳太子が秘め置いた「鳴門の渦潮」と「大祓詞」の秘密などが記されていて、それを全部知って理解してから「大祓詞」を唱えると、その「祓い」の神力が【1000倍(1千倍)】になります。


 ~ここからは、深見先生の本の中身も含め、YouTube よく見かける「チャネリング」「●●波動」などの動画の解釈を、私なりに述べてさせて頂きます。

さらに詳細なことは、深見先生の『神霊界~現実界を支配する法則をつかむ』や『神界からの神通力 深見東州』などを読んでください。



 「神」や「霊」の世界には【正邪】があるのはすでに申したとおりですが、それこそ「八百万の神々」と言われるように多くの神様や仏様がいまして、正神界には厳しい「秩序 (ルール)」があります。(私達の世界に法律があるのと同じ)

そして神様にも得意分野、苦手分野があり、仕事運や金運など現実界に強い影響を現せる神様、身体的(霊体)に強い影響を現せる神様、【魔】に強い神様、霊を救う神様、天界で知恵や宝珠を授ける神様など、様々におられます。

中でも「菩薩」「如来」「権現」「明王」などのいわゆる「密教」や「仏教」の神様はパワーが強く、現実界 (3次元) に住む私達 (霊体は4次元) や【魔 (4次元)】に対して強い影響を現せます。



 不動明王や毘沙門天のようにパワーが強くなければ、私たちに憑いていたり、そこいらを徘徊する【魔】さえ打ち祓って滅することもできず、また、薬師如来の治癒の法力が繊細すぎて弱弱しかったら、私達の肉体 (霊体) に対しても強い影響を与えられないからです。

なので、このへんの神様の「御神徳」は現実界に顕現するのが速く、「即効性」の効き目があるわけです。基本的にパワーが強いと、その神様から発する御神気や波動そのものが強いので、敏感な人なら とくに顕著に感じられます。

わたしが体験した中では、「毘沙門天」が濃厚な御神気かつ圧倒的な重量感で、ズズズズズと押し潰されそうな力強さだったのを今でも覚えています。「不動明王」は凄まじく熱いだけでした。



 そして神社の御祭神ともなると「位」が高く「縦横無尽」なので、遠く過去から未来を見通して大きい働きができ、多くの眷属を配下に抱えられるので「臨機応変」の働きができます。

例えば私もよく記事に出す「箱根大神」様。「九頭龍大神」まで従え、「御眷属」も天狗から蛇と様々に多いため、その御神徳も「学業」「出世」「事業」「健康」など「臨機応変」となれるわけです。


 ~富士山で例えると、神様は頂上にいて、龍は8合目あたり、天狗は7合目あたり、稲荷は5合目あたり、蛇は3合目と そんな感じです。高い場所にいれば空気も澄み切って (繊細)、遥か遠く (過去から未来) まで見渡せますが、ふもとでは街の景色 (遠く過去未来まで見通せない) しか見えません。

深見先生の著書に載っていますが、パワーが強い、形で現れる顕現神「菩薩」「如来」「権現」「明王」などは【5次元】に属しています。神様の創造の世界が【6次元 (第六神界)】だそうです。



 この「6次元」までが「姿、形」で出て来るそうです。高次元の神様になるほど、御神気や波動は繊細になります。

たしか私の記憶では~神社の御祭神レベルだと「6次元」に属していたはずですが、働く場所で違っていたかも知れません。
 

 ~たとえば「天照大御神」なら太陽神界、「至聖先天老祖」なら北極星、地球レベルなら「国常立大神」や「素戔嗚大神」、宇宙レベルなら「菊理姫大神」です。

そして【7次元】以上を別名「隠れみの神界」と言い、人間の理論や理屈では理解できない世界であり、色や波動だけの世界だそうです。



 私が覚えているのは【9次元】まで。そして、もっと繊細な最奥神界 (根源レベル) にこそ、「根源神」「最高神」「絶対神」であられる【御親元素大御神 (みおや もとす おおみかみ)】様がいらっしゃいます。

この【御親元素大御神 (みおや もとす おおみかみ)】様が「正観音」となって富士山のうえに顕現し、次元を降り下って「浅草観音」にもなるという話を聞いた覚えがあるのですが、深見先生の著書のどこかに載っていたと思います。


 ~まぁ要するに、日本神霊界「神仕組」の神様といえど、暇して "あぐら" などかいておらず、次元次元で化身して、忙しくお仕事して頑張っておられる と言うことです! (`・ω・) キリッ

神様でさえ忙しく頑張って働いておられるのに、「アセンション」「チャネリング」「チャクラ」だの自慢気に語ってる下品かつ低俗な「霊能者」や「スピリチュアリスト」に、高貴な日本神霊界の神々が直々に降りられると思いますか?(笑)


【Breakaway - The Bitter Truth [HD]】


 説明だけが長くなってしまいましたが、「チャネリング」「波動」なる動画を私なりに解釈すると、(本来なら高次元におられる)神様や龍神を降ろすとか繋がるとか、怪しい謳い文句で作ってあるものは、深見先生なみに正しい神霊界の知識を知らなければ、「審神 (さにわ)」さえ厳しいですから、偽者で危ないと考えたほうが正解です。

深見先生や「出口王仁三郎」や「役行者」や「空海」ほどの御方の願い事なら神様も喜んで降りてこられるでしょうが、正神界の神様は人間の努力や御魂(みたま)の成長を第一に考える親神様ですので、ただ欲求を叶えて楽にさせる為だけには、直々には降りて来られないと考えたほうが正しいです。

それに加えて、追記した上にある補足①にあるとおりです。【真の正体】【真の正体の御神名(なまえ)】【真の正体での働き】などぜんぶ完璧に知らなければ、御祭神や大神霊ともなると直々には降りられず、「御眷属」に任すと考えたほうが正しいです。



 「チャネリング」をやっておられるその御本人が、深見先生なみに神様の道に何十年も生きて来ており、世のため人のために命懸けで日々精進努力して生きておられ、

誰もが認めるような正道や「五常(仁義礼智信)」などの学問や教養もあり、成し得て来た功績や活躍もそれなりにあって、

それこそ著名人から政治家から、他国の大統領から世界的な有名人などにまで認められるほどの大人物ならば、その人を護っている神様や守護霊も立派だと考えられるので、信じても良いかなっと私は思います。

(※深見先生は20歳から本格的に神様の活動を始め、3/18で70歳になられました。すなわち、50年も神様の為に生きて来ています。(※正確には15歳からで55年間)



 それとは対照的に、たいした活躍もできずに功績さえ無に等しく、ここまでのような正しい神霊界の知識もなく、ただ怪しい言葉で狡猾に他人を騙して堕落させ、動画配信で収益を得ているだけで満足しておられるようなら、【魔】が憑いている可能性が高いので、気をつけたほうが宜しいです。

ただ、あまり厳しく決めつけてしまうと、私の「理想像」にしか聞こえなくなってしまうかなと。御祈祷の様子を動画配信してくださっている神社や宗教団体もありますし、神主さんとかお坊さんとか行者さんまで、わざわざ個人で動画配信してくださってる人達も大勢いらっしゃいます。


 ~そして世間には、人生でいろいろ経験して苦労した結果、神様や仏様の道に目覚め、これからは世の為、人の為に頑張って生きようと「一念発起」し、御自身の生活のために「動画収益」を得ながら真面目に活動している人もたくさんおられるはず。

しかも個人でも、行者や修行僧やお坊さんとして荒行で何かしらの霊能力をつけた人も多いので、実際に見てみないと判断や断言するのは早いと思いました。



 私が重要だと思うのは、『どういう撮り方なのか?』です。私達ワールドメイト会員のように実際に神様を降ろしている場面を撮っている動画なのか、それとも、なかなか行けないような神社や神域、パワースポットまでわざわざ行ってくださり、そこの景色 (清浄な御神気) を撮ってくださっているのか、などです。

海を撮ってくださっている動画でもそうです。まるでその場で、気持ち良い潮風を浴びて御魂(みたま)や霊体が癒されているような感覚や気分になれます。敏感な人なら、そういう動画だけで霊体が癒されて元気を取り戻す人もいるくらいです。

神様の「御神力」「御神徳」や、私達の「念」といったものは『時間や距離を超越する』ので、神域やパワースポットの景色だけでも効果はあります。なにしろ私達ワールドメイト会員の「お祈り」には、忙しくてなかなか行けない神社の御祭神に対して、「魂 (たま) ふり」という方法で祈ることもできるからです。古神道に詳しくて御存知の人もいるでしょうけど。

九頭龍師

 それで、高次元になるほど波動や神気も繊細になるので、起きてTVとかネットをしながら、ただ動画を流しているだけでは、効果が弱すぎると私は思います。現実界は波動が荒いので、繊細すぎる波動や御神気は打ち消されてしまうのです。

いくらPCで素晴らしい神域の動画を流しても、TVや外の騒音があって、頭には雑念で「心ココにあらず」の状態では意味がありません。その神域にいるようなイメージや気持ちまで湧かせてこそ、効果も出てくるのです。


 ~「天照大御神」ですと太陽神界の御神徳で「進歩発展、向上幸福」「元気やる気」はもちろん、「人生の軌道修正」ができるほどになります。なので神社やパワースポットの「波動」動画ならば

電化製品はオフにして 静かに寝ながら流したほうが、本人の余計な「邪念」や周囲からの「邪魔」が入らず、速やかに霊体に届いて効果も良くなると思います。

 (※ちなみに わたしはいつも、ソルフェジオ周波数を流しっぱで寝ています。寂しがりやだから… ぢゃなくて、落ち着かないからです! (;▼▼)>)



 ただし、真夜中の『丑三つ時』は避けたほうが賢明かと。

この時間帯は、生きている人間が寝静まり、【魔】が活発に横行している時間帯なので、本物の御神気や波動ならば、かえって呼び寄せる事となり、逆に憑かれて調子がおかしくなったりします。

深見先生も、真夜中の『丑三つ時』は、「お取次ぎ」は避けるように注意していた記憶があるのですが…



 分かりやすく例えると~

【稲荷】にしてみれば、

 『此奴(こやつ)、神気など流しおってキキキキキ…取り憑いてやるわ…』



【行者霊】にしてみれば、

 『むっ!あの家から神気が溢れておる。ふむ… これは気持ちいい。ならば此奴(こやつ)に憑くか…』



【浮遊霊】してみれば、

 『あ、あそこになんか光ってる灯りがあるなぁ~行ってみよう… あれ、傷が癒えて気持ちいいなぁ~。ほぉ~この人に憑いていれば気持ち良くなれるんだぁ~じゃあ、ずっとこの人に憑いてよぅ~』

 ~こんな感じです。



 本当に清らかで【魔】が近寄りがたい神聖な場所なら良いかも知れませんが、普通の家庭となると『丑三つ時』はお薦めできません。憑かれてから後悔しても遅いので。

なので『丑三つ時』も含めて 夜中はやめておいて、なるべくなら仕事が休みの昼間などに カーテンも窓も開けて、太陽の日差しと 気持ちいい新鮮な風を入れて、

お昼寝しながら『パワースポット』『神社』『聖域』の動画を流したほうが、危険を避けれて良いです。まるで、本当にその場所にいるような御神気や波動を霊体に浴びれると思います。



 最後に、そういう動画を作っておられる人もよく考えて欲しいのですが、そんな簡単に「龍」「天狗」「稲荷」「蛇」などを自由自在に呼べて交信できるなら、それはそれで大変なことです。

それこそ「出口王仁三郎」や「役行者」や「空海」に匹敵するくらいになって海外でも有名になり、ワールドメイトより立派な宗教団体でも興していなければ、逆におかしいと思われます。

なぜなら、たとえ本人にその気がなくても、そういう凄い霊能力を発揮していたら人から人へ「口コミ」で広まってマスメディアまで取材に来て、それこそ深見先生や『橋本京明』さんや『木村藤子』さんや『江原啓之』さんのように有名になるからです。


 ┏『江原啓之公式サイト

 ┣『青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

 ┗『現代最後の陰陽師【ラスト陰陽師 橋本京明】公式ホームページ


 ◆【Elysion - Bleeding】


 有名になった後で、『実はそんな霊能力は無くてイカサマでした!』などと判明したら、ご近所さえ歩けなくなりますよ。他人からは後ろ指さされてネットでは悪く書かれ、検索されたらあっという間に悪評が出てきます。

子供がいたら学校ではイジメられます。そんなひどい状況になってから真面目に働こうとしたって、どこにも雇ってもらえなくなるでしょう。そういうことも深く考え、きちんと責任を持って活動してください。

「スピリチュアル (霊的)」で他人を導いて幸せにするなど、そう簡単に素人に毛がはえた程度の人間ができるわけがないからこそ、宗教団体の教祖ですら憑かれて、信者もろとも地獄へ堕ちていることを肝に銘じてください。

 

 やはり、歴史や社会に名を残せる人というのは、凄まじい使命感を持って日々「努力」しておられます。そして、誰に対しても「愛と真心」や「慈悲慈愛」を持っているのが正しいです。「霊能者」や「スピリチュアリスト」などの肩書を持って生きて行くならば、

神様に 『うむ。おまえになら託せよう』 『おまえなら神々の御用をするに値する』 と言われるほど普段から命懸けで生きて、誰が相手でも認めさせるくらいの「努力」や「愛と真心」や「慈悲慈愛」の権化にならなければ、誰も認めてくれません。


 『他人にさえ認めてもらえない人間が、全智全能の神様に認められる とは、かなり無理があるとは思いませんか?』

そもそも勘違いしておられる霊能者さんやスピリチュアリストさんが多いのですが、そういった眼に視えない存在と繋がれたとしても、それが自分を含む、人の幸せに役立たせられなければ、それはただの「自己満足」にしか過ぎないのです。



 「龍」「天狗」「稲荷」「蛇」「波動」「アセンション」「チャネリング」「チャクラ」「スターシード」「インナーチャイルド」「ハイヤーセルフ」など、海外の言葉や他人に影響されて真似して、さも凄そうに語っても、結果としてそれが、多くの人達の幸せに活かせるように、ならなくてはいけません。

どうやったら、もっと多くの人達に幸せを与えられるか、どう伝えたら分かってもらえるか、どんな人が相手でも納得させられて、万人に幸せを与えるにはどうしたらよいか、と考えて、実際に行動しなければ駄目です。口だけなら誰でも、それこそ中学生でも言えます。

【有言不実行】じゃなく、【有言実行】でないと。そこまで毎日、命懸けで精進努力していなければ、守護霊様や見ている神様も『なんじゃ、口だけか』で終わりです。なんの為に、そういった力を授けられたのか、どういう使命や天命があるのかまで考えて欲しいのです。



 その人が本当に命懸けて人々の為に生きるなら、そこまで世の為、人の為に生きてくれる人間なら、「日本神霊界」神々や守護霊が放っておかれません。黙っていても【全力守護】です。深見先生のように。出口王仁三郎のように。空海のように。役小角のように、聖徳太子のように。

これこそが、『心だに誠の道にかないなば祈らずとても神や守らん [菅原道真]』ともなり、常日頃から篤く護ってもらえることに繋がるのです。


 ~それこそ、「大震災」「大地震」さえ事前に知らせてくれる程になるかも知れません。なにしろ神仕組の神様は今、深見先生に『富士山噴火の危険』を知らせています。

神仕組の神様が深見先生に教えるというのは、『まだ回避する手段がある』という事なのです。その為にワールドメイト会員は「お祈り」や「お取次ぎ」や「神事での結集」などで、神様の御用をさせて頂いているわけです。



 ここからは私の体験も含めますが、本物の御神霊とは 理屈や理屈や人智や言葉ではなく、「御魂(みたま)」や「霊体 (感覚)」で体感するものです。言葉なんて始めは出てこず、必ず感情や感覚が先です。綺麗な景色や素晴らしい音楽で感動したり、美味しい食事で歓喜するように。

私達の肉体の中には霊体があり、霊体の頭部分に「御魂(みたま)」が入っています。この「御魂(みたま)」とは神様からの分魂であり、神様は肉体がある人間ではありません。私たちの「御魂(みたま)」を創った「親神」様です。

 
 ~その「親神」様と接霊するのですから、とんでもないことになるのです。神様によって違いますが、近くまで降りて来られたら「御神気」も凄まじく、一瞬で身体が火照ったり、言葉より先に「御魂(みたま)」から強烈な感情が湧き上がり、瞬間に感動したり号泣したりとなります。

「霊能者」「スピリチュアリスト」といえど、ここまで体験できるのは少数でしょう。しかし、わたしでさえ数えきれないほど体験してますし、ワールドメイト会員さんなら「お祈り」だけでそこまでいける人が多いです。



 その時の感じとは、もう圧倒的すぎて 本当に一瞬です。そのあとで、初めて言葉が出てくるんです。言葉とは脳で考えて出しているもの。脳とは肉体の一部ですから、言葉は後からが正解なのです。

深見先生なら瞬時瞬間に審神なされて合一できますが、普通の人が体験したら まず冷静に言葉など出てこなくなるはずなのです。それくらい本物の御神霊とは圧倒的な存在だからこそ、邪気邪霊は尻尾をまいて逃げ出すわけです。

神様は肉体の眼では見えないのですから、理論や理屈や人智で考えるものではなく、「御魂(みたま)」と霊体で「体感」「体験」「体得」するものだ、ということを言えない「霊能者」「スピリチュアリスト」は怪しいと思ってください。

九頭龍師

 そして「御魂(みたま)」を構成している「一霊四魂」のうち、「奇魂」がこの部分を司っていて、「奇魂」が発達している人は神様の姿が視えたり、御神気を感じたりができます。「アジナーチャクラ」は「奇魂」が強く関係しています。

科学者や研究者などは、ここを分かっていないからこそ、「死後の世界」「霊の世界」「神様の世界」は、科学では解明できないわけです。

とくに私が1番衝撃的だったのが、三峯神社の[7年連続]奥宮登拝の1番初めです。この時のことを分かりやすく例えると…、



 ↓下の写真の、奥宮の小さなお社にお賽銭を入れて、カランカラン~って鳴らして、二礼二拍手一拝して、さぁ祈るぞ~と言霊おこし。『す~お~ぉぉお!! ダアァァァァー!! (号泣)』です!(笑)

この瞬間の感じが とても不思議なのです。悲しくもないし、嬉しくもないのに、なぜか『あっという間に感情が湧き上がってきて号泣』という不思議極まりない体験だったのです。


 ~なんで泣いて涙が溢れてるのか意味が分からず、『うぇうぇ おぇおぇ』って嗚咽と涙しか出てこない。御神気や波動は まさにラオウです。圧倒的熱量の御神気で、熱くて溶かされる感じでした。

このとき初めて 三峯奥宮の神様の圧倒的なパワーを喰らって、『この神様が本気で怒ったら溶かされるな〆』と恐怖したくらいでした。~本当は●●●とかいらっしゃるのですがね。



 いえね、炎天下で汗だくになって登って来て、身体も火照ってるのは分かりますが、さすがにそれだけじゃ~普通は泣かないですよ。もう、涙と嗚咽だけしか出なくて、エライ目にあったんです。とくに初回の登拝。記事にありますけど。

この上↑の写真が、その奥宮に初登拝したときに撮った写真です。敏感で感じられる人なら、凄まじい熱気の御神気が溢れているのが分かるはず。わたしは見てるだけで上半身が熱く火照ります。


 ~それから 7年連続で 毎年7月22日に登りましたけど、やっぱり毎年同じ。あそこだけ、なんかおかしい。(笑) おかしいと言ったら失礼ですけど、あの奥宮だけ「特別神域」というか、「最高結界」みたいな感じ。あの場所だけ、なんか違う。

最後の赤い鳥居から先はとくに、巨石が出てきたりして「最高神域」なのは分かるのですが、あの奥宮の辺りだけは、凄まじい御神気で、熱気が立ち昇っているかのように感じました。


【Hokuto no Ken - "Tough Boy"】


 昔の記事にも載せましたが、例えると奥宮は、下の本殿よりも「100倍」くらい強いかな?大袈裟すぎるかなぁ?霊力的にはもっとあるかも。なにせ「●●●」がいるくらいですから。下の本殿は人が多いのであまり感じれず。

私は「三峯の秘鍵開示会」を受けたので、奥宮に何の神様がいるとか、そのあたりに隠された秘密とかも知っていますが、まぁ~大昔からそこで、霊能者なり行者なりが、祈りを捧げて来た神域だからこそ、とくに通じやすくなっているだろうと。


 ~だから、そのパワーだけを求めて「行者」が来るのかっと納得したんです。三峯の秘鍵に触れるので、そこにいる神様の正体は言えませんが、『とてつもない神様』とだけ申しておきます。

三峯の御眷属が「狼」なのは、う… これも言えません。ごめんなさい。



 しかも私は、守護霊が近くに降りて来られただけで、一瞬で背骨から火柱が立ち昇って、汗が出るほど全身が熱くなります。

 (※ [深見先生談] 守護霊とはだいたいが自分の先祖を中心に「守護霊団 (先祖霊団)」が組まれている。また、背骨を霊的に視ると先祖が豆粒のように並んで詰まっている。)

一番初めは今でも覚えていますが、初救霊&入会から3年が過ぎ、初めて近くの支部へ行った時のことです。初めて支部長さんと話した瞬間に、身体がカアーっと熱くなって、汗が吹き出すほどになったのです。



 支部長さんがあまりにも【超絶美人❤】で興奮したわけじゃありません。(笑) ~どこにでもいるような、普通のお兄さんでした。それで、『うわっ熱い!なんだっ!?』っと言ったら支部長さんが、

『いま、●●さんの守護霊さまが近くに降りて来ておられるので~』っと笑顔でさりげなく言う… (;@@) (うわっ!!なんだこの人は)っと。不思議なことにそれから、神様ごとをやっている時にだけ、たまに起こるようになりました。

しかし、まだ会員初期では『上半身が 一気に火照る』だけで、今のように『背骨から火柱が立ち昇る』ほどではなかったです。ただ、身体の中から 一瞬で上半身熱くなる。



 それは、サウナとかお風呂、真夏の炎天下とか暖房とか~外から浴びる熱気で身体が熱くなるのじゃなく、不思議と身体の中から 一瞬で火照るんです。そこが普通とは違うところ。

ましてその症状は、自分だけなのです。あの支部長さんは特別すぎるほど敏感な人だったから分かったのでしょう。なにせ、「上杉謙信」の御神霊にまで会っていた人でしたから。


 ~そして、それがいつの頃からか、『背骨から火柱が立ち昇る』くらいに進化しました。…ほら!こんな話をしてると背骨から熱くなる!!(;▼▼) なんだかな

たぶん、背骨の中の先祖ですか、あの昔に比べたら、その「守護霊団 (先祖霊団)」の数が増えて大きくなったから、ドドーっと全員集合のように一気に集まると、一瞬で背骨から熱くなるんだろうなっと。これが本来の「神人合一」の原点なんだろうなと。 ~た、たぶん… TBN。

九頭龍師

 また、普通の人は「守護霊」と呼びますが、「守護霊」とは1体だけではありません。普通の人でも「2~30体」くらいは遠くから護ってくれています。その集団を「守護霊団」と呼びまして、

その「守護霊団」の皆さんは、だいだいが「御先祖」さまで構成されています。皆さん死後にきちんと修行して、神様から「守護霊」としての御役目を認められた立派な方々です。


 ~なので「先祖霊団」と呼ぶ時もあります。その方々が場面で場面で、臨機応変に変わったりして護ってくれているわけです。肉体労働のお仕事して頑張っているときは、体力があってパワーが強い守護霊、理数系のお仕事している時は、頭が良い守護霊とかです。

そして、その「守護霊団 (先祖霊団)」の代表、リーダー格の御方のことを「守護霊」様と呼ぶわけです。最低でも「菩薩」の位は持っていて、その上が「如来」の位です。守護霊も毎日、わたしたちを護りながら修行しているわけです。



 人によっては前世の信仰や徳から、「阿弥陀如来」が代表格として守護されている人もいれば、「観世音菩薩」が代表格として守護されている人もいれば、「天照大御神」が直々に守護されている人もいます。

皆さん何度も輪廻転生して、人生を送って来ているからです。前世では戦国時代の武士だったとか、仏教のお坊さんだったとか。また、ある神様の御眷属である「天狗」が守護されていたりと、これもまた人それぞれあったりします。


 ~例えば『前世では、高尾山の天狗を熱心に信仰していました』と。すると生まれ変わった今世では、その天狗が「守護霊」として護ってくれたりしているケースもあるということです。

さらに前世からの縁で「出雲大神」が【守護神】だったりと、人それぞれ違うわけです。わたしの【守護神】は たぶん「国常立大神」。さすがにそこまで「審神 (さにわ)」できるのは、深見先生くらいですけどね。



 そしてワールドメイトの会員となると、神仕組のお役に立たなくてはいけないので、「守護霊団 (先祖霊団)」がもっとたくさん増えて、さらに強力になります。ワールドメイトの会員ならどなたでも、「守護霊団 (先祖霊団)」は【全力守護】に近いです。

しかも「お取次ぎ者」ともなると、「不動明王」や「毘沙門天」や「薬師如来」などまで直々に守護してくれるようになるので、お祈りすると、すぐに上から降りて来てくれるわけです。もちろん、普段からも護って【魔】などを防いでいてくれています。

ですからワールドメイトの「お取次ぎ者」は 神霊的に見ると、自分の「守護霊団 (先祖霊団)」に加え、上から護ってくれている神様方も含まれるため、私の場合はさらに『一気に背骨から火柱が立ち昇る』くらいになるんだろうなっというわけです。



 ちなみに「薬寿師」の時はまだ 病院などに行った夜は金縛りに教われたりが頻繁にありましたか、「神伝密教師」になってからというもの、めったに金縛りにかからなくなったので不思議に感じています。

その代わりと言うのか、「神夢神聴」が明らかに増えたように感じます。思い返してみると、「薬寿師」時代には「神夢神聴」は無かったような気がします。

「神伝密教師」で「神夢神聴」ですから、もしかしたら「救霊師」になったら、そこらじゅうの浮遊霊や 徘徊する稲荷が視えるように… いやああぁぁあああああ


【怪談新耳袋殴り込み!劇場版[魔界編] エンディング】


 それと「三峯神社」「箱根神社」「鹿島神宮」「出雲大社」など全国の神社にしても、たいてい御祭神 (神様)というのは、いつも神霊界にいます。この現実界は波動が荒く、繊細で高貴な神様は居にくいので、神霊界でお仕事しています。御祭神といえど暇ではありません。(笑) ~「御眷属」の皆さんがお留守番係です。

そしてその神社で、「ご祈祷」「祭りごと」「本殿参拝」の時などに、上から降りて来てくれるわけです。深見先生が仰っるには、たいていドコの神社でも「お陰信仰 (現世利益)」の人達ばかりで 邪気邪霊などの【魔】をおいて帰って行くので神域が汚され、神様も居ずらくなって神霊界に帰られているそうです。

ですからさっきの「三峯奥宮」とか、他の日本全国のパワースポットでもいいですけど、なかなか人が行けないような山奥の「神域」や「神社」だと、「お陰信仰 (現世利益)」の人達で汚されていないので、神様もいつもそこに居ることができて、その場所の御神力パワーが保たれているというわけです。



 また私は、「不動明王」が纏う猛烈な「業火」「烈火」「火焔」さえ、上から降りて来たのまで、私は体感しています。「不動明王」の場合は、一瞬で大きい松明が近づいて来た感じでした。大火傷するかのごとく熱かったので眼を開けてしまい、その瞬間に消えてしまいました。

また、救霊の申し込みをして、終わるまでの数日間、ず~っと身体の周りに火焔を纏っているかのように熱くなっていたこともありました。なにかが ボォ~て燃えてる音が聞こえていた感じです。不思議なことに、救霊が終わったらもう消えてましたけど。

そのことは↓下の記事の、江原さんの動画の下、「不動明王」の画像の上に記載してあります。『久々にワールドメイトの真伝救霊を受けました!



 ちなみに、「天照大御神」の御神気は「母親のようにすごく優しくて、まろやかで暖かくて、まるで濃厚チョコレートに包まれている」です。

過去記事にも載せてますが、あの宇治橋を一歩踏み出した瞬間に感じて、こちらも一瞬で涙が溢れて号泣です。さすが、『御魂のふるさと~伊勢神宮』と言われるだけはありました。


 ~「毘沙門天」の御神気は、「周りの空気が 一瞬で凝縮されて濃厚になって、同時にお香の匂いが広がり、凄まじい重量感でグググと押し潰される」です。お寺の中にいる感じに近いです。

あのお線香とか お香の匂いで空気が凝縮されるというか、モワ~と密度が濃くなって重くなる感じです。「箱根大神」の御神気は「とても清涼で軽い。頭「御魂 (みたま)」に清浄で涼しい風が吹き抜けて、スカ~っとする感じです。



 「三峯大神」の御神気は「ビシッと厳しい」ですが、正直あの本殿の周りは人が多いので、私は上手く感じられません。奥宮はすでに上記でも、過去記事でも言ったように、ラオウです。「薬師如来」の御神気は「金色で温かい、ぬるま湯に浸かって癒される感じ」です。

レベルが高い(高次元)の御神霊ほど、御神気や波動も高貴で繊細です。対して、現実界に強いパワーを現す「菩薩」「如来」「権現」「明王」などになると、現実界に近い次元にいらっしゃるので強くなります。


 ~このへんも深見先生が解説しているとおりで、お祈りやお取次ぎをしているワールドメイト会員さんなら、当たり前に何度も体験しています。他にも「神夢神聴」とか「霊夢霊聴」とか、

実際に気が飛んで来た体験とか、なんだかんだ~27年間でいろいろ体験してますけど、それこそ霊的に敏感な人が真剣に活動したら、私以上にたくさんの体験ができるんじゃないかなぁ?と。



 熱田開き神業の時に体験した【魔】の「稲荷」の気は荒く、小型のハムスターとかネズミが10匹くらい上半身を素早く這わるている感じで、すごく痒くなったのを強く覚えています。高貴な神様とは明らかに違うのが分かったほどです。

乗り物酔いしてるような、精神が狂うような気持ち悪さになって言葉が出なくなるのです。あれが御魂に喰い込んでたんじゃ、そりゃ~おかしくなるわ (;▼▼)(自虐) と。狂うのも当然かと。

だから精神病院へ行くほど酷く取り憑かれた人は、「動物 (畜生)」のようになるんだなと納得したのです。豊川稲荷だったかな?まさに『コックリさん』で、私の生涯の「天敵」です。北斗の拳みたいな「強敵 (とも)」じゃありません。



 それでさらに詳しく説明すると、ワールドメイト会員がする「お祈り」というのは、すべての「お取次ぎ」の基本となるもので、神事の時にする「お祈り」だったり、普段の「お願い」や「感謝」する時の「お祈り」だったり。神社参拝する時もそう。

これが『神法悟得会 入門篇』というもので、1時間ほどの講習で 確実に神様に届く「お祈り」のやり方をマスターでき、お玉串もたった数千円。小学生のお小遣いからでも出せる良心的で安い金額です。


 ~さすれば、「お祈り」すればいろんな神様や守護霊までも降りて来てくださり、神社で参拝すれば「御祭神」が直々に降りて来られるし、なかなか行けないような神社の御祭神まで呼べるようになれます。

この基本の「お祈り」を極めたうえで、さらにレベルアップするお取次ぎ「救霊師」「九頭龍師」「神伝密教師」「薬寿師」というのが、神様に降りて来て頂き、御神力を発揮してもらうものです。



 「お祈り」だけなのか、それとも「お取次ぎ」までするのか、そのとき何をするかによって、中身の「作法」も違いますし、降りて来る「神様」も違ってきます。簡単に『お祈り』or『お取次ぎ』と言っても、双方にはかなりのレベル差があります。

基本の『神法悟得会 入門篇』を習得してこそ、さらに上の「救霊師」「九頭龍師」「神伝密教師」「薬寿師」の「お取次ぎ」ができるというふうになっています。


 ~すべて講習で覚えるようになっています。深見先生が解説しておられるビデオと冊子を見て覚えて、あとは実践あるのみ。すべて深見先生によって完璧に体系化され、確実にできるまで教えて頂けます。

上級位になる「救霊師」や「九頭龍師」の研修ともなると深見先生まで参加され、1週間くらい泊まり込みになるほど凄いものとなっています。



 「薬寿師」なら薬寿龍王をお呼びして【薬寿神法 (手かざし) 】のお取次ぎ。「神伝密教師」なら不動明王や毘沙門天、薬師如来や三面大黒天を呼んで【神伝密教】のお取次ぎ。(気分はまるで空海様) 両方とも数時間の講習だけです。

一番簡単なのが「薬寿師」です。その上が「神伝密教師 (世界一密教師)」。私が持っているのは この2つだけ。そしてこの上が、箱根の「九頭龍大神」を呼んで大神力を取次ぐ「九頭龍師」。最後の最高峰が「救霊師」になっています。

「九頭龍師」は箱根の九頭龍大神を呼んで【九頭龍神法】のお取次ぎ。最高峰の「救霊師」ともなると「大元帥明王」「不動明王」「薬師如来」「大日如来」などを呼んで、最も高度な【救霊神法】のお取次ぎをするわけです。

九頭龍師

 巷の「霊能者」や「スピリチュアリスト」とは根本的に違うところは、自分の身体の波動や霊能力を出すのとは違い、降りて来た神様が御神力を発揮するのを、直々に「お取次ぎ」することです。

自力の霊能力では限界がありますが、神様は広大無辺、無限無量の大神力です。その神様がお願いを聞いてくれて、御神力を発揮してくださるのが、ワールドメイトの「お取次ぎ」であり、そのパワーは巷の人間が出す霊能力を遥かに凌駕しています。


 ~これこそが、本物の正神界の神様が発揮なさる大神力というものです。だからこそ、神様を動かす「正しいお祈り」が欠かせないわけです。決して摩訶不思議な怖いものでなく、本当に素晴らしい「真」「善」「美」「愛と真心」「歓喜感動」が入っています。

すべて、深見先生が何十年もかけて習得した神法を、会員さんに教えて来てくださったわけです。いかに深見先生が凄いのか、理解して頂けるはすです。これこそ本当の「神法」と呼べるもの。他のどこの宗教団体でも教われません。



 なので、他の宗教団体で「お経」と「お布施」だけで終わっていた人がワールドメイトに来ると、「お祈り」だけでも確実にいろんな神様に通じるわ、神様をお呼びして直々に「お取次ぎ」はできるわ、で感動して驚いて、すぐにワ-ルドメイトの会員になってしまうわけです。

私も昔に言われたことがありますが、『1発でワールドメイトに来れたのは運がいい』と。他の人になると、2つも3つも宗教団体を巡り回ったあげくに やっとワールドメイトに辿り着いて、はじめてココで安住できるそうです。

昔、支部で一緒になった御夫婦など、2人そろってキリスト教など回って来たと言ってました。そしてワールドメイトで夫婦そろって、すべての「お取次ぎ」資格まで持つようになり、旦那さんは 薬寿龍王が授ける「宝珠」まで視えていた凄い人でした。


【GARNiDELiA / Hands [Official]】


 多くの人達が宗教と聞くと、『オウム真理教』『創価学会』『幸福の科学』『統一教会』のような『カルト認定されている宗教団体』ではないか?と心配なさると思いますが、

ワールドメイト』はカルト認定されていませんし、それら【魔】に支配されている宗教団体とは違います。敏感な わたしが少しでも そのあたりをキャッチしていたら、とっくに会員など辞めて 27年も続けられるわけがありません。



 私の初救霊も含め、信じられないような「奇跡」や「シンクロニシティ」を体験し、実際に多くの日本神霊界「神仕組」の神々様に会って来たからこそ、真実を伝え続けて来れるわけで、これこそ圧倒的な善意から生じる法施というものです。

信じられないのは、わたしの文章力が足りないからなのと、貴方自身が神なる体験を今までしていないからです。わたしほど霊障に苦しめられた半生を送ったうえで ワールドメイトの救霊を受ければ、わたしのように 一発で神様の存在を確信できるはずです。



 また、このブログの記事を隅から隅まで読み、わたしが体験してきた「奇跡」や「シンクロニシティ」を御覧になれば、巷の自称「霊能者」「スピリチュアリスト」など比べものにならないくらい、多く体験しているのが分かってもらえるはずです。

嘘や想像だけで ここまで14年以上も、神様や深見先生の記事を創れるのだとしたら、それこそ類まれなる才能で 作家にでもなっているはずです。嘘をついて文章や画像など作っても わたしにはなんのメリットもないのですから、そんな無駄なことに時間を使うわけがないでしょう。



 次に「瞑想」についても述べておきます。

私自身はやった事はありません。お坊さんや僧侶さんならお勤めとか日課としてあるかも知れが、『普通の人は"あえてやる"必要ないもの』と私は思っています。

深見先生も注意しておりますが、山で修行して滝に打たれたり、荒行や瞑想したあげくに霊眼が開けたりして、霊能力を得たと勘違いしている人達がひじょうに多いです。本当は【魔】に憑かれただけなのに。

「瞑想」や「ヨガ」も、変な気持ちでやり過ぎると、魔界に通じて【魔】にやられます。まして、普通の一般人が霊能力を得たところで実生活には使えません。具体的な使い方があるのなら、ぜひ私に教えて欲しいです。。



 たとえば、TVでインド行者の映像とか見たことあると思うのですが、爪や髭を伸ばし放題だったり、背骨が変な形のまま固まったり、常識ではとても考えられないような修行をしてますでしょう。

あれは、魔界に繋がって「蛇」などの【魔】にやられています。それが、その国の「信仰」「文化」「風習」だったとしても、やはり日本神霊界の神様から視たら異常なわけです。

瞑想も同様で、心を「無」や「空」にしたら悪いもの繋がって、取り憑かれる危険も大きいわけです。『普通の一般人が、"あえて"やる必要はまったくない』と思います。



 健康のために適度に「瞑想」「ヨガ」をやって心身ともにスッキリするなら良いのですが、それを『霊能力を身に付ける「修行」』のつもりで、のめり込んでしまうと魔界に繋がってやられてしまうのです。

要するに、過度の『やり過ぎ』『のめり込み過ぎ』は注意しないと駄目ということです。他人から見て『ちょっと異常だろ』とか『かなりやり過ぎ』とか言われるということは、神様や守護霊様からの警告だと思ったほうがよろしいです。


 ~ですから、霊能力などを身に付けたいが為に「瞑想」「ヨガ」をやるなら、まだトイレや部屋や神棚の掃除、家族の手伝いや地域貢献ボランティアなどをやったほうが、守護霊や神様にも喜んでもらえますし、【魔】に取り憑かれる心配もありません。

くれぐれも、他人様の趣味や生き様まで貶しているつもりではありません。また、寝ている時は「無」や「空」ですから境界線が難しいですが、あくまでも「行為自体」だと思って頂ければよろしいです。 

九頭龍師

 それで、ワールドメイトで正しいお祈りをマスターして、「神伝密教師」と「薬寿師」のお取次ぎ資格を持っている私から言わせて頂くと…

その「瞑想」「ヨガ」で怪しい方向へ向かう誘惑や欲を、ワールドメイトの「お祈り」に変えたら、凄まじい程の「お取次ぎ者」になれるのではないかと… た、たぶん。

至誠、天に通ず』『至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり』にも通じますし、『私以上に高い、ワールドメイトの「お取次ぎ者」となれる素質』が、そうとうあると思います。



 ワールドメイトの救霊師さんや 九頭龍師さん程になると、「お祈り」や「お取次ぎ」に1時間以上かけるなんて、もう当たり前なのです。

いえ、普通の会員さんでも『1時間くらいのお祈りなんて簡単簡単』と仰る人がワールドメイトには多いです。なにしろ深見先生も当たり前に 6時間とかお祈りできますし、普通の会員さんでも深見先生なみに、長くお祈りできる会員さんも少なくありません。

お祈りが長くできると言うことは真剣さや誠の現れであり、神様に対する想い、幸せを願う気持ち、愛と真心の気持ちが人一倍、大きく強く出せるということに他なりません。「熱誠祈願」との言葉があるように、執念ではなく情熱です。

深見先生

 そうやって真剣に祈った誠が積み重なり、神霊的に見ると ロウソクの炎が集まると大きくなるように、合霊状態になっていると深見先生は仰ってました。皆でそうやって祈ると、大きい「合霊状態」になると。

その温かい「愛と真心」で満たされた場に、天から通い路が降りて来て、大神霊が降りて来られると。「祈り」とは「意乗り」ですから、ただ綺麗に祝詞をあげれば 神様は降りて来てくれると思ったら大間違いで、気持ちが大切なのです。

また深見先生は、『あまり祈り過ぎると執着心の雲が出るので、ほどほどに祈ってスッキリしたら、あとは神様にお任せしてください』っと、昔から仰っています。



 日頃から、神様にも守護霊様にも感謝しないで生きている人間のほうが多いですから、神様から見たら、それだけ懸命に祈ってくれたら嬉しいわけです。

家族や友達、同僚や恋人には感謝はしても、眼に視えない神様や守護霊様には感謝すらしてない人のほうが圧倒的に多いですから。


 ~わざわざ言わなくても遠くから見護ってくれてますけど、やっぱりきちんと感謝すれば嬉しく思ってくださり、より強く篤く守護してくださるわけです。

長くお祈りするコツなども深見先生は教えてくださってますが、わたしから見て「瞑想」を長くできる人というのは、「お取次ぎ者」としての素質がかなり高いはずです。


【ONLAP - Still Alive [HD]】


 不思議なもので私も、神様にや守護霊に気 (意識) を向けないと、な~んも起こりません。ゲームとか映画鑑賞とか、ネットとかTVとかトレードとかで忘れていると神夢神聴すら起こらず、ワールドメイト会員だという事すら忘れてる。(神様守護霊様ごめんなさい)

それとは逆に、何かの神事の申し込んだ時の「お祈り」とか、「お取り次ぎ」「神社参拝」とか、こうやって神様に気(意識)を向けて記事を書くとか、神様事をすると相応に返って来ます。

これが深見先生が昔から仰っていた、『神様とは太鼓のようなものです』なんだと。大きく打てば、大きく響いて、大きく返って来る。小さく打てば、小さく響いて返ってくると。



 だから神事の申し込みにしても、私が熊野本宮大社参拝の時の 数日前から神様に向かう至誠とか、神様は向かった分の労力とか至誠とかなんて全部見ていてくださっていて、後からちゃんと返してくださるって事です。

私がここまで、ワールドメイト会員歴27年で体験した事柄というのは全部、深見先生や西谷泰人さんの本にあったとおりなのです。だからこそ長い年月、会員としていれたわけで、他の会員さんだって同じだと思います。


 ~しかも私は、小学~中学~高校と学生時代は長くイジメられていたうえに「HSP」ですから、他人の裏の顔だとか悪い事柄なども含め、ちょっと表面に触れただけで全てを分かってしまうような直感の鋭さとか、観察眼とか感受性が人一倍優れてるのです。

だからこそ途中で『カルト宗教団体だな』と少しでも察知していれば、餌付けされた動物園の猿ぢゃあるまいし、とっくに会員など辞めています。さすがにそこまで馬鹿じゃありません。洗脳なんてされませんし、甘い誘惑も効きませんよ、わたしには。



 そうやって「洗脳」だとか「カルト宗教」だの疑う人というのは、自分でそこまで体験していないからです。ちょっと他人の評価を見ただけで決めつけてしまったり、体験しないうちに、さっさと止めてしまった人です。

私は入会から3年くらいは何も起こらなかったですが、でも、怪しいカルト宗教のように余計なお金を出させるような勧誘もなかったですし、なにしろ初救霊であれだけの奇跡を目の当たりにして衝撃的だったからこそ、それくらいはあっという間に過ぎてしまった感じです。


 ~しかも大昔は、月1回の定例講義とか ゴールデンウィーク神業とか、1人で活動していても怪しい感じなんてまったくなく、なにしろ深見先生は面白くて優しくて、会員さんにとても人気がありました。

定例講義やゴールデンウィーク神業の新宿厚生年金会館なんてすぐ満席になって、通路にまで会員さんが溢れていたくらいです。そんな大人気の深見先生が目の前にいて、圧倒的なカリスマ性とオーラをちゃんと持ってました。



 で、ここまで続けられた結果、費やして来た時間や労力やお金を上回るほど、神様からいろいろ返してもらって来たと。お取り次ぎ者にもなれましたし。

その結果、たくさんの神様に実際に会えて来たし、神夢神聴で神様の姿だって視れているし、霊障とイジメに苦しめられていた頃と比べたら 今ではすごく幸せにしてもらって、天国と地獄くらい差があります。


 ~だからこそ会員数は増えていますし、相変わらず深見先生は若くてカッコイイですし、先日のオンライン神業でも深見先生の周りにはたくさんの会員さんが集まっていますし、他の宗教団体と比べたら圧倒的に優れてるんです。

前にも記事で言いましたが、私が子供のころ母親は創価学会でしたし、過去の職場でも創価学会に天理教、どこかの怪しい仏教系の宗教やってる人もいましたし、その人達もお経とお布施をしていただけで、神様の体験など皆無に等しいのです。



 また、神様に通じれる正しい「お祈り」「お取次ぎ」とかも含め、世界と日本の神域や聖域に秘められた秘鍵、何万年も昔の世界のこと、日本中の神社の神様の正体、出来事から受け取る神様の神意なども、他の宗教団体では教えてもらえません。

[3/18] 先ほどワールドメイトの新しいメルマガを読みました。今日、深見先生はめでたく「70歳」になられ、以下の文章です。(※少しだけ抜粋させて頂きます。すいません)

 『20歳で、人間としての幸せや、男性としての幸せを捨て、神様が、こうあって欲しいという人生を送ろう。神様に、お使い頂く人生になろうと、発願してから50年目です。その間、あらゆることをやらされました。』

ここまで神様の為に生きているからこそ、最後の神仕組のバトンを神様から託されているわけです。いかに凄まじい人生か、いかに大きな使命か、いかに偉大な先生か。

鹿島海原開き大神事 深見先生

 こんな凄い深見先生が率いるのが「ワールドメイト」なわけです。『【神様に圧倒的に好かれる方法と霊能力に惹かれる人の話[8/31]

会員の皆さんだって、いろいろ苦労して生きて来た立派な大人なのですから、深見先生は偽者だって思ったら辞めてますし、ここまで会員なんて増えないですよ。なにしろ深見先生より年上の年配者が、深見先生に対して『先生』と言って慕うくらいです。


 ~まして深見先生が偽者だったら、私にここまで「シンクロニシティ」や「奇跡」や証 (あかし)」も出るわけがありません。誕生日に国民的アイドルグループから「シンクロニシティ」とか、母親の命日まで「シンクロニシティ」で合うわけがありません。

私はなんて言うのだろう… ある時期から、なんか変わったっと実感できるのです。これがパンフレットにあった『コップの水が溢れるように~徳分が溢れ出て ナンタラカンタラ』ってやつなんだなと。まぁ~そんな感じです。



 ↑この記事を夕方まで作っていて、『フゥー、これで完成したろー』と、フッと一瞬「TV」を見たらコレです!(;▼Д▼) うおぉ!!っと。急いでスマホで撮影です!!

 『4時25分』『富士山』~これ、どういうことか分かりますか?


 ~この記事は 「富士山」の神様 (国常立大神) が作らせた、ということです。

 
 
【誕生月日】

 4 + 2 + 5 = 11


【誕生年】

 昭和46年 = 4 + 6 = 10(1)

 西暦 1 + 9 + 7 + 1 

  ↓↓

 1 + 9 = 10 (1) + 7 + 1 = 9
  

【星座】

 牡牛座 = ゼウス = 国常立大神
 

【ワールドメイト初救霊&入会日】

 平成7年11月17日

 7 + 1 + 1 + 1 + 7 = 17


 【1】忘れてしまった… ドコだっけ?始りを表す
 【7】北斗七星または北極星、変化を表す
 【9】熊野、陽の極まりをを表す

1 7 9 を足すと 1 + 7 + 9 = 17

 このブログのURLには 119



 しかも私は【二黒土星】~土星の公転周期は 29

2+9=11 ~よほど【1】【7】【9】がお好きなようで (笑)

 きっと、隠された神意があるのだろうなぁ


【Elysion - Never Forever / Silent Scream】


【最後に】
 現在でも『宗教』と聞けば「洗脳」、『ワールドメイト』と聞けば「カルト宗教」と、他の「カルト認定」されている宗教団体と、ワールドメイトを同様に捉えてしまう人がいることを、とても残念に思います。

そうして「洗脳」「カルト宗教」と言い切って疑ってしまう人は、ご自身でそこまで体験しておられないからです。ちょっと他人の評価を見ただけで思い込んでしまったり、神様の奇跡や証(あかし)を体験なさらないうちに、会員を辞めてしまった人でしょう。

そもそも、ワールドメイトは「カルト認定」はされておりません。『ネット上で、ワールドメイトは政府認定の「カルト教団」であるという書き込みを見ました。本当でしょうか?[ワールドメイトよくある質問]



 なんと言っても、私の誕生日[4/25]に、国民的アイドルグループから「シンクロニシティ」というタイトルのCD&DVDが発売されたくらいです。

そのタイトルである「シンクロニシティ」とは、私の25年以上もの長い会員歴の中で数えきれないほど体験して、このブログにたくさん載せてきた数字の「シンクロニシティ」とまったく同じです。

これこそ疑いようのない、「神様の奇跡」というものです。誕生日は「4月25日」、初救霊&入会は「平成7年11月17日」と、このブログを初めた当初から言ってきています。


【乃木坂46 20thシングル『シンクロニシティ』4/25(WIN誕生日)発売】


 しかも、『7年連続三峯神社~奥宮登拝の最後の7年目』など、登拝前に引いた御神籤[おみくじ]番号が「29」~この数字は『母の命日(8/29)』です!



 その奥宮登拝 (7/22) から 1ケ月(1) + 7日後(7) に母の死去 (8/29) ですから、恐ろし過ぎる「シンクロニシティ」です。『母親の死と…そして右足親指骨折(アウチッ!!)

さすがに、亡くなる日付まで「シンクロニシティ」で合わせることは、人間の力では不可能です。



 そして極めつけは 2021年4月25日の誕生日になってから桜島が噴火。2021年の爆発では 71回目。わたしは1971年(昭和46年)生まれです。

これら数々のシンクロニシティが単なる偶然に見えますか?人智では及びもしない奇跡や シンクロニシティを平然と起こしてしまうのが、日本神霊界「神仕組」の神々様の御神力です。

すなわち私を通して、深見先生が伝えて来られた実在する神様の「御神威」や「御神力」が発動していると言うことですから、深見先生はもちろん本物であり、その神様も『きちんと実在している』ということに他なりません。



 誤解なさっておられる人が多いのですが 神様は、『いつでも「奇跡」をあらわして助けてくれる、都合のいい存在』ではありません。神霊界には正しく厳しい「秩序(ルール)神界規則」があって、神様は"むやみやたら"に人間に力を貸して惑わしません。

人間をお創りになった「親神」様だからこそ現実の親のように、私達の成長を見護りながら、立派な人間へと導いてくださる存在です。そして、神様の奇跡やお陰というのは、個人の因縁や業劫[カルマ]で、その出方が大きく変わってくるという大原則さえあります。

そういう「神霊界」の正しい知識が無いからこそ、『奇跡やお陰が出ないから』と言って、神様の存在まで疑ってしまうのです。神様に関する疑問を解消するには、深見先生の著書を読むのが最も速い解決方法です。



 そうしてこれまで、深見先生のもとにはたくさんの人達が集まり、「薬寿師」「神伝密教師 (世界一密教師)」「九頭龍師」「救霊師」となって現在でも、全国で神様のお役に立ってくださっています。

私自身も27年前に「救霊」で命を救って頂き、こうして神様と深見先生とワールドメイトの素晴らしさを伝えるファンブログを運営して来て、もう14年以上が経ちました。(2021年時点。初救霊&入会は平成7年11月17日)

私の記事に導かれた人達も「実在する神様」を体験なされて、神様と共に幸せな人生を送って頂けたらと願っています。ここまでお読みくださって、本当にありがとうございました!(=゚ω゚)ノ



【日本神霊界秘伝】
 ワールドメイト率いる深見先生とその師である植松愛子先生が、すべての神様の中心であり根源であられる「御親元素大御神(みおや もとす おおみかみ)」様から教わった、真の「神人合一 (しんじん ごういつ)」の神法の数々。

それは遙か太古、「国常立大神」様が巨人族の長と活躍していた神政時代から、ムー、レムリア、アトランティスといった超古代文明に至るまで、人が神と一体 (神人合一)となっていた頃の、人として最高峰の究極の姿です。

その形を甦らせ、世の中を[弥勒(ミロク)の世]へと邁進させる「ノアの箱舟」こそが、深見先生率いる「ワールドメイト」であり、深見先生こそが、あの出口王仁三郎が予言した「最後の真打(救世主)」です。



 最後に、深見先生のお陰で会得できた「神霊界」のことを簡単に説明させて頂きます。「守護霊」は私達のもっとも身近にいて日頃から護っていてくださり、「守護神」はさらに大きな「人生」そのものに関わるレベルで働いておられます。

そして現実界に強い顕現力を現せる神様が、現実界に少し近い次元界にいらっしゃる「如来」「菩薩」「権現」「明王」などの、いわゆる密教や仏教のパワーのある神様で、ですから「即効性の効き目」があります。

ただし現実界に近いので、神社の御祭神やさらに上の神様のように、遠く過去から未来までを見通し、大きな歯車を回すほどの「御神力」までは持っておられません。



 その上に位置するのが、私がよく記事で載せる大きな神社の神様です。高い次元にいらっしゃるので御神気や波動も高貴で繊細です。

しかも過去から未来さえ見通す「圧倒的な御神力」「幅広い霊智霊格」を備えているので「縦横無尽」であられ、御眷属が多いので「臨機応変」なお働きができ、私達に多くの「御神徳」を授けてくださっています。

その上に「地球」レベルで働く「国常立大神」「素戔嗚大神」おられ、その地球の周りに各惑星を主宰する神様がいて「太陽」「月」「木星」「火星」「土星」などの働きを、地球に降ろしておられます。



 さらに北極星には「至聖先天老祖」がおり、兜率天には素晴らしい神様がおり、そして最高峰の頂点におられる女神様こそ、銀河系すなわち大宇宙を統括し、この度の「最後の神仕組」の全権を指揮する「菊理姫大神」です。

そして最も微かな「最奥神界」におられる「根源神」、人類を[弥勒(ミロク)の世]へと導く「神仕組」をお作りになり、その指揮権を「菊理姫大神」に任せている「素(ス)神」こそ、【御親元素大御神(みおや もとす おおみかみ)】であられます。

神仕組の最終局面に向けて邁進する神々の御神力。ぜひ、貴方もその一柱(ひとはしら)となり、[弥勒(ミロク)の世]への礎として、わたし達と共に活躍して頂けたら、日本神霊界のすべての神様が全力守護してくださるでしょう。

深見先生

 [2021/3/18] ワールドメイトの新しいメルマガを読みました。今日、深見先生はめでたく「70歳」になられ、以下の文章です。(※少しだけ抜粋させて頂きます。すいません)

 『20歳で、人間としての幸せや、男性としての幸せを捨て、神様が、こうあって欲しいという人生を送ろう。神様に、お使い頂く人生になろうと、発願してから50年目です。その間、あらゆることをやらされました。』

 ~ここまで命懸けで神様の為に生きているからこそ、最後の「神仕組」の行末の使命を、神様から託されているわけです。いかに大きな天命か、いかに凄まじい人生か、いかに偉大な先生か、この深見先生が率いるのが「ワールドメイト」なわけです。

 ┗『【神様に圧倒的に好かれる方法と霊能力に惹かれる人の話

九頭龍師

 ちなみに、数字を操って奇跡を起こすのは、神仕組の主宰神であられる「菊理姫」様と聞いた記憶があるのですが、もしそれが確かならば私は、こうして文章で伝える御役目を与えられているのかな…?

【早朝の箱根神社参拝で引いた奇跡の1番お御籤】


【諏訪大社上社本宮で撮れた衝撃不思議写真】
諏訪大社上社本宮で撮れた衝撃不思議写真

【熊野本宮大社で引いた奇跡の99番おみくじ】


【※↓クリックで画像拡大】
日本霊界風土記~熊野
(※↑[9]は熊野を表す数字、なおかつ陽の極まりを表す)

【↓※333777確変です!笑】

 (※【7は北斗七星や変化】を表し、【3は神の三位一体(天地人)】を表す)

 ~ネットで探して頂ければ、私がこれまでブログに載せてきた数えきれないほどの[奇跡]や証[あかし]や[シンクロニシティ]は、「霊能者」「スピリチュアリスト」と自称している人でも、私ほどの体験者は見つからないはずです。


┏【 霊に憑かれない絶対的な3大原則 】━┓
┃①恐れない ②気にしない ③同情しない┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ┏『ワールドメイト
 ┣『宗教団体ワールドメイトの活動と実態
 ┗『ワールドメイト元会員のアンチさんについて

 ┏『神界からの神通力 深見東州
 ┣『神霊界~現実界を支配する法則をつかむ
 ┗『深見東州 [神界からの神通力][神霊界]



 ┏『救霊のご案内 | ワールドメイト
 ┣『ワールドメイト 「大救霊」「特別大救霊」
 ┗『ワールドメイト お盆の先祖供養

 ┏『神様Thanks 報恩感謝~生きてるだけで丸儲け
 ┣『WM流 奇跡やお陰をだす法則や仕組み
 ┗『ワールドメイトの神事申込&玉串について



 ┏『ワールドメイト 神法悟得会入門編
 ┣『神様に圧倒的に好かれる方法と霊能力に惹かれる人
 ┗『この度の失態と注意について

 ┏『カテゴリー:感動と奇跡の救霊体験
 ┣『久々にワールドメイトの真伝救霊を受けました!
 ┗『ワールドメイトのお祈りと瞑想の違い、お取次ぎと霊能力の違い



 ┏『カテゴリー:★2007年~富士箱根神業記録
 ┣『ワールドメイト会員としての25年(2019年12月6日現在)
 ┗『久々にワールドメイトの真伝救霊を受けました!

 ┏『4/25誕生日、恐るべし数字のシンクロニシティ
 ┣『WINの御魂のルーツ、神仕組や守護神について
 ┗『WIN「神夢神聴」「霊夢霊聴」体験談まとめ【随時更新】



 ┏『独りで参加した箱根神業と伊勢神業の思い出
 ┣『7年連続7月22日の三峯神社奥宮登拝達成!!
 ┗『2017年最終章 三峯箱根諏訪~証連発の三大神社参拝記!!

 ┏『2/24~【式年遷宮記念!!】伊勢神宮&熊野本宮大社参拝旅行
 ┣『2020★箱根~熊野~伊勢★超絶ノンストップ3神社参拝記!!
 ┗『熊野の神様の凄さ

深見先生

 ※ワールドメイトは「カルト認定」されておりません。どうぞ、ご安心ください。

 ┗『ネット上で、ワールドメイトは政府認定の「カルト教団」であるという書き込みを見ました。本当でしょうか?[ワールドメイトよくある質問]


 ~↓以下、抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します。

★━<2019/12/24追記>━━━━━━━★

【創価学会】カルト認定10項目オールクリア。
アメリカ,フランス,チリ,ベルギー,オーストリア,ドイツでカルト認定される。他も?

2019/12/23
『危険です!名前を伏せて勧誘活動をおこなっている新宗教』

 新宗教の中には、統一教会やオウム真理教の後継団体、創価学会などこれまで新聞や週刊誌の報道でその危険性がある程度認知されている団体も多いですが、このページでは、まだそれほどニュースになっておらず、危険性が世間に認知されていない団体について、何回かに分けて書いてみようと思います。


【カルト宗教(危険宗教)の定義】

フランスで採択された報告書『フランスにおけるセクト』は、「通常の宗教か、セクト(破壊的カルト宗教)か」を判定する国際的な指針の一つとされています。この中で、以下のように「セクト構成要件の10項目」を列挙しています。

1.精神の不安定化 (洗脳、マインドコントロール)
2.法外な金銭的要求 (多額の寄付金要求)

3.住み慣れた生活環境からの断絶 (監禁、出家など)
4.肉体的保全の損傷 (暴力:精神的暴力も含む)

5.子供の囲い込み (子供の洗脳教育)
6.反社会的な言説

7.公秩序の攪乱
8.裁判沙汰の多さ

9.従来の経済回路からの逸脱
10.公権力への浸透の試み

 ~以上の項目のいずれかにあてはまる団体をセクト(破壊的カルト宗教)とみなしています。

 ┗『「創価学会」は10項目すべてに該当し、しかもフランスだけではなく、ドイツ、チリ、ベルギー、オーストリア、アメリカ(議会下院)といった国々でもセクト指定されています
 

※セクト(Sect)は元来、それぞれの宗教から派生した「分派」のこと。一様には定義できないが、近年、宗教団体による深刻な社会問題がしばしば起こったことで、ヨーロッパの各国でも同様な法整備がなされたことから、セクトには「カルト」と関連する語として、社会的に警戒を要する団体という否定的な意味も加わった。

 ┗『セクト - Wikipedia


<関連記事>
 ┣『カルト宗教とは|危険でやばい教団の見分け方はココ! - ワールドセクト

 ┣『日本のカルト/新興宗教|信者数人口ランキングまとめ - ワールドセクト

 ┣『カルト宗教と新興宗教の違い|有名団体まとめ - ワールドセクト

 ┗『世界のカルト宗教|信者人口と危険な特徴まとめ - ワールドセクト


その中でも、よく耳にするカルト宗教↓

・創価学会 ・顕正会 ・エホバの証人
・アーレフ及びひかりの輪(元・オウム真理教)
・幸福の科学 ・統一教会

 ~他には、創価高校・大学(創価学会)、佼成学園高校(立正佼成会)、幸福の科学学園(幸福の科学)などがあります。


※以上、抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します↓
 ┗『カルト宗教とは|危険でやばい教団の見分け方はココ! - ワールドセクト

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


関連記事

★( ^ω^)ノ この記事へのコメントはコチラから (※右クリック禁止)★

- 津田 勝晤 - 2021年03月21日 16:43:47

読ませていただいております

トラックバック

URL :

カテゴリースクロール
オカルト不思議ミステリ
和魂-推奨リンク
最新記事30件スクロール
人気記事 BEST 30
地球の名言集
(=゚ω゚)つ 愛愛)Д`)グシャ
WIN お気に入り動画

★たま~に更新します♪

NEW【トンガ海底火山】
噴煙30000mの超巨大噴火 ★火山爆発指数6 (VEI6)★
 ◆『ルイ敬子さん紙面インタビュー「トンガ王国ババウ島から釜石の皆さんへ」
NEW【海底火山】
噴火シミュレーション ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
NEWTHE UNGUIDED - Phoenix Down
NEW【神回】マネーの虎レジェンドたち降臨 [前編]
NEW【神回】マネーの虎レジェンドたち降臨 [後編]
NEW痴漢冤罪を回避するために覚えておくべき 6つ
前田日明さんとパワスポ
稲川淳二 恐怖の現場
総集編★腹筋崩壊 要注意
ATLASラジオ2nd 178
病院の怖い話
ATLASラジオ189 白狐
楽小漫×修二 Nier:Automata
アンノウンマザーグース