ワールドメイトブログ ワールドメイト 和魂

★開設13年突破!! WMファンブログ[ワールドメイト和魂(にぎみたま)]に訪問ありがとう★
   ▼━【NEWBLOG更新情報&短い小言コーナー [7/25]】(スクロール仕様)━▼

     [7/25] スタッフの方がわざわざ電話をくださり、ずっと引っかかっていたワールドメイトの紹介についての回答を頂きました。御迷惑お掛けして申し訳ありませんでした。「2月のオンライン神業の記事」および「先祖供養の記事」は削除し、「大救霊と先祖供養のホワイトボードの画像」、その他の記事やパンフ部分も削除しました。

     [7/16] ようやくワクチン接種の案内が届いたけど、全身蕁麻疹をやったり、花粉症のアレルギーがあったり、肥満があったりと、副反応が怖くて予約の電話を入れられない (;▼▼) ちなみに私の父親は、2回のワクチン接種をとっくに完了していて、副反応などまったく出ずに 今でもピンピン元気です。〜日本製のワクチンができるまで辛抱しようかなと…

     [7/12] さっそく今年は早めに、お盆の大救霊と先祖供養の申込完了!! クヌム神と大山聖母マリアのマスコットはもらったぁ!! ~電話受付のお姉さんと『私がこうやって ワールドメイトの催し物をブログで紹介するのは大丈夫なのか?』って少し話したのだけど、明確な回答はもらえなかったです。

    会員でしか受けられないものがほとんどだけど、支部やエリア本部に行けば 救霊を受けに来た非会員の人とかも自由にパンフレットを見れるのだから、たぶん大丈夫だろうって思ってます。

     ~また私が視た、右手が青い粒子になって虹色の珠が浮かんでて、深見先生が出てきた神夢。あれは神様が、私がこうやって記事を作っているのを分かっていて、労ってくれた神夢だと解釈してるので、やっぱり大丈夫だろうと。もし、総本部やエリア本部から電話が来て注意されたら、該当記事はきちんと削除します!

     [7/4] ここ最近てか、しばらく神夢神聴も無いなぁと思っていたら、フッと閃いた。真面目に神様の記事を作っている時は起きないで、怠けていると起きるんじゃないかと? 『役目を果たせ』みたいな意味で。

     ~そういえば ここ数か月、神様の記事ばかりだなと。スマホは日常で使う必要なものだし、長続きしないからゲームもやってないし、エ❤動画も見てないし (笑) …やっぱり気のせいかな?まぁ、どっちでもいいや。どうせ すぐ忘れるんだし (笑)

     [6/23] さっそく『ディアブロ II リザレクテッド』を買ってしまいました!! もちろん「先行ベータアクセス権」も付属ですが、まだインストールすらできません。遊べるのは 8月だって。ちと気が早かったような…(;▼▼)ゞ

     [6/21] いま分かった!! 私が神夢で視た、右手が青い粒子になっていて、掌の上に虹色の珠が浮かんでたやつ。あの珠は潮満の珠だって! しっかし不思議だよなぁ。普段なんて微塵も思わないのに、なんであの時、熊野本宮大社に行こうと思ったんだろう?

     [5/28] ようやく新しい記事『ワールドメイト 神事の歴史 1984~2000年上半期』』が完成しました! …なんか、まだ足りない。豆木の記事を作れって「国常立大神」様がおっしゃってる気がする。

    ~で、さっそく『節分大祭「豆木祈願」』の記事を作ってしまった!

     [5/4] ゴールデンウィーク「鳴門神業」~昨日、すべての神事に申し込んでから、オンライン流しっぱなしです。深見先生が視たアマビエのメルマガ読んでビックリ!!『濡れた長髪と白装束の溺死した女性の霊みたいのが~』って話です。

     私が先に視たのと全部シンクロしててビックリ!!『WIN「神夢神聴」「霊夢霊聴」体験談まとめ【随時更新】』 ~もしかして私が視たのって… !!(☆Д☆) だから菊理姫様の眼が水流でグルグル回ってる神夢も視… キャァアアアアアくぁwせdrftgyふじこlp

     [4/25] あらら、誕生日の【AM1時9分】に桜島噴火で1.8km火砕流。爆発は今年【71】回目!! (;▼▼) 私は【1971】年生まれ。恐ろしや数字のシンクロニシティ。

     [4/24] 私の誕生日[4/25]から【17】日間の緊急事態宣言で、経済損失は【7】000億円。しかも来月の【11】日まで。そして「IOC バッハ会長」の来日は【17】日。 〜またまた【1】【7】のシンクロニシティが発動してますねぇ (;▼▼)

     [4/15] NEW記事『WIN「神夢神聴」「霊夢霊聴」体験談まとめ【随時更新】

【THE UNGUIDED - Phoenix Down】

◆3密を避けて生活を!!◆

【Tonight Alive - The Edge】

◆なんとしてでも生き残れ!!◆

『神霊界~現実界を支配する法則をつかむ [10/10]』

 ご存知、深見先生の本の中でも最高峰とも言える3冊【「神界からの神通力」「大除霊」「神霊界」】のうち、「神霊界[初版1986年頃]」を紹介致します。全部ではなく、冒頭の重要点だけですけど。(※UFOの記述は省きました)



 私はワールドメイト会員になってから深見先生の本も、西谷泰人さんの本も、ほぼすべて網羅して読みましたが、上記の3冊だけは[Amazon Kindle]であらためて買って、タブレットの中に入れてあります。
(´∀` )ブログランキング参加中★イイ記事だったとか面白かったとか役に立ったとか思ってくださったらポチッとお願い♪ [和魂TOP]


【TwoThirds & Feint - Epiphany (ft. Veela)】


 熊野参拝の記事のように、あまりSSばかりだと著作権の問題がありますので、本の中の文章と、最後に私の文章も交えてお伝えします。レビューサイト様⇒『『神霊界』深見東州(たちばな出版)《前編》| 書いとかないと忘れちゃうから「読書記録」


1.【金毛九尾の狐霊が御魂を占領する】

 霊能者の中には、実際にある程度の修行により、突如として霊能が開けたとする人がいるが、その開けた霊能の種類、また、それ以降、その人がとる行動を見れば、霊能の正邪が審神できるはずである。

たいていは霊視か霊聴か、霊言などの感性が開け、敏感になるくらいであるが、もっと厳密に「神霊審神学」からいえば、「金毛九尾の狐霊」などが御魂を占領しているのであり、霊能を授けているのである。

そして、さも深玄微妙な奥義を悟り得たかのように思わせているのだが、しかしこれは、本当の正神界[せいしんかい][善]の神霊能力ではない。



 ~人を真に幸せにする菩薩の悟りは、決して霊能力などではない。純一無雑にして、清虚坦々たる愛であり、誠であり、言霊であって、それに伴なって働かれる御神霊が、真に功徳を授けられるのである。

これが真の救いであり、六大神通力[ろくだい じんつうりき]の最高位である「漏尽通力[ろじん つうりき]」なのである。



2.【快楽を得るセックスには、蛇と狐が情感を高め、歓喜をそそる】

 セックスは本来、神様が子孫繁栄のためにお与えになった重要な本能であり、男女の心の愛と御魂の切なる衝動があって、肉体がそれに伴ない、そして交わる時が「正」なのである。

これに対して肉欲にふけり、耽溺し過ぎたり、『霊能を得る目的で』『絶対境を味わう目的で』という、よこしまな発想や思いから成した時が「邪」なのである。

肉相が邪であるから、邪神や邪霊に感応し、とり憑かれるのである。男女が互いに敬愛して、普通にセックスする分には、何の問題も生じない。



 ~ところが、セックスを金で売り買いしたり、心が伴なわない肉欲だけであったり、邪悪有心の目的でセックスを利用したりするとき、想念界に歪みが生じ、邪神界に感応したり、魔界、地獄界、動物霊界に感応したりして、道をはずすのである。

「情欲化身の蛇」や「白蛇」、龍神退化の「邪龍」や「ヨガ蛇」、そして前述の「金毛九尾の狐霊」も強烈に、情欲性欲をそそることを忘れてはならない。

内外に充つる「愛」以外に、絶対に正神界に感応するものではないことも覚えておいてもらいたい。



3.【人生の本義を悟るために】

 どんなに驚くほどの霊能力があったとしても、それが人生の本義と関わりがなかったなら、ほとんどが無意味なものと、なってしまうのである。

 『人生の本義とは、真理を探求して、同時に善徳を積み、みずからの御魂[みたま]を向上させること。』 言い換えれば「真」「善」「美」を探求しながら、これを実践して御魂を向上させることと言えよう。


 ~そのために人間は、肉の宮を持って生まれて来ているのである。だからこそ、何度も言うように、霊能力にしろ超能力にしろ、人生の本義を実現させるために役立てて、初めて本来の価値が認められるわけである。

霊能力や超能力ばかりではない。学問の力、人を導く力、会社を経営する能力、外交能力~、人それぞれに与えられた、ありとあらゆる才能や能力はすべて、人生の本義に帰結されて、初めて意義が認められるのである。



4.【神霊界と現実界、龍と天狗、狐と蛇】

 もとより、宇宙森羅万象のすべては、主神[すしん]【根源神であられる御親元素大御神(みおや もとす おおみかみ)のこと】が創造されたものである。

もう少し厳密に言うならば主神は、「神界」「霊界」「現実界」の三界を創造されたのである。だからこそ、主神を正しく掌握するためには、この三界を偏りなくみて、【中】に居てバランスを尊重しなければならないのである。

この三界のありとあらゆるものを、主神が段階的に顕現して統率されているわけだか、こと現実界、つまり私たちが肉体を持って生活している三次元に関しては、主神みずから直接に統率されることなく、人間という存在を通して間接的に統率されているのである。



 ~そして、主神が進化と創造の大元霊であるとすれば、我々人間はその一部であると同時に、この地球上に肉の宮を持って、その御心を成就させるためにある、尊い代行者なのである。

それゆえにこそ、真に主神の意図するところを顕・幽・神の三界に渡って学び、よく神人合一[しんじんごういつ]して、世に善徳と智明を弘めなければならないのである。

これが主神からみた、人の使命であり、人類が創造発展の道を延べ、理想社会を世に顕現させなければならない真の意味なのである。



 しかし、極微な天界におわす主神と、この現実界とでは、あまりにも次元が異なる。主神や高級神霊の世界は、非常に繊細な波動の世界である。

例えて言うならば、アルファ波やシータ波以上の、かすかで清涼な静かな世界。これが高級神霊の世界で、ここには叡智や芸術的な美が満ちている。


 ~これに対して私たちの三次元の現実界はどうかというと、そういう微かで清涼な感覚の世界は、音楽や絵画などの芸術世界に見られるだけで、どちらかと言うと

宗教や神霊家の関与する世界はもっと物質的な、例えて言うなら戦争や病気、権力争い、労働、飢餓などのような、非常な波動の荒い世界がメインとなっている。 


 
 ~このような荒々しい波動の物質世界、現実の三次元世界に対処するには、高級神霊はあまりにも繊細すぎるので、直接には統率されないのである。否、できないのである。

役行者】が人里離れた所に霊山を求め、かすかな真の神霊たちと出会ったのも、本来こういう理由からなのであった。

そこで高級神霊の代わりに、より物質次元の近くに降りて来て、私たち人間のために働く存在が必要となって来るのだが、それが他ならぬ、龍、天狗、狐、蛇なのである。(狸は正神界の存在ではない) ヨーロッパ神界のエンジェルなども、これに類するものと言えよう。



 それゆえ、これらはもともとは神の使い、眷属であって、神と人間とを取り持つ中間役の神と呼ばれるものなのだ。

そして、これらの中間役には、たとえば蛇には病気治療と金運をもたらす役割と働きを、狐には五穀豊穣をもたらす役割と働きといった具合に、それぞれ役割、働き、使命が与えられているのである。

だから蛇にしても狐にしても、もともとは正神界の神徒なのであるが、人間の我欲のために、その一部が本来の使命と役割を忘れ、邪神界および人間界を横行するようになったのである。



 ~この中間役にはそれぞれの役割、使命に応じてランクがある。つまり、最も物質次元の近いところに蛇がおり、次いで狐、天狗、龍というランクができている。

これを富士山に例えて言うなら、もっとも空気の澄み切った頂上に本当の御神霊がいらっしゃり、妙智と悟りの真があるならば、そこから降りるに従って、八合目あたりに龍、七合目あたりは天狗、五合目あたりに狐、三合目あたりに蛇がいると言うことである。

このランク・秩序に従って、これらの神徒、眷属はそれぞれの役割、使命を果たしているのだが、物質次元に近くなればなるほど「現世利益」に密着した形で、さまざまなお陰を与えてくれるようになっている。



 だからこそ、もっとも物質次元に近い蛇によって霊能の開かれた霊能者、あるいは蛇の啓示によって始まった宗教団体は、病気を治したり、失せ物[なくし物]を見つけたり、金運を良くしたりするのである。

ところが、これらの霊能者、宗教団体には先々を見通す能力や、国の平安と人々の幸運を願うという概念はあまりない。もっぱら個人的な願望、悩みに応じるだけである。

なぜなら、蛇はあまりにも物質次元に近いところにいるため、大局的見地や高度な悟り、また、芸術的で奥深い境地に立てないからである。


【Feint - New Beginnings (VIP)】


 現実界に生息する蛇は地面を、しかも一段と低くなっている水辺や湿原をニョロニョロ這っているが、あの姿が、蛇の性質のすべてを物語っていると言えよう。

もし、病気治療などの個人的願望に応じるのをもっぱらとし、大局的な見識のない霊能者、もしくは宗教団体があったら、その人たちは蛇によって霊能を開かされていたり、啓示を受けたと見て間違いない。

また、稲荷狐がこれに加わると、もう少し賢く、教理なども巧みに作る。しかし、これらも良く調べてみると肝心なところの答えがなく、間が抜けていることが多い。やはり。間[魔]は違う、ズレるのである。

九頭龍師

 これらに対して龍はどうかと言うと、蛇などと比べてずっと次元が高いし、力も大きい。もちろん病気も治すが、それも、ちょっとした病気を治すなどと言うのとはワケが違う。

死にかかっている病人を甦らせたり、難病や奇病を瞬時に治してしまう程のモノ凄いパワーを発揮する。それに加え、風を吹かせたり、雨も降らせたりもする。雷も、龍の力によることが多い。とにかく抜群のパワーがある。

っと同時に、ものごとを大局的に見る能力を龍は持っている。先ほど触れたように龍は、例えて言うなら富士山の八合目あたりにいるからである。その高き雲海から下界を見降ろしているので、龍には大局を見る能力や、先々を見通す能力があるわけである。



 ~このように龍には、病気治療や天変地異などの奇跡を起こすもの凄いパワーと、大局を見る能力があるため、古来から本当の神様ではないかと人々に思われ、信仰の対象となってきた。すなわち、龍神信仰である。

これに対して、狐や蛇は信仰の対象とはなっても、龍神ほど神様扱いはされていない。「お稲荷様」「白蛇様」と呼ばれるのがせいせいで、「狐神様」「蛇大御神」などとはあまり呼ばれない。

龍だけが「龍神」と呼ばれ、神様扱いされているのである。しかし、龍はあくまでも神徒、眷属であって、本当の神様ではない。それを知らずして一部の霊能者などが龍神信仰を勧めているが、これは正神界の秩序から見ると、あまり関心できない。

九頭龍師

 たしかに、龍が憑けば強くなる。信じられないほどのパワーが出る。時として、驚異的な霊能力を与えてもらえることもある。

しかし、ただ、それだけのことではないか。否、それだけのことどころか、人としての道を踏み誤りかねないのだ、龍が憑くと。

なぜなら、神霊世界は秩序と立て別けが厳しい世界であり、これを誤ると、みずからの御魂の成長をストップさせてしまうばかりでなく、死後、狂った霊界へ行くことになるからである。



 ~それゆえ私は、次のように言うようにしている。

 『主たる神霊を忘れて、従たる神使を信仰するのは本末転倒である。どうしても龍神を信仰したいのであれば、主神を信仰して、然るのちに龍を敬え』と。

龍の特色を一言で表すなら、それは『パワー』である。もの凄いパワーである。天地をも動かすパワーである。龍神信仰をしたことのある人ならお分かりになると思うが、龍がつくと信じられないほどの力が全身にみなぎる。

だが、この爆発的エネルギーを誇る龍のパワーも、当の本人がよほど鍛錬されていないと、誤った方向に向かう危険性を秘めている。その誤った方向の最も代表的なものが「権力欲」である。その次が『英雄色を好む』で「恋愛欲」。



 狐が憑いた場合は、"我よし"心の金銭欲と小賢しい奸智[かんち]、嘘、ヒステリー。蛇が憑けばヌメヌメした色欲と金銭欲、根性のない迷妄の人生に向かいやすい。

そして龍が憑くと「権力欲」と「恋愛欲」。龍の頭の角[ツノ]というのは、権力の象徴である。それゆえ、龍が憑いた者は権力を求める。

非常に実力があり、なんでも自分がやらなければ気が済まない、人の上に立たなければ気が済まない、という権力志向の強い人には大方、龍か天狗が憑いている。



 ~しかし、もちろん本人の資質がかかわってくる。いくら龍が憑こうとも、本人にそれだけの器量がなければ、権力もお金も集まらない。

逆に言えば、本人がそれだけの器だからこそ、龍が憑くと言えなくもない。だが、いくら本人に資質があっても、龍が憑かなければ驚異的な権力や莫大な資金は望むべくもない。それくらい龍のパワーはケタはずれなのである。

だが、いくら龍が権力とお金をもたらすと言っても所詮、龍は龍であり、高度な咀嚼力と叡智がない。そのため、何事にも俺が俺がと権力を求めるあまりに周囲の反発を買い、結局、自分で自分の道を閉ざしてしまうのである。



 これに対して守護神、守護霊などの高級神霊は、きちんと秩序と節度をわきまえているから、俺が俺がと出しゃばるようなことは決してしない。

自分が引くことで全体の調和と利益がもたらされると判断すれば、静かに身を引くのである。ここらあたりが、高級神霊と神使、眷属との大きな相違点と言えよう。

だから、たとえ龍が憑いていても、時と場所によって使いこなせるだけの心の修養ができていて、守護神、守護霊などの高級神霊を尊ぶ気持ちがあれば、何ら問題はない。



 ~常に高級神霊に心の照準を合わせ、自分のことよりも、より公のためになることを優先する。つまり無私無欲に徹して生きていれば、驚異的な龍のパワーも正しい方向に活かされるわけである。

だが実際には、これが大変難しい。抜群の実力とパワーがあるため、ついつい、俺が俺がと、なりやすいのだ。 よほど心の修養と修練を積んでいない限り、龍のパワーを正しく使いこなすことは難しい、といっても過言ではない。

これまで龍が憑いた人をたくさん見てきたが、そのほとんどが龍のパワーに振り回されて、守護神も守護霊もどこかへ吹き飛んでしまっていた。これが現実である。



 ~とりあえず、「神霊界[初版1986年頃]」の紹介はここまでにしておきましょう。

34年も前の本なのに、これだけでも深見先生が、巷の霊能者やスピリチュアリストを遥かに凌駕する圧倒的な神霊界の知識も霊智霊覚さえも備えている、ものすごい神人だと言うのがお分かりになるでしょう。

あの大本の出口王仁三郎が予言した最後の真打が深見先生なのですから、これくらい持っていて当然です。でなければ神仕組も菊理姫も、すべての神々さえも、深見先生とワールドメイトに降りられるわけがありません。



 ~私達ワールドメイト会員からしてみれば、こんなにも近くに本物の正神界の神々様がおられるのに、多くの人が現世利益の為に蛇や狐、天狗や龍といった神使や眷属を、信仰の対象にしているのが誠に残念でなりません。

それらの存在の上に神社の神々様や産土神、守護神や守護霊を始めとした先祖霊団がおられる。それら最も敬って信仰せねばいけない対象からズレ、現世利益や開運の為に低俗なお願い事をし続けている人々。

正神界の神々から見ても信仰の順番が間違っているのだから、神々が全力で動くはずもなく、だから奇跡やお陰が出ないのは当たり前でしょう。そこに気づけるか、否かで人生も変わってきます。



 ~だから一般の人は、お陰が出た、出ないで一喜一憂しているわけである。私達ワールドメイト会員は深見先生からすべて正しく教わっているからこそ、どこの神社仏閣や神域へ参っても、奇跡やお陰が当然の如く、すぐに出るのです。

正しい神霊界の知識や天界法則も知らない霊能者やスピリチュアリストには正神界の神々は降ろせず、動かせもしません。怪しい霊能力やお陰信仰に惹かれた先にあるものは、魔界の畜生道や地獄界だけであるから、よくよく注意して欲しい。

1日も早く、それら信仰のズレから脱却し、人生の本義に目覚め、正神界の高級神霊たちと共に生きられることを願っております。

★( ´∀`)つ この記事へのコメントはコチラ★

 (※当ブログは通常の右クリックではコピペできないようにしてありますので、コメント記入の際には、文章を作ってコピーした後に、【Ctrl + V】などでコメント欄に貼り付けしてください)

素晴らしい本ですね。 - ひかり - 2020年10月13日 00:34:35

わざわざありがとうございました。

トラックバック

URL :

【公式】伊勢ダイジェスト
[LIVE] JapaNews24

ニュース24時間配信
カテゴリースクロール
オカルト不思議ミステリー
心霊系お勧め YouTuber
和魂-推奨リンク
【伊勢神宮】魂の故郷
TOSHUチャンネル
★深見東州 (半田晴久)の活動が10分でわかる動画
最新記事30件スクロール
世界の立替立直

出口王仁三郎が預言した
日本と世界の未来
人気記事 BEST 30
TBN [腹筋崩壊] 要注意
稲川淳二 恐怖の現場 総集編

★『稲川淳二 恐怖の現場 YouTube 』 ◆『「恐怖の現場」動画 480本 ニコ動
WINオススメ怖い話
ATLASラジオ2nd 178 病院の怖い話~辞めた前院長の生霊が首を絞めに
WINプロフ (=゚ω゚)ノよぅ

写真は美ヶ原高原美術館の野外にあるサモトラケのニケ【WINの原点の場所】すべてはここから始まった( ´∀`)つ

ワールドメイト会員26年目[平成7年11月17日初救霊&入会]

数霊では【1】は始まり、【7】は変化を表す

★誕生日:1971(昭和46年)/4/25★
(尾崎豊死去、JR福知山線脱線事故(死者107人)、ネパール大地震(死者8964人)、金正恩[脳死報道]、3回目[緊急事態宣言](4/25〜5/11日の17日間(延長)、桜島噴火(AM1時9分~爆発は今年71回目で、観測史上最長の1.8km火砕流)、コロナにより料理の鉄人「神田川俊郎」死去)

※ちなみに聖者サイババの死去は 2011/4/24)

A型 二黒土星 亥 牡牛座 177cm 8●kg(豚?) HSP[ハイリー・センシティブ・パーソン]

┗『5人に1人が敏感な人⇒HSP[ハイリー・センシティブ・パーソン][2020/5/23]

 ★資格:普通自動車一種&二種、古物商、フォークリフト、薬寿師、世界一密教師、土偶神化伝(邪気邪霊や生霊や呪いを跳ね返せる神法)

 ★特技:シンクロニシティ[ユングが提唱した概念で"意味のある偶然の一致"の事]
┗『カール・グスタフ・ユング Wiki』『シンクロニシティ Wiki』『シンクロニシティ検索結果[TOCANA]

 ★これまた偶然にも4/25 乃木坂46 20thシングル発売『シンクロニシティ CD+DVD』(=゚ω゚)

 ★ちなみにTOKIO山口達也の不祥事が一斉に報道されたのも 4/25

私が【死にGO(4/25)】と言うように4/25はなぜか不吉な事柄が多く起きる

( ´∀`)つ愛愛)Д`)グシャ
▼和魂-月別アーカイブ▼