ワールドメイトブログ ワールドメイト 和魂
★開設12年突破!! WMファンブログ[ワールドメイト和魂(にぎみたま)]に訪問ありがとう★
    ▼━━━━━【NEWWIN~今年2020年の漢字予想[5/29]】━━━━━▼
 今年2020年は『波乱,停滞,変化,改革』の年。よって、毎年12月に発表される【今年の漢字】は、『コロナ禍(か)』の【】が1番濃厚かと。もしくは【止(停)】or【滞】のどれかと予想。
 ~ちなみにこのブログのURLには、コロナウイルスと同じ【19】の数字も…アワワワワ(;▼▼)

  ▼━【NEW新型肺炎コロナウイルス関連&注目ニュース[ほぼ毎日、夕方以降更新]】━▼

※貴方を含む、大切な家族や周りの人達を守るためにコマメにチェックを!!
 ぜんぜん増えとるやんけ!!『NEW地図とグラフでみる新型コロナウイルスの感染者数

 『新型コロナニュース一覧(最新順)[日経新聞]』『新型コロナウイルス対策ダッシュボード
   ┗【コロナウイルス関連ニュース記事一覧[ワールドメイト和魂]

 ※感染しても無症状の感染者もいますから、毎日TVで発表している感染者数は正確ではありません!また、あなたが感染して症状が出なくとも、あなたから感染した家族や他人が、自宅や病院で重症化して死亡する危険があります!

【そろそろペルセウス座流星群! 流れ星と星空ライブカメラ 長野・木曽観測所から配信中 Night Sky LIVE streaming from Kiso , JAPAN】


 NEW『[重要]治っても後遺症?新型コロナの恐ろしさ、新たな闘い[朝日新聞]

 NEW『[重要]感染症専門医 忽那賢志の記事一覧

 NEW『[重要]WEB特集 “崩壊”は介護現場で起きていた~コロナで【12人】死亡 実態は~[NHK]

 【貴方や家族に、感染したと思われる症状が出た時の速やかなPCR検査と、重症化する前に受け入れてくれるホテルや病院が近くにあるか?】っということを覚えておいてください!
~ちなみに、検査も入院もホテルでの隔離も、費用は貴方持ちですからね!プゲラッチョ!!

 ※↓東大先端科学技術研究センター児玉龍彦名誉教授の国会でのお話は必見ですよ!!↓
NEW『[7/17(金)重要]コロナ「東京型」エピセンター発生?「来月は目覆うことに」国会で専門家が危機感 総力での対策訴える[FNN]


 ▼━(※夜になってから、あらためて総集計の感染者数が発表されることがあります)━▼

 NEW『[8/12(水)]東京 新型コロナ 新たに222人感染確認 200人超は今月9日以来 国内感染者数[NHK]

 ◆『[重要]【特集】赤江珠緒アナ(45歳)「娘もかかっていた」 新型コロナウイルスで家庭内感染 夫は重症 自身も肺炎に 「一緒にいるしかない・・・」2歳の娘を抱えての闘病生活を激白[読売テレビ]

 ◆『[重要]【新型コロナ】後遺症が一生続く可能性も PTSD、うつ病、不眠症、腎不全など[ニフティニュース]

  ~【志村けん】さんや【岡江久美子】さんの死を無駄にしてはイケません!
 その命と引き換えに、コロナウイルスの怖さを私達に教えてくださったのですから、完全に終息するまで、最大限の注意と危機感を持って生活して下さい!! ★なんとしてでも生き残れ!!★

【THE UNGUIDED - Phoenix Down】



 ★『[重要]夏の電気代の新常識 エアコンは冷房と除湿はどっちがお得?[女性自身]

【欅坂46 『不協和音』】

 NEW『[8/12(水)]香港 保釈の周庭氏「日本の皆さんからも応援いただいた」香港 抗議活動[NHK]

 NEW『[8/12(水)]周庭氏と香港紙創業者が保釈「欅坂46が頭の中に…」[朝日新聞]

NEW『[8/12(水)]「出し過ぎちゃった」“4000万ポルシェ”で夫婦を死なせた“追突男”50歳のとんでもない人生[文春オンライン]


#127 末期がんの男性が病院に行かない理由 そのワケが心に響く【ゲスト:怪談説法 三木住職】【島田秀平のお怪談巡り】

 NEW『[8/12(水)]楽天モバイルは2021年夏に人口カバー率96%へ、5Gは「大々的に発表する」と三木谷氏[ITmedia Mobile]

 NEW『[8/12(水)]Android端末に5つの新機能 緊急通報の自動言語設定や睡眠サポートなど[ITmedia Mobile]



今すぐグッスリ眠れる、5つの方法【睡眠の質が下がるNG行為4つ】寝れない理由と睡眠と潜在意識と2分で寝れる方法と百会

 NEW『[8/12(水)]「日航ジャンボ機事故」直後の「人事」暗闘 消えた「社長候補」中曽根文書から読み解く[J-CAST]

 NEW『[8/12(水)]日航機墜落 事故調査官100ページの手記に書かれていたこと[NHK]

 NEW『[8/12(水)]日航機墜落35年 坂本九さん妻「伝えていく」[ANN]

  ▼━━━━━━━【※記事の月日についての御注意[2020年]】━━━━━━━━▼
 FC2BLOGの仕様を含め~<略>~過去記事のほとんどで初UP年月日が正確ではなくなってしまった為、[2020年5/11]から記事タイトルの後に、初UP日付を入れるようにしました!
 また、去年11月にブログ全体のリニューアルをしたので、過去記事は改行が崩れしまって読みにずらい箇所があって申し訳ありません。地道に修正しておりますぅ(;▼Щ▼)オェー

『レプティリアン会合記録~ラケルタ・ファイル[Lacerta File]日本語訳[6/7]』

NEW『[6/9]6600万年前、恐竜を絶滅させた小惑星は「最悪の角度」で衝突していた[BUSINESS INSIDER JAPAN]

【Liquicity Yearmix 2015 (Mixed by Maduk)】


 1999年、地底に住む【レプティリアン】に直接インタビューを行った記録である【ラケルタ・ファイル[Lacerta File]】というものが存在します。
(´∀` )ブログランキングに参加中★イイ記事だったとか面白かったとか役に立ったとか思ってくださったらポチッとお願いしまぁす!


 日本語訳をしてくれたサイト様より『転載OK』と言うことで、記録の為に私のブログにも残しておきます。かなり長かったのと、読みずらい部分が多かったので、私がすべての文章を読みやすく修正して載せました。

誤字脱字があった際には補正して読んでください(;▼▼)ゞ~レプティリアンを語る上で非常に重要な内容を含んでいるので、ぜひ多くの方に読んで頂きたいと思います!



 ※【P.S】このまえリンクを張った⇒『スクープ! 新宿にトンデモない巨大UFO出現! 識者3名が映像分析、コロナ後に向けた異星人メッセージか!?[TOCANA]

 ~これで思い出したのが、前に撮った【私のUFO動画】撮った時からず~っと思ってたんですが、映してるUFOの周りにも、一瞬光るのが幾つも映ってると思うんですよ。分かりずらいけど。

  ┗『(;☆Щ☆)またまたUFOの動画撮影に成功!!』 ~で、何が言いたいかと言うと、私が映したこのUFOの上に、じつは超巨大母艦がいるんじゃないか?って事です。


 ~この2つの動画には映ってないですが、同じUFOが離れた位置に、2つも3つも浮いて動いているのを私は今までに何度も見ています。

すなわち、想像を遥かに超えた超巨大母艦がカモフラージュしながら、小型船をいくつも出して人間を監視してるんじゃないのかなぁって?(;▼▼)

 …ハッ!! ベランダに誰かいるっ!!

 誰だオマエわ!!あzsfgjくぁwvytおrdfxgせdrふじこ…

【[6/9]ATLASラジオ2nd 176 沖縄で見た地球製UFO?!月世界の人の巨人、妖怪押入れ小僧】


【[4/19]ATLASラジオ2nd 125 マヤ人・地底人のドリームメッセージ、地底UFO基地、人類滅亡が近い?!】



【ラケルタ・ファイル[Lacerta File]◆Chris Pfellerによる英訳から~ 2017年日本語訳】

前書 2000年

 次の文章は絶対に真実であり、作り話ではないことを保証します。

これらは1999年12月に行われた、哺乳類ではない爬虫類人[レプティリアン]とのインタビューの内容の要約です。



 ~この女性は私の友人と数ヶ月来、連絡を取り合っていました。(この友人のことは文中ではエフ[原文E.F.]とさせてください)。

言っておきますが、私はもともとUFOとか異星人とか、その他そっち系のことには猜疑的なほうでした。エフ君がレプティリアン“レケルタ”とのファーストコンタクトについて語り始めた時も、夢か作り話だろうと思っていました。



 ~昨年の12月16日にスウェーデン南部の町の近く、とある友人の郊外の別荘の小さな暖かい部屋でこの“ヒト”と会い、この女性は人間ではないと目の当たりにしても、なお半信半疑でした。

会合の間中、彼女はあまりにもたくさんの不思議なことを私に教えてくれたり見せてくれたので、彼女の言うことが真実で、現実であることを否定できなくなりました。

私の報告は、真実だと主張しながらただの作り話であることが多いUFO報告の類とは違います。この報告は真実だけを含んでいると自信があります、だからこそ読んでください。



 彼女とは3時間以上にわたって話をしました。この度の報告は、インタビューを短く編集した部分だけです。

それには訳があって、彼女とのインタビューの後、『その時まで、教えたこと全部を公開してはいけない』と頼まれたからです。報告の中での質問の順番も、実際に質問した順番と同じとは限りません。そのせいで少し混乱していると思えるかもしれません。

インタビューの要約の中から、彼女が削除するように依頼した大切な部分を、全て削除してしまうのは簡単な事ではありませんでした。そんなこんなで、普通でない順番になっているかもしれない事をお許しください。



 ~私は現在、彼女の体の事や持ち物のスケッチを含めて、49ページになるインタビューの原稿と、インタビューの全てを録音した複数のテープを所持しています。

しかし、彼女からの許可がないうちは公表しません。私は短くして、この魅力的な資料を信頼の置ける4人の友人に送るつもりであり、送り先はフィンランド、ノルウェー、ドイツそしてフランスです。

そして、彼らの母国語やその他の言語に翻訳してくれることを希望していますし、できるだけ多くの人がこの資料を読み、理解してくれることを希望します。



 ~さらに、もう一つ伝えておきたい事があります。

彼女の種族が持っているテレパシーやテレキネシスといったいろんな種類の”超自然的”能力が、この3時間6分の会合の合間に私に示されました。トリックでないことも絶対的に確信しています。

(テレキネシスとして、テーブルの上で私の鉛筆を触れることなくダンスさせたり、手から40cm上でリンゴを旋回させたりすることを含めて見せてくれた)



 今から公表することは、経験しないまま理解したり信じたりすることは、多分むずかしいでしょう。

しかし私は実際に、インタビューを通して彼女の心に触れ、【我々の世界について彼女が言っていること何もかもが、すべて真実なのだ】と、今や確信しています。



 ~残念ながら、自分が読者の立場でこの資料全てを読み返してみると、要約版だと尚更のこと、自分で書いたこと何もかもが真実であるとは、とても信じてもらえないような気がします。

まるで良からぬSF映画かテレビ番組のようで、誰も私の経験を信じる事が出来ないのではないかと心配しています。でも、あなたが信じようと信じまいと、真実なのです。



 ~2000年の4月23日にスウェーデンの同じ家で、もう一度会合が予定されています。そして、彼女の存在を証明できるかもしれない何かを、与えてくれる約束をしてくれました。

それまでに、次回の質問を用意します。今回公表できない部分を、もっと公表できるように許可してくれることを期待しています。そして、来たるべき戦争のことも。

信じてくれようと信じまいと、現実には違いは生じないでしょう、でも信じてくれることを希望します。Ole K.



【インタビューの要約(短くしたもの)1999年12月16日】


 ◆質問『まず始めに、あなたは誰で何者なのですか。あなたは地球外の種族ですか?それとも、この惑星にあなたの起源を見出すことができますか?』



 ★回答『あなたご自身の目で見ることができるように、私はあなた達のようなヒューマンビーイングではありません。

間違いのない言い方をすれば、進化の結果部分的に哺乳類のような体の形を持っていますが、本物の哺乳類ではありません。

私は女性のレプタイルビーイングです、とても古い爬虫類人種に属しています。我々は元々、地球起源で数百万年来この惑星に住んでいます。
 


 ~キリスト教の聖書のような宗教的書物の中にも、我々のことが触れられています。そして古代の多くの種族が、我々の存在に気付いて神として崇めました。

例えばエジプトやインカです。他にも多くの古い種族がありました。あなた達のキリスト教は、あなた達の人類創造における我々の役割を誤解しています。

その結果、書物の中で我々は、"意地の悪いヘビ"として扱われています。しかし、それは間違っているのです。




 ~あなた達の種族は外来の種族[異星人]によって遺伝子操作されたのであり、我々はこの加速進化の過程に対しては、傍観者でしかなかったのです。

必ずや気付いておかなければならないのは(人間の科学者にも既に気付いている人がいますが)、人類はこの2~300万年の間に、自然的には決してありえないスピードで進化しているということです。

自然な状態なら、進化というものはもっとゆっくりした経過をたどるものです。この事を理解していない。



 ~あなた達の創造は、人工的な遺伝子工学によって行われました。我々によってではなく、外来種族[異星人]によってです。

あなたが私に『地球外の種族ですか?』っと問うのであれば、答えは『No(いいえ)』です。私たちは元々の地球人です。私たちは太陽系の中にコロニーを持っています。(複数形、一部は過去完了形)

しかし我々は、この惑星に起源を持ちます。事実として我々の惑星です。あなた達のものではありません。あなた達の地球ということは絶対にありえません。』



 ◆質問『あなたの名前を教えてくれますか?』



 ★回答『それは難しいです。なぜなら、あなた達の人間の舌では、正確に発音することができないからです。

名前を不正確に発音されることを、不愉快に感じる者もいることを分かって下さい。私たちの言語は、あなた達の言語とはかけ離れています。

私の名前を人類の文字でそれらしく表わすと、“Sssshiaassshakkkasskkhhhshhh”でしょうか。“sh”と“k”をとても強く発音します。



 ~私たちは、あなた達のように姓を持っていません。名前だけです。でも、二つとない名前で言い分けることができ、個性も表しています。

この名前は子供の時には与えられず(子供の時は幼名で)、あなた方の言い方だと宗教的か科学的か、覚醒もしくは気付きの起きる思春期に、特別な手続きを経て与えられます。

あなたが人間の舌で、私の本当の名前を発音しないでくれたら感謝します。どうぞ私のことは"レケルタ"と呼んでください。私が人類に混ざって話をしたりする時、通常使っている名前です。』




 ◆質問『何歳ですか?』



 ★回答『私たちは、あなた達のように、太陽の周りを地球が回るという天文年を使いません。

なぜなら私たちは、通常惑星の表層下に住んでいるからです。時間の計測は、地磁気の揺れサイクルによって測ります。(数字もあなた達の数記法で)計算すると、私は今日で57653サイクルです。

覚醒の日、ようするに大人の段階になった日が16337サイクル前です。その日は私たちにとって、とても大切な日。人類の時間では28歳を回ったところです。』



 ◆質問『あなたの役目はなんですか、我々のように仕事を持っていますか?』



 ★回答『あなた達の言葉で言うと私は、人類の社会行動を研究する奇妙な学生です。

それが、私がここにいてあなたと話をしている理由であり、エフさんとあなたに、私の本当の姿を現した理由です。

そしてあなたに全ての秘密の情報を与え、何枚もの用紙にわたる質問に、正直に答えようとしている理由です。



 ~この惑星の人類には、我々やUFOや異星人、その他諸々に関する真実を知っていると主張する、変人や嘘つきがあまりにも多くいます。そして彼らの嘘を信じる人もいます。

私が今、あなたに伝える真実をあなたが公表して、人類がどのように反応するかに興味がありますが、あなた達の誰もが私の言葉を拒絶するだろうと想像しています。

でも、私の想像が裏切られることを期待しています。来るべき何年かをあなた達が生き延びる為には、理解しておく必要があるからです。』





 ◆質問『私は、あなたがエフ君に渡していた声明を読み終えています。しかし、新たに質問に答えてもらってもいいでしょうか?

UFOというものは地球外から来たものによって操縦されている物体なのですか?それとも、あなた方に属するものですか?』



 ★回答『あなた達がUFOとして観測されているものには我々のものもありますが、ほとんどは違います。

ほとんどの奇妙に浮遊するものは、あなた達の科学者が未だに理解していない自然現象を誤認しているものです。例えば、"高温プラズマ現象"とかです。



 ~自然現象への誤認もあるけれども、あなた達とくに軍が持っているUFOや、他の異星人のもの、最後に我々のものもあります。

我々の乗り物が見受けられることは極めて少ないです。なぜなら我々は、空中を移動する際には大抵、とても注意深く、我々の船を見えなくする特別な方法を取っているからです。




 ~もしあなたが、明るいグレーの金属製の葉巻型、いくつも異なるタイプはあります。

20メートルから260メートルの円柱形、さらにとても深いハミング音がしていて、葉巻の金属表面に5つの明るい赤い灯があったとしたら、我々の船が目撃された可能性があります。

っと同時に、船の機能不全か、操縦者が注意不足だった可能性があるとも言えます。(赤い灯は頭に一つ、中央に一つ、尻尾に二つとか)



 私たちは小さな円板型の小舟も持っていますが、その種のUFOは大抵、異星人のものです。三角形のUFOは大抵、あなた達の軍のものです。

軍はそれを作るために外来の技術を使っています。もし本気で我々の乗り物を見ようとするなら、北極や南極、そして中央アジアの、特に山脈の上空を観察すべきです。』



 ◆質問『あなた達は特別な紋章を持っていますか?別の言い方をすれば、そのシンボルによって、あなた達の種族のものだと見極めることができるような。』



 ★回答『私たちの種を表す紋章が2つあります。古い方の紋章は、黒地に青い蛇で、蛇には4つの白い翼があります。私たちにとって、その色には宗教的な意味があるのです。

この紋章は私たちの社会のとあるグループ(複数形)によって使われ始めました。今では希(まれ)ですが、あなた達の古い記述には再々流用されています。


 
 ~もう1つの紋章は神秘的なもので、中央に7つの白い星、周りをあなた達が"ドラゴン"と呼ぶものが丸く囲んでいます。こちらの紋章の方が、今では一般的です。

私が先ほどの回答で話した円柱形の乗り物や、地下空間への入り口にこの紋章があれば、それは絶対に我々のものに帰属します。それを見かけたら、できるだけ速やかに、そこから離れることをお勧めします。』





 ◆質問『2つ目の紋章にある7つの星は、プレアデスを意味しているのですか?』



 ★回答『プレアデスですって?とんでもない。7つの星は太陽系の中で、私たちが以前持っていたコロニーを表象する惑星と衛星です。

星印は青地の前面に配置され、龍の円は地球を表しています。7つの白い星は、月、火星、金星、それに木星と土星の4つの衛星です。私たちは過去に植民しました。

2つのコロニーはもはや使われておらずに捨てられましたので、5つの星の方がよりふさわしいですね。』



 ◆質問『あなたは写真を撮ることを許していないのですが、あなたの存在やこの度の話の真実性を証明するのには、何が有効でしょうか?貴女自身のことを詳細に表現してもらえませんか?』


 
 ★回答『私の写真を撮れれば、この度のインタビューの信頼性を証明するのに役に立つことは分かります。

しかしながらあなた達、人類はとても猜疑心が強くて(おかげで我々や本物の異星人がこの惑星で秘密裏に行動するのに都合がいいのですが)、たとえ写真を撮っても人類の多くは『写真はでっちあげだ』と言うでしょう。

私のことを『人間の女がマスクを被っている』とか言われると、私にとってはとても不愉快なことなのです。




 ~私の写真や、私の装備の写真を撮る許可を出せない事を分かってください。

いろんな意味で理由があって、理由についてあなたとこれ以上議論したくないのですが、1つは我々の存在の秘匿性を保つ為、もう1つは宗教的な理由からです。

写真は駄目だけど、私の容姿や後でお見せする装備については、スケッチすることを許可しているのですから。




 ~私自身を表現してみることはできるのですが、言葉のみによって、あなた以外の人類が私の本当の姿をイメージできるのか疑わしいです。

なぜなら自分たち以外の爬虫類人種や、とにかく知的な種族の存在を拒絶しようとするのは、人類の心がそうゆう風に設計されているからです。




 ~皮膚の色は、薄いグリーンからベージュで、茶色の不規則な形の斑点(1~2cm)が体表と顔にあります。

斑点の有り様は男女で違っており、女性の方が下半身と顔によりたくさんあります。私の場合、頬と下顎、前頭部で眉毛の上で2本の横線として見えます。



 目は人類よりも少し大きく、おかげで暗闇の中で(人類より)よく見えます。目は通常黒くて大きな瞳によって占められ、瞳は明るいグリーン(男性の場合は濃いグリーン)の光彩に囲まれています。

瞳は隙間形で、線のように細いサイズから、大きく開いて卵型の楕円までサイズを変えられます。我々の網膜はとても光感受性が高いので、瞳はそれに対応しなければなりません。



 外耳は丸くて、あなた達の耳より小さくて彫りが浅いです。聴覚は我々の方が敏感で、広い音域を聞くことができます。

耳には筋肉、すなわち蓋(ふた)があって、水の中などで完全に閉じることができます。鼻は私たちの方がより小さく尖っていて、小鼻の間にV字型の彫りがあります。

先祖たちは鼻で温度を“見る”ことができました。現在では我々のほとんどがこの能力を失っていますが(体の他の部位より)、鼻でより敏感に温度を感じることができます。




 ~唇の形は人類と似ています。色は薄茶色で、女性の方が男性よりやや大きいです。私たちの歯はとても白く、あなたたち哺乳類の柔かい歯よりも、ほんの少し長くて鋭いです。

我々の間では、人類のように髪の毛の色に違いがありません。年齢層によって髪の毛に色をつける伝統があります。元々の色は、私のように緑がかった茶色です。

私たちの頭髪は、あなた達より太くて強く、極めてゆっくり成長します。私たちの体で、体毛があるのは頭部だけです。




 ~体に行きましょう。腕や足は、形も大きさもあなた達と似ていますが、色は顔の場合ように緑がかったベージュで、膝から上の腿と、肘から上の二の腕には、ウロコ模様があります。

五本の指は、人類の指よりやや長くて細く、手のひらは平坦で掌紋(手相)はありません。手の平の皮膚には、先程と同じウロコ模様と茶色の斑点の組み合わせがあります。男女ともです。

私たちには指紋もありません。私の皮膚に触れば、あなたの毛の生えた皮膚よりも滑らかに感じるでしょう。



 両手の中指の背面には、小さなツノがあります。爪は灰色で、人類より必ず長いです。私の爪を見ても丸いし、さほど長いとは思えないでしょう。

でもこれは、私が女性だからです。男性は鋭く尖った爪を持っていて、長さもあなた達の単位で5~6cmはあります。



 ~次に、我々が爬虫類起源であるがゆえに、あなた達とは大きく異なる部分の話に移りましょう。私の上体の背中に触れば、服の上からでも一列に繋がった硬い骨のような物を感じるでしょう。

これは背骨ではなく、首から腰までの背骨に連なる組織と皮膚によってできた複雑な構造の骨板です。この構造の中、板の中まで大量の神経組織と血管組織があります。

板はおよそ2~3cmの長さでとても敏感なため、この椅子のように背もたれがあると、とても難儀する原因になります。この小さな板の役割は、性的な効果は別として単に体温の調節です。



 ~ですから自然光であれ、人工の太陽光であれ、日の光の中に座っていると板の中は血液が充満して血管は拡張し、板から身体中を巡っている、このトカゲモドキの血液を何度も上昇させた日には、我々に無情の歓喜をもたらすことになるのです。

他に、あなた達との違いは何かしら。そう、私たちには臍(へそ)が無いのです。なぜなら私たちは、哺乳類とは違う生まれ方をするからです。



 その他の人類との外観の違いは重要ではないでしょうし、今は全部が全部を話すべき時でもないでしょう。服を着ていれば見えないわけですし。

 ~私の体についての説明は十分できたと思います。スケッチをしたらいかがですか?』



 ◆質問『あなた達の種としての進化に絡めて、自然史について何か教えてもらえませんか?

あなた達の種がいつ始まったのか?ヒトが類人猿から進化したように、あなた達が原始的な爬虫類から進化したのか?を。』



 ★回答『ああ、これはとても長くて込み入った話になるわ。しかも本当の事だけど、あなたにはとても信じられそうにない話に。短く説明してみましょう。

およそ6500万年前、恐竜類由来の未だ高等でなかった我々の先祖の多くは、地球規模の大破局の中で死んでしまいました。この災難の原因は自然災害ではありません。

人類の科学者たちは、間違って小惑星の衝突だと信じていますが、敵対する2つのエイリアングループの間での戦争だったのです。彼らは地球の高空や軌道上に本拠地を構えていました。



 ~この地球での戦争について我々の限られた知識によれば地球における最初の戦争でした。でも、決して最後の戦争ではありません。

次なる戦争は早晩やってきますし、地球でのこの73年間はあなた達の言う“冷戦”という形で、2つのエイリアングループの間での争いが現在進行中です。

この6500万年前の戦争の当事者たちは、2つの進化したエイリアン種族でした。その種族の名前はこれもまたあなたがたの舌では発音できません。私はできますけど、元々の発音をすると、あなたの耳を痛めてしまうでしょう。



 ~片方の種族は、あなた達のようなヒューマノイド。ただし、ずっと古い種族です。

彼らはこの宇宙[天の川銀河]の星座表で現在、“プロキオン”と呼んでいる星座にある惑星系から来ました。もう一方の種族についてはあまり詳しくないのですが、レプタリアン種族です。

でも、我々とは全く関係ないですよ、我々は外部からの影響を受けずに、地球の恐竜から進化してきたのですから。我々自身で継続的に遺伝子操作はしていますけどね。詳しいことはまた後ほど。



 その進化したレプタリアン種族はこの宇宙から来たのではなく、えーと、あなたにどう説明すればいいでしょう。

人間の科学者は、宇宙の本当の姿を理解するに至っていませんから、…というのも非論理的な性格がとても簡単なことに気づけないで、間違った数学や業績[numbers]に頼っているからです。

このこと(理解できていないこと)は、後で触れるあなた達の遺伝子設計とも関係があります。言わせて貰えば、宇宙を理解できている状態から程遠く、まるで五百年前と同じです。



 ~あなたが理解できそうな言葉を使ってみましょう。もう一方の種族がやってきたこの宇宙ではない所の話です。

この【Universe】ではなく、【Omuniverse】の泡の中の別の一粒【bubble】から、やって来たと言えるでしょう。あなた達はこの事を『別の次元[another dimension]』と呼んでいるかもしれません。

しかし、正確に表現するには的確な言葉ではありません。『次元』という言葉は、この事を理解する為にも良くないです。



 ~進化した種族たちは、宇宙である泡の一粒【bubble】から、別の一粒へと往来できるという事ことを、しっかり分かっておいてください。

往来には、あなた達の言う所の【素粒子技術】を使う種族、さらには精神の作用[念力?]のみによる特別な方法による種族までいます。

精神面の進化については、あなた達に比べれば我々も進化はしていますけど(念力によって)、バブルを乗り換えるようなことはできず、技術を使っています。



 しかし、地球で活動している複数の種族はこれができるので、目の当たりにすれば、あなた達のご先祖がそうであったように、現在のあなたにも魔法のように見えるでしょうね。

歴史の話に戻りましょう。最初の種族[ヒューマノイド]は、レプタリアンよりも150年前に地球に到着し、当時の大陸に幾つかのコロニーを建設しました。



 1つの大きなコロニーは、現在あなた達が『南極』と呼ぶ大陸にありました。もう1つは、あなた達が『アジア』と呼ぶ大陸にありました。当時の人々は爬虫類たちと問題なく、地上で共に暮らしていました。

進化したレプタリアン種族がこのシステム[太陽系?]に到着した時、プロキオンからのヒューマノイド入植者たちは、平和的に意思の疎通を計りました。しかし上手くいかず、数ヶ月のうちに地球規模の戦争が始まりました。



 ~分かっておいて欲しいのは、両方の種族ともこの若い惑星に興味があったのは、その理由が生物や未開の種族にあったのではなく、たった1つの理由である【天然資源】、とりわけ【銅】に興味があったのです。

【銅】への執着の理由が分かる為には、進化した種族の中には今日でも、【銅】がとても重要な資源である者がいる事を知っておかなければなりません。不安定な元素に【銅】を介在させる事によって、新たな安定した元素を作り出すことができます。

高エネルギー核放射を利用して重層した振動野を作り出す為に、【銅】によって強力な電磁場を正確に誘導することが、できるようになるのです。



 このような、核放射/磁場反応炉内での【銅】と、他の元素との核融合は特別な力場を作り出し、技術的な可能性を大いに広げてくれます。

しかし、極めて複雑な現象に基づいている事なので、あなた達の制限された単純な心理では、その現象を発見できないでしょう。



 両方の種族とも、地球の【銅】を手に入れようとしました。そしてその理由の為に、宇宙空間や軌道上で、さほど永くない戦争をしました。

ヒューマノイドは当初うまくいっているようでしたが、しかし最後の戦いになってレプタリアンは、実験的な特別な種類の【核融合爆弾】を使うことを決定したのです。

惑星上の生態系は破壊するけれども、価値のある天然資源はダメにしない、そう、【銅】に対してもです。その爆弾は宇宙空間で起爆され、あなた達が現在、『中米』と呼ぶ部分を爆破しました。



 ~海洋を爆破した為に予期せぬ水素の核融合を引き起こし、影響はレプタリアンが予期していた以上の強さになりました。致死量の放射線、核融合酸素の過剰発生、様々な種類の放射性降下物、そして200年にも及ぶ核の冬、これが結果でした。

ほとんどのヒューマノイドは死んでしまい、レプタリアンも数年後には、我々にも分からない理由で地球への関心を無くしてしまいました。

多分理由は放射線でしょう。惑星である地球は振り出しに戻り、地上の生き物は死んでしまいました。



 ~この核融合爆弾の結果の1つが、反応過程で生じた様々な種類の"放射性降下物"と"有用な物質"です。その1つは【イリジウム】です。

人類の科学者は、地層の中のイリジウム濃度によって、恐竜たちを殺した小惑星衝突の標準指標としています。しかし、(小惑星衝突は)間違っているのに、あなた達方はどうしてそう判断したのでしょうね。

これで、ほとんどの恐竜は死んでしまいました。爆発時に全てが死んだのではなく、戦争に引き続いてやってきた良くない状況の中で死んでいきました。とくに、核の冬と放射性降下物です。



 ~ほとんどすべての恐竜と爬虫類が、それに続く20年以内に死にました。しかし、海洋性のものを主体として、この変わってしまった世界ですら、2~300年を生き延びた恐竜や爬虫類もいました。

しかし、生き延びた種も死んでしまいます。…というのも気象(気候)が変わってしまったからです。核の冬は200年後に終わりましたが、以前より寒冷化していました。



 この破局にも関わらず。生き延びた種もいます。サメのような魚類、鳥類、小型の地を這う哺乳類(あなたがたの先祖)、ワニのような幾種類かの爬虫類、そして、小さいけれど高等な恐竜がいたのです。

彼らは『ティラノサウルス』と呼ばれている種のような最後期の、大型で獣のような爬虫類と歩調を合わせて進化していました。この新しい爬虫類は二足歩行をしていて。あなた達が【イグアノドン】として復元したものに似ています。



 ~イグアノドンの属に起源を持ちますが、イグアノドンとの違いは、小型で身長約1.5m、どことなくヒトのような姿、骨格は変化しており大きな頭蓋と脳、物を掴める指のある手、異なった器官、消化管。

あなた達と同じように頭部の中央に位置した進化した目、そして最も重要なもの新しくて優れた脳を持っていたのです。彼らが私たちの直接の先祖です。証明されてはいませんが、原爆による放射線は、この属にとって器官の奇形化の役割を果たすようです。

そしてこの小さなヒト型恐竜はその後3000万年、ただの動物から、物思う者へと進化してきました。私が前にも述べましたが、人類の場合のように人為的な操作がない限り、進化にあなた達が思う以上に長い時間が必要なのです。



 ~この者たちは、その後の数百万年を生き延びるだけの知性を持っていたようです。

生活様式を変えることを学んで、寒い外界の代わりに洞窟の中で生活し、最初の道具として木の枝や石を使い、暖をとる為に火を使うことを覚えました。

我々(爬虫類)にとって血流を温める事は、生き延びる為に極めて大切です。



 続く2000万年の間に、この種は自然と27の亜種に分かれました。
 
不運なことですが以前の爬虫類種族は、当てずっぽうな進化過程によって亜種に分裂する傾向がありました。

初期の恐竜ほど不必要に多くの種がある事がわかるでしょう?原始的な種ほど、覇権をめぐって近隣種の間で多くの争いがあったのです。



 ~自然は私たちにとって、甘やかしてくれるものではありませんでした。分かっている限りでは27あった亜種のうち、24が進化の過程で原始的な争いで淘汰されました。

理由は、体の器官と頭脳が十分に発達していなかった為。とりわけ主な理由は、気候の変化に対応して的確な体温調整ができなかったからです。



 ~例の戦争から5000万年後、恐竜時代の終わりから5000万年後ということになりますが、たった3種類のレプタリアン種族が、他の下等な動物たちと一緒にこの惑星に留まっていました。

この3つの種族は、自然な混血や人工的な交雑によって、1つのレプタリアン種族にまとまりました。さらに遺伝子操作の発明によって、我々の遺伝子配列の中から分裂のしやすい因子を取り除くことができました。

我々の歴史や説によると、貴方がいま会っている私、この最終的なレプタリアン人種が、遺伝子工学によって出来上がった瞬間はそうやってもたらされたのです。およそ1000万年前の事です。



 ~その時を持って、我々の進化はほとんど停止しました。そうね、実際には見栄え的に小さな変化があって、次の時代にはより人間らしく哺乳類のような外見に変わっています。しかし、もう亜種に分裂することはありません。

あなた達に比べて、私たちがとても古い種族だと分かったでしょう?あなた達が森の中で跳ね回っていた小さな猿のような動物だった頃、私たちは技術を発展させ、太陽系の他の複数の惑星に植民し、地球には巨大な都市群を築きました。

しかし、地上の都市は長い年月の間に跡形も無くなりましたが。あなた達の遺伝子が動物並みだった頃に、私たちは自らの遺伝子を操作していたのです。



 1000万年前に小さな動物たちは変化し始め、木から地面に降りてきました。再び気象の変化がきっかけです、とくに『アフリカ大陸』という所での。それでも哺乳類の常で、進化はとてもゆっくりでした。

もし普通でない出来事が人類に起こっていなければ、私たちがここに座ってお話ししている事は無かったでしょう。

本来なら私が、快適でモダンなお家の中で座っていて、あなた達は洞窟の中で毛皮をまとい、火の秘密を探ろうとしながら座っているはずだったのです。…そう、あなたは私たちの動物園で座っていたかもしれません。



 ~しかし、一連の出来事が別々に生起し、今やあなた達は“万物の霊長”だと信じて、モダンな家に住むことができ、私たちは(あなた達から)離れた地域で、地表下に隠れて生活しなければならないのです。

およそ150万年前に、新たなエイリアン種族が地球に到着しました。驚くことに、この6000万年を超える期間の中で最初の種族でした。

現在の地球に、何種類かの異なった種族がいるのかを知れば、その事はとても驚くに足る事でしょう。



 ~あなた達が現在、“エロヒム”と呼んでいるこのヒューマノイド[ヒト型]種族の関心事は、天然資源や銅ではありませんでした。驚く事に、猿レベルのヒューマノイド[ヒトもどき]に興味があったのです。

我々がこの地球にいるにもかかわらず、そのエイリアンたちは、この猿たちの少しばかり進化を手助けする事を決定してしまいました。


 来たるべき戦争に、奴隷のような種として提供する為です。あなた達の種としての命運は、我々にとっては実際のところ重要ではありませんでした。

しかし、我々の惑星に“エロヒム”がいることは、我々には嬉しいことではありませんでしたし、彼らは彼らにとっての新しい動物園惑星に、私たちが存在していることが嬉しくなかったのです。



 ~6番目と7番目のあなた達の創造が、我々と彼らの争いの原因でした。その戦争については読み知ることができます。

例えば“聖書”と呼んでいる奇妙な記述のされ方をした本で、部分的に知ることができます。本当のところはとても長くて難しい話です。』



 ◆質問『まず最初に、あなたはとても長い時間軸を持ち出しました。

あなたが言わんとするところは、あなた達の初期の先祖は恐竜たちと共に暮らし、あなたが言うところの人為的な破局を生き延び、4000万年以上にわたって進化し、1000万年前にあなた達の進化は完遂したと。

私にはとても信じられない気がします。この事について何か言えることはありますか?』



 ★回答『あなたは若いですし、遺伝子操作された種族だから、とても信じられない気がするに違いない事は解ります。

あなた達の歴史の地平は、たかだか数千年の尺度で終わっています。この方ほうが、あなたは合点が行くのよね。

でもそうじゃないの。このほうが、ありえない。仕組まれた思い込みで、あなたは長い時間軸で考察できないのは明らかです。



 ~我々の進化の期間はあなたには桁違いに長いと思えるでしょう。でも、こちらの方が事実として本来の自然な在り方なのです。

思い出して下さい。あなた達の哺乳類の初期の先祖だって、私たちと同じように恐竜たちと共に進化し、あの爆弾を生き延びたのです。

彼らも爆弾以降の数百万年に渡ってゆっくりと進化し、様々な種や形態に分かれ、あるものは大きく、あるものは小さくなりました。それが彼らの体の進化です。でも、精神や知力については、彼らはただの動物でした。



 ~哺乳類は、我々が知る限り、この1億5000万年にわたって進化してきました。そして知的で、考えるようになれたのはこの2~300万年に過ぎません。

そしてこの短い期間の中で、あなた達のような、ものを思ったり、考える存在が作り出されたのです。



 1億4800万年で動物レベルの哺乳類が、200万年であなた達のような程度の差はあれ、知的な、ものを思う存在になる。~自問してみて?この加速進化が自然なことか?と。

解らなければ、人類は私が思っていたより、おバカさんってことよ。あなた達と違って、私たちは良からぬ進化はして来なかったんだわ。』



 ◆質問『理解しました。次の質問があります。あなたは6500万年前のエイリアンたちの間での戦争について、多くのことを事実として触れられました。

あなたの話を聞く限り、これが起こったのは、あなた達の種が知的に進化するずっと昔です。どうして“最初の戦争”や、あなた達の種の進化について、そんなに沢山の事を知っているのですか?』



 ★回答『いい質問だわ。先ほどの質問よりずっといい。

適切に説明していなかったものね。我々が持っている最初の戦争についての知見は、とある古代の人工物にほとんど由来します。

その人工物は、我々の考古学者達によって『北米』と呼ばれている大陸で、16000年前に発見されました。



 ~考古学者達は、北米大陸で直径がおよそ47cmの丸いプレートを発見しました。

そのプレートは我々ですら材質が分からない磁性体でできていて、内部には分子構造の中に膨大な情報をコード化してある、ひと回り小さいクリスタルのプレートがあったのです。

このメモリープレートは、"プロキオン"からやって来た人類種によって作られていました。すでに6500万年も経っているのに、我々が発見した時でも完全に機能していました。



 ~我々の科学者たちはそのメッセージとデータを解読できました。そのおかげで恐竜たちを絶滅させた遠い過去に起きた諸々の出来事を始めて知り得たのです。

そのプレートには、両方の種族についての詳細な記述(人類種についての方が多いですが)、史実に起きたこと、最終爆弾のことも含めて、武器についても詳細な記述がありました。

情報の中には、未開だった我々の祖先の事を含めて、地球の動物や爬虫類についての記述もあったのです。



 ~我々の進化についてその他の知見は、骨格[化石]やDNAの比較解析によります。我々がルーツについて真実を知り得たのは、16000年前以降です。

それ以前は我々の創造についてもっと信仰的な発想がありました。』



 ◆質問『両方のエイリアンの間で、何が起こったのですか?』



 ★回答『正確にはわかりませんが、地球上で生き残ったヒューマノイドは、爆破のあと数年で死んだことは明らかです。

その他のヒューマノイドとレプタリアンは、我々が知る限り、二度と地球に戻ってきませんでした。レプタリアンのエイリアンについては、物理的に戻れなかった可能性があります。

なぜならバブル間の問題として、高速で移動する必要があるからです。憶測ですが、数百万年のうちに、両方の種族ともいなくなったと思われています。』




 ◆質問『先ほど、あなた方の種の骨格[化石]について触れられました。

この惑星上でそんなに長い間本当に生きているなら、人間の科学者があなた達やその先祖の痕跡を全く発見していないという事が、どうしてあり得るのですか?

原始的な恐竜の骨格[化石]はたくさん発見しています。しかし、あなたが先程言ったような、指のある手と大きな脳頭蓋を持った高等な爬虫類の骨格は1つも発見していません。』



 ★回答『いいえ、既に発見はしています。しかし、人類の(立派な)科学者たちは、骨格を完全に復元できていません。

なぜなら彼らは、爬虫類を【知的でない存在】として復元しようとしているからです。とく小型の場合、博物館でいかに多くのトカゲ類の骨格がありえない姿に組み立てられているかを知ったら、可笑しくなりますよ。

原因は、同一の個体ではない多くの骨を使ったり、"下等な"トカゲ類を組み立てる為に必要な骨が無い時に、それらしく作ってしまったからです。



 ~人類の多くの科学者がその問題に気付いていますが、説明できないので公表しません。そして、本来の骨は手に入っていないだけで、復元は間違っていないと主張するのです。

我々の骨格の多くは、イグアノドンの復元に使われています。例えば、しっかりとした指のある手。博物館でイグアノドンを見れば私が正しい事が解ります。



 ~数年前、合衆国という国のとある科学者が、我々の種の骨格をほぼ正確に組み立てていました。しかし州政府は、我々の存在に気付いているらしく、その復元を没収しました。

数千年前からですが、私たちは現在、ほぼ完全に地表下で生きていますので、あなた達は、私たちの死体や骨格さえ見つけることは全くできません。』



 ◆質問『あなたは時々、地下の都市や人工的な日照について話しました。

これは【地球空洞説】のことを意味しているのですか?惑星の中に第2の太陽があるのですか?』



 ★回答『いいえ、地球が本物の空洞である訳ではありませんし、内部に第2の太陽もありません。

そんな話は滑稽だし、物理的にありえないでしょう。人類の誰も、そんな話を信じていないのに。

太陽が核融合によってこんな長い期間、エネルギーと光を作り出す為に、どのくらいの質量が必要か知っていますか?この惑星の内部で、小さな太陽が活動できると本気で思っていましたか?



 ~私が、地底にある私たちの故郷について話している時は、巨大なシステムとしての洞窟群のことを指しています。

あなた達が地表近くで見つけている洞窟は、地球のもっと深いところにある本格的な洞窟や複合洞窟群に比べると小さなものです。

その深さは2000~8000mですが、沢山の隠されたトンネルによって、地表や地表近くの洞窟に繋がっています。私たちは、そういった洞窟の内部にある大きくて文明的な都市やコロニーに住んでいます。



 ~主だったサイトは北極や南極の彼方、中央アジアと北アメリカ、そしてオーストラリアにあります。

我々の都市にある人工的な日照について話している時は、実際の太陽ではなくて技術的に作られた光源で、それらが洞窟やトンネルを明るくしています。光源の中には、引力を利用したものもあります。

都市の中には必ず、強力な紫外線を含んだ領域が洞窟やトンネルの中にあって、我々は体温を上げるために使います。さらに私たちは、アメリカとオーストラリアの辺鄙な場所の地表に、日光浴場を設けています。』



 ◆質問『あなた達の世界への入り口を、地表近くだったら何処で見つけることができますか?』



 ★回答『正確な場所を、私が教えると思っていますか?入り口を見つけたかったら、ご自分で探すしかないけど、絶対しないほうが良いです。

4日前に私が地表に来た時は、ここから約300㎞北、大きな湖の近くにある出入り口を使いました。

でもあなたが見つけることができるとは思えません。この世界への出入り口はほんの僅かしかなくて、多くは遥か北や東にあります。



 ~ここで注意しておきます。もしあなたが、狭い洞窟か人工的な坑道のようなところにいたとしましょう。

進むにつれて壁が滑らかになり、奥から不自然に暖かい空気が流れてくるとか、空調やエレベーターの音がして、しまいには洞窟内のどこかにグレーの金属製のドアがある、滑らかに作られた壁になっているのを見つけたら…、

できないとは思うけど、そのドアに入る事ができたとしたら、そこは空調と、下りていくエレベーターの為の丸い部屋です。そこが我々の世界への入口です。そこまで到達したら、あなたの存在は確実に捕捉されていると思ってください。



 ~丸い部屋に入ったら、あなたはすでに渦中にいる事になります、その時、前に教えた2つの紋章のどちらかが有るか、探してみるべきです。

紋章がないか、別の紋章があったら、あなたはもっと酷い渦中にいることになります。なぜなら地下への入口は、すべてが我々の物ではないからです。

最近のトンネルは、憎むべき種族も含めて、異星人によって管理されている場所もあるから。もし、奇妙な地下への入口を見つけてしまったら、一般的なアドバイスは、あなたの為に、出来るだけ素早く逃げることです。』



 ◆質問『あなたが前に触れたことですが、人類に紛れている時には“レケルタ”という名前を使うとか、地上で本物の日差しの中にいることが楽しい~とかの話です。

あなたは我々と同じようには見えないので、誰でもあなたのことを、人類とは別だとわかるでしょう。

同じ惑星に、我々が創造された時にすでに一緒に暮らしていたのならば、なぜ誰も目撃したり記述していたりしていないのですか?この点を説明できますか?』



 ★回答『最初に言っておきますが、我々のことは、人類の過去の文明によって当然何度も目撃されていますし、記述されていますし、崇拝されていました。

例えを挙げれば、あなた達のキリスト教の聖書のような宗教的な書物です。それから、南米のいろんなお寺には記述だけでなく、単純ですが肖像まであります。

聖書の中でのいわゆる『賢者』、インドからアジアの山岳地帯から、アフリカからの『賢者』と一緒に、何度も私たちの種のことを記述しています。



 ~人類の歴史の中では私たちの事は、【エロヒム】と対比して、『人類でない種』として触れられていると思います。

信じられないなら、ご自分で人類の歴史に目を通してみてください。私が言っていることが正しいと判ります。

あなた達の“学識経験者”達は、我々に関する定説を『迷信』だとか『信仰』だとか言ってしまい、現在の【知識人】達は、過去に我々が地表にいたことを忘れ去っているのです。



 ~もっと説明しましょう。現在でも地上や地表近くの入口とか、トンネル内で人間によって本来の姿で目撃されています。

しかし幸いなことに、メディアや普通の人はそういった『クレイジーな報告』は真面目に取り上げません。

これが我々には都合が良いことで、そういう人達が我々のあるがままを見ても、許しておけるのです。



 我々の中には、人間の科学者や政治家達と、地表から直接連絡を取り合っている者もいます。

この事は、あなた達が言う『トップシークレット』というものです。一般の人類は、誰もこの事を知りません。

会って話す内容は大抵、エイリアン絡みで起きる、来たるべき戦争について、その戦争での我々による援助のことです。




 ~そうそう、もう一つ答えないと。

なぜ我々が、人類に紛れていられるか。なぜ人類が我々に気付くことができないか。



 …それは、【擬態】です。

今から説明することは、あなたにはまたしても信じられなくて、ショックですらあるかもしれません。でも、貴方が質問するから説明しましょう。

精神的に我々は、人類よりもっと進化しているとすでに教えました。“もっと進化して”の意味するところは、我々は生まれながらに継続して、テレパシーやテレキネシスが使えるのです。




 ~事実、わたし達の種族の母親と新生児は一般的に、最初の数ヶ月間はテレパシーで意思の疎通を図ります。

人類は脳の中の、この眠っている機能を活性化するには特別なトレーニングが必要ですが、わたし達はそういったトレーニング無しで可能です。



 我々の脳の構造は人類と少し違っていて、海馬が人類の海馬より大きく、より強く活動しています、特に日光の中にいると更にです。

我々が本来持っている能力は、人類が持ってる能力よりかは強いですが、この惑星に来ている~念力で【bubble】を乗り換えられるようなエイリアン達よりかは弱いです。



 私自身はこの念力に関しては得意ではありませんでした。しかし我々は、全員が初歩的な能力を持っていて、例えば身を守ったり、攻撃にも使うことができます。

私たちが地表にいて人類と会う時、私たちは人類の意識に“触れる”ことができます。たとえ大人数でも違いはなく、全員の意識はまるで1つの意識のようです。

そしてテレパシーを通して『我々をあなた達の仲間の誰かとして見なさい』っという命令を潜り込ませます。そうすると、か弱い人類の意識は拒むことなくこれを受け入れ、我々が爬虫類の外見にもかかわらず、普通の人類として見てくれます。



 ~私は何度もやっています。

か弱い人類である貴方達は、私のことを“人目をひく茶髪の女性”として見てくれます。私は何年も前から、この特別な“擬態用の姿”を心の中にイメージしていました。だから、あなた達の意識の中に難なくこのイメージを潜り込ませることができます。

【擬態】を正確に使うことを習い始めた頃は時間がかかりましたが、今ではほとんど独りで機能できて、集団の中を歩くことすらできてしまい、誰も私の本質には気づきません。




 ~あなた達の“気づき回路[consciousness]”の中には、『我々をあるがままに見なさい/我々を我々があなたに見なして欲しいように見なさい』と言う簡単なスイッチがあるのです。

そのスイッチは、エロヒムがあなた達を創造した時、エロヒムによって"気づき回路"の中に仕込まれたのです。

それで私たちもこのスイッチを使って、あなた達が我々を目撃した時でも、『人を見たのだ』と思い込ませることができます。他のエイリアン達も、このスイッチを使っています。



 ~これは、あなたが思うよりずっと簡単です。

もしあなた達と、ほとんど同じ外見のエイリアンとの会合が複数回あったとします。そのエイリアン達がこのスイッチを使えば、会合の何回かは爬虫類種との会合だったと報告されることもあり得るのです。

私が初めてエフ君と会った時は、彼は私のことを普通の人間の女性だと見ました。でも、彼に本当の姿を見せた時は驚いて、ショックを受けていた事を思い出します。』



 ◆質問『~ということは、あなたのような爬虫類人と話しているのではなく、人目をひく茶髪の女性と話しているのだと、私に思い込ませることが本当にできるのだということですか?』



 ★回答『その通りです。ですが、あなたは特別なケースですから、そこまでしません。

私ではなく、人類の女性を見かけることを予期している時に、その人の意識に仕掛けることは、私には難なくできます。誰も、爬虫類の女性と会うことを予期していませんからね。

しかし貴方には、初めからずっと私本来の姿で見ることを、貴方の意識に許してしまっています。そして、貴方の意識には何も仕掛けていません。



 ~それで貴方は既に、私が人類でないと気づいてしまっています。

しようとは思いませんが、今更これを変えようとしたら、致命的な混乱を招き、気を失うかもしれません。

貴方をダメにしたくはありません。この手のことは、私はあまり得意ではないと言ったでしょう。』




 ◆質問『怖いことですね。そういった能力で殺人もできますか?』


 ★回答『できますが、禁止されています。過去にも、なされなかったというわけではありません。』




 ◆質問『男女共、この能力はあるのですか?』


 ★回答『あります。』



 ◆質問『写真ではどうですか?写真にはどう映りますか?』



 ★回答『馬鹿な質問です。写真には爬虫類人として現れます。

写真やカメラ自体への影響力を持ってはいません。撮影者の心に対してだけです。

もし撮影者が、フィルムを現像して写真を他人に見せたら、他人は私を本来の姿で見るでしょう。



 ~その理由で、私たちは撮影されることが禁止されていて、地上ではすべてのカメラを避けなければならないのです。

それは難しいことで、過去には知らないうちにフィルムに収められたりしています。とくに、政府関係者や秘密情報員などによって。』




 ◆質問『あなた達の種族は我々の心に対して、他にどんな命令を潜り込ませることができますか?例えば、『仕えろ』とか『従え』とか。』



 ★回答『また変な質問ですね。私たちは、あなた達の敵ではありません。全員でなくとも、ほとんどの者には。~だから、するわけないでしょう。

質問に答えるとしたら、『命令を送る爬虫類人と、受ける人との心の強さの力関係による』ってとこね。『私に仕えなさい』というようなスイッチは、あなた達の心にはありません。

ですから、そういう命令は忍び込ませるのがもっと難しいでしょう。心と意識が弱い人間の場合に、そういった訓練を積んだ爬虫類人の術者が、何時間か日光を浴びてからトライすれば、何回かは上手くいくでしょうね。



 ~そういったことに関しては『秘密の教え』が複数ありますが、しかし私は、そういった事は何も学んでいません。

私が使うのは、種として元々備わっている擬態やコミュニケイションといった初歩的な能力です。時々は、私個人が持っている他の能力も使います。

しかし私は、決して人類を傷つけたり、心を傷つけたことはありません。この話題は、ここで止めて頂けるとありがたいです。』



 ◆質問『最後の質問です。UFOを見えなくできると言いましたが、これにも同じ能力を使うのですか?』



 ★回答『そうですけど、機械的にね。

それぞれの乗り物の内部には、あなた達の心に人工的な信号を送る事ができる強力な装置があって、我々の船の代わりに、普通の飛行機や、ただの空を見たのだと、あなた達に思い込ませる事が可能です。しかし、この装置は多く使われることはないです。

なぜなら我々が大気中を移動する時は、人類にとって公的な場所を避けるからです。もし貴方が我々のUFOを見ることができたら、装置が不調であるか、何らかの理由で止められているということです。



 ~今までの流れから、貴方が聞きたそうな質問に、予め答えましょう。

このカモフラージュ効果は、写真には作用しません。でも、空に異常なものが何も見えていないのに、なぜ、空の写真を撮る人がいるのでしょうね。



 また、地表に近い我々のトンネルへの出入口のほとんどは、この手の装置で隠されていて、ドアの代わりに、ただの壁に見えるのです。

貴方が我々の世界への秘密の入口を見つけるのは無理だろうと、私が先ほど言った理由がこういうことなのです。でも、過去に何回かは起きています。』



 ◆質問『あなた達と我々の歴史の話に戻りましょう。我々、人類種を創造した【エロヒム】という人種のことに触れましたよね。

彼らはどこから来て、どんな外見なのですか?彼らが地球に来て、実際何が起きたのですか?彼らは、私たちの神なのですか?』



 ★回答『エロヒムは宇宙から来ました。あなた達の天空図では、【アルデバラン】と呼んでいる星系からです。

彼らはとても背の高いヒューマノイド種たちで、大抵はブロンドの髪と、とても白い肌を持っていました。彼らは日光を避けていました。

日光が、彼らの皮膚と目を傷めるからです。我々のような、お日様が大好きな種族には、とても信じられない事でした。



~彼らは初めのうちは知的で、平和的に見えましたので、私たちは、彼らと友好的に意思の疎通を始めました。しかし、後になって彼らは本当の関心事と計画を現しました。

彼らは類人猿を、新しい品種へと進化させたかったのです。彼らの新しい"動物園"惑星にとって、我々は邪魔な要因だったのです。

最初に彼らは、あなた達の先祖である類人猿の、およそ1万から2万かもしれない個体を捕まえ、そのまま地球を離れて数百年経ちました。




 ~そして戻って来た時、より人間っぽいあなた達の先祖を連れていました。それから彼らは再び、数千年ほど地球を離れました。

この原人たちは、我々と一緒に大きな問題もなく生きていました。この時すでにエロヒムは原人達に教育し、脳と体の構造に手を加えていて、彼らは道具と火を使うことができました。

エロヒムは"23000年の間に7回"地球に戻って来て、人類種の一部に対して進化のスピードを加速させています。この惑星において、あなた達は最初の人類ではないことを理解しなくてはなりません。



 この惑星で、最初に技術と会話能力を持った人類は、およそ70万年前に存在していました。

エロヒムは進化の段階とスピードについては別の実験もしていたので、最初の人類はより低レベルの原人と同時期に生きていました。

貴方がたの科学者は原人の骨と、人と飛行物体を描いたような原始的な洞窟壁画しか発見していないので、この辺のことは未だ理解出来ていません。



 ~この遺伝子操作により高度になった人種は、我々と共に生きていましたが、爬虫類人との接触を断ちました。

…というのもエロヒムの指導者たちが、我々のことを『邪悪で人類を騙すのだ』という詐話を使って、彼らに警告したからです。




 ~1番目の人類創造から数百年後、エイリアン[エロヒム]は最初の人類を消し去ることを決定しました。

そして2番目で、より良い実験人種の進化を促しました。その繰り返し、また繰り返しです。

実のところ、貴方たち現生人類は、惑星地球上の最初のものではなく、なんと【7度目の人類】なのです。



 ~1番目の品種による建造物は残っていませんが、5番目の人々は巨大な三角形の構造物を遺しました。あなた達が現在、『エジプトのピラミッド』と呼んでいる物で、75000年前に作った人達です。

現生のエジプト人は、砂漠の中に古代の巨大なピラミッドを発見し、つたない(巧みでない、劣っている)模倣物を作ろうとしました。

6番目の人々の彼らが造った都市の廃墟は、今や海底~いわゆるビミニ海域で見つけられます。16000年前のことです。



 あなた達を使っての実験、7番目の品種である前回の創造は、つい8500年前に行われました。

この創造だけがあなた達に伝えられていて、あなた達の宗教書もこのことに触れています。

考古学や古生物学的痕跡に頼っても、最近の事が判るかどうかです。(あなた達)以前、6回の人々のことをどうやったら解るでしょうか。



 ~それにもし、先人が存在した証拠を発見しても、発見を否定したり、違う解釈をしたりです。これは人間の精神の設計によるか、単に"愚かだから"でしょう。

以後、貴方には7番目の創造についてのみ話しましょう。6回の先人達はいなくなったのだし、あなた達に何もしてくれないわけだし。




 ~そして、我々とエロヒムの間で永い戦争がありました。また、エロヒム達のグループ間でも戦いがありました。

というのも、『この惑星で、人類を何度も何度も創造することに正当な理由がない』という意見を、多くのエロヒム達が持っていたからです。



 ~最後の戦闘は、地上と軌道上で、およそ5000年前に行われました。エロヒムは、我々の地下都市を破壊する為に強力な音波兵器を使いました。

いっぽう我々は、彼らの地上への搬入施設や、宇宙基地の多くを破壊することができました。

貴方たち現生人類は、我々の戦いを目撃して大変驚き、宗教的な伝説の形で書き下ろしています。実際のところ、何が起きているのかは、彼らには理解できなかったのです。



 エロヒムは、6番目と7番目の品種に対しては【神】として現れていましたが、善と邪悪との間の戦いだと教えました。

そしてエロヒムが善で、我々のことは邪悪な種族だと教えたのです。確かに、(判断は)視点に依ります。

エロヒムが地球に到着するまで、彼らが人類を使った進化プロジェクトを開始するまでは、我々の惑星だったのですから。



 ~私の意見としては、自分たちの惑星の為に戦うのは、自分たちの権利です。

理由は判りませんが、エロヒムが再び地球を去って行ったのは、人類の暦では正確に4943年前です。我々の歴史家の多くが、この日を【戦勝記念日】と呼んでいる大切な日です。

実際に何が起きたのか分かりませんが、事実としてエロヒムは日一日といなくなり、彼らの船と共に痕跡も残さず消えてしまい、搬入装置のほとんどが、彼らの手によって破壊されていました。




 ~人類は、自らの力で文明を発展させましたが、それに続く数百年間、我々の多くの者がある人達とコンタクトを取っていました。

それは、もっと南の方の人達です。そして我々は、エイリアン達が信じさせたかった邪悪[悪魔]ではないと、確信してくれる人達も得るに至りました。

また、4900年前から今日までの間、多くの他のエイリアン達がこの惑星にやってきました。彼らの中には古い教えを使ったり、人類の精神に組み込まれた仕組みを利用して、再び【神】を演じた者もいました。



 しかし、エロヒム自体は戻って来ていません。彼らはこの数千年間、一貫して不在です。私たちは今では、将来のある日に、彼らのプロジェクトを停止する為に、彼らが再び戻って来ることを期待しています。

もしかしたら停止ではなく、7番目の品種である貴方達を消し去るためかもしれませんが。ありそうな質問に予め答えますが、エロヒムに何が起きたのかは、本当に知らないのです。



 ~あなた達は現在のところ、自らの本当の生い立ちを何も知りません。

本当の過去も、貴方達を取り巻く世界も、宇宙も、そして私たちと、私たちの過去についても、ほとんど知っていない。さらに、近い将来起こることは全く知らないでいます。



 ~我々は人類の敵ではないので本当のことを教えますが、私の言葉を信じる事も理解する事もしないならば、人類にとって危機があるでしょう。

あなた達の敵は既にここにいて、貴方がたは解っていない。目を見開いて、さもなければやがて大変なトラブルに見舞われます。

もし貴方が、私が今まで教えた事を何も信じることができていないなら、これから信じて覚えておくべきです。』




 ◆質問『どうして信じていないと思うのですか?』



 ★回答『貴方の眼の前、私がここに座っているにもかかわらず、私には『貴方が私を信じていない』という確かな感触を受けたからです。

この2時間に渡って貴方に教えた事は、すべて絶対にこの世の真実です。』



 ◆質問『いま現在、地球で活動しているエイリアン達はどのくらいの数ですか?』



 ★回答『我々が知る限りでは【14種族】です。

11種族は宇宙から、2種族は別のバブルから、1種族はとても進化していて、遥かに異なったプレーン(銀河?次元?)からです。

名前は聞かないで下さい。あなた達にとってほとんど、どれも発音できません。8種族は我々ですら発音できません。



 ~殆どの種族、とくに、より進化した種族ほど、人類を"動物"として研究しているだけで、貴方達にも私たちにも、さほど危険ではありません。

我々と一緒に活動している種族もあります。しかし、3つの種族は非友好的です。

3つのうちの1つは、人類の複数の政府と接触があり、技術と引き換えに銅やその他の重要な物質を手に入れています。そして、人類にひどい扱いもして来ました。




 ~この73年間の間で非友好的な3種族のうち、2つの種族間での【冷戦】が過去も現在も起きています。そして3番目の種族が、このつまらない"いざこざ"の勝利者になりそうです。

近い将来にその連中(3番目の種族)と人類の間で、もっとも熱い戦争が起こると私達は予測しています。近い将来とは、10年か20年以内で、その展開を危惧しています。

先ごろ『15番目のエイリアンが3~4年前に地球に到着している』という噂がありました。彼らの意図は全く不明で、今のところ接触は取れていません。~噂が間違いでありますように。』



 ◆質問『非友好的な種族は何を望んでいるのですか?』



 ★回答『いろんな天然資源です。彼らの工業活動に必要な【銅】を含めて、地球の水、地球の空気中の、とある元素です。

水は、その中にある水素なら最も都合がいい。発達した核融合炉では、エネルギー源ですから。さらに3つの種族のうち、2種族は貴方達の体や、人体の組織や体液に関心があります。

我々が知っている限りでは、彼らは不適切な進化と放射線障害によって、自身の遺伝子構成が不完全になっているからです。彼らは、自身の遺伝子を繰り返し繰り返し修復するために、人類や動物から完全な染色体を必要としているのです。



 ~しかし、彼らのDNAと人間のDNAでは完全には互換性がないので、欠陥を完全には修復できません。

それで、もっと互換性のある交雑種を人間と彼らの間で作ろうと人工授精と人工子宮を使っています。ちなみに、我々とは全く互換性がないので、我々にはさほど興味を示しません。

来たるべき戦争は天然資源、水素、空気、そしてDNAを巡って戦われますが、当事者はこの3種族の間で行われるか、人類とこのうちの1種族、または全部との間で戦われるのではないかしら。』



 ◆質問『これがいわゆる、アブダクションの理由ですか?』



 ★回答『全部ではないです。卵子と精子のサンプルを採取した時はそうだけど。

さらに別のエイリアンや、もっと進化した種族がアブダクションすることもあります。あなた達が動物を研究するように、彼らも貴方達の体や精神を研究したがっています。

また、貴方達の体よりも、精神(心)に興味があるエイリアンもいます。



 ~すでに言いましたが、3つの種族は敵なのです。

それがどういう意味かというと、人間が生きるか死ぬかは、"意に介さない(人間の気持ちなど気にしない)"からです。そして誘拐された人々は、ほとんど生きて帰っていません。



 もし誰かがアブダクションされたと報告できるとしたら、私の考えでは『攻撃的な種族のどれかに遭遇したわけではない』ということです。

そうでなければ、よほどの幸運で生きているかです。進化している友好的な種族が卵子や精子のサンプルを採取することがあっても、それは別の目的です。』



 ◆質問『あなたは、地球で活動しているのは【14種族】だけだとおっしゃいました。

ではなぜ、エイリアンを見た人達が描く姿に、こんなに多くの違いがあって、しかも奇妙なのでしょう?』



 ★回答『その質問には、もう答えていると思いますよ。

すでに言ったように、ほとんどのエイリアン種族は、人類よりも、さらに我々よりも、精神の能力が進化しています。そういう能力を完全に持っていない種族は、たった1種族だけです。

彼らは、あなたの意識と記憶の中には、思いのままの姿で現れることができます。そして、導入されたこのイメージは、彼らの本当の姿とは関係がないのです。



 ~人間は彼らのことを、『普通の人間』または『灰色の小人』、極端な場合だと『奇妙な動物』として記憶します。

なぜなら彼らが『そういう風に記憶してほしい』、または『会ったことをすべて忘れてほしい』からです。




 ~では、もう1つ例えを。

たとえば。あなたが普通の病院にいた記憶があって、何人かのドクターが貴方を診察していたとしましょう。


しかし後になって、病院があったと思っていた場所に、『実は病院など無かった』と気付くまで、貴方は自分に何が起きていたか気にしていなかったとしましょう。

このとき貴方は本当は、エイリアンの研究所のどこかで検査をされていたのです。こんなケースでは人間は、自分の意識[記憶]を頼りに出来ないのです。



 ~彼らは、あなた達の前では違う形で現れ、混乱させます。そして、起きたことを思い出せる証言者を、社会の中で異端者にするのです。我々が把握している範囲では、彼らは上手くやっています。

『この惑星にはたった14種族のエイリアンしかいない』のは確かな話です。そして今のところ、人間を誘拐しているのはその中のたった8種族だけです。これも『我々が把握している範囲では』ですが。

さらに話しておきましょう、“アブダクティー”なる人の話で、皆が皆ではないですが、報告に出てくるエイリアンが、明らかにただの空想や詐話の場合があります。』



 ◆質問『そういった我々の心への作用に、対抗して身を守るにはどうすればいいですか?』



 ★回答『知りません。分かりませんし、できるとも思いません。

…というのも貴方達の心は、私が知っているほとんど全ての種族に対しては、まるで開かれた本のように読み書きができます。それはある意味、エロヒムに罪があります。



 ~なぜなら、ある程度意図して、あなた達の心と自我を、しっかりした防御機能がない形で作り上げてしまったのですから。

もし誰かが、貴方の心を操縦しようとしていることに気付いたら、その意図に対して意識を集中することしかできません。そして、知恵と知識を総動員して、思いを巡らせてみる。




 ~重要なことは、"目を瞑らない"こと。

目を瞑ると、よりアクセスし易い別の脳波に変化します。そして、休む為に座ったり、横になったりしない事です。最初の数分間を持ちこたえたら、脳の中から異なった思念や脳波を取り除く事ができるかもしれません。



 ~コントロールする者は、上手くいかなければ自らの脳を傷めるので、数分で諦めるでしょう。とても難しいし、きっと苦痛を伴い、あなたを障害するかもしれません。

ですから、争わないほうがいいでしょう。しかしやるとしたら、これが貴方ができる唯一の方法です。でも、できても弱めな種族の場合だけですよ。相手が強いととてもできません。』



 ◆質問『“1つの種族は、遥かに異なったプレーン(銀河?次元?)から来ている”とはどういう意味ですか?』



 ★回答『私が、それを貴方に正確に説明できるその前に、貴方がこの宇宙を理解できることが必要です。

たとえ何週間もかけて、言葉と言葉以外の方法でも教えても、先入観を取り除いてみても、無駄になりそうです。


 ~私が“プレーン”とか“レベル”という人間の言葉を選んでいるのは、人間の語彙の中に、他に良さそうな言葉が無いからです。ちなみに“次元”のいう言葉はこの場合全く不適当です。

なぜならプレーンなくして、次元は存在しえないからです。もう一つの“バブル”という言葉についてさえ不適当ではあります。




 ~もし貴方がプレーンを超えて、または他のプレーンで生きている種族だとしたら、さらに、もし工学的な方法に頼らずに複数のプレーンに入り込めるとしたら、貴方の体は貴方が知っているような物質ではできていません。

そして貴方は、考えられる最強の存在ということになります。先ほど触れたこの大変進化した種は、この外側で発生し、事実、数十億年かけて進化してきたのです。

彼らは、念じるだけで人類も我々も、そして全ての物を破壊できるでしょう。彼らは、人類や我々にとって決して危険ではありません。』



 ◆質問『戦争が始まったら、何が起きるでしょうか?』



 ★回答『難しい質問です。敵となる種族に依るし、彼らの戦法によります。

あなた達が【人類が戦争】という言葉で思い浮かべるような、原始的な事とは限りません。いろんなやり方があります。


1つの可能性は、政治的な指導者に対する操縦によって、社会システムを破壊することがあり得ます。

もう1つは高等な武器システムを使って地震や火山の噴火、気象災害さえ引き起こすこと。できますし、人類には自然災害に見えます。



 ~私が少し前に触れた【銅核融合】による広い影響範囲は、地球規模の気象に影響を与える可能性があります。

私が思うに、人類の社会構造が弱まらないうちは、この惑星を直接攻撃することはないでしょう。

なぜなら、彼らの乗り物を多くではなくても、人類が破壊できる能力を持ってさえすれば。…この話題は、これ以上続けたくありません。』



 ◆質問『これでインタビューを終わりにしますが、最後に伝えたいことがありますか?』



 ★回答『目を開けて見て下さい。人類の間違った歴史、科学者、政治家のみを信じないで下さい。

彼らの中には、いろんな事について本当のことを知っている人もいます。しかし、混乱を避けるために公表しません。


 私は、爬虫類人の中で一部に言われているほど、人類は悪くないと思っています。ですから、人類の終わりを傍観するとしたら、私は悲しいのです。私が言えることは、これが全てです。

目を開けて、世界を進んでください。そうすれば開けます。そうしなければ明日は無い。それは、人類には知らされていません。』




 ◆質問『このインタビューを信じてくれる人がいると思いますか?』



 ★回答『思いません。でも、私の社会勉強としては、意味のある経験です。私たちは数ヶ月のうちに、また会いましょう。

その時に、私のメッセージを公表した後で、何が起きたかを教えてください。~人類に希望がありますように。』


 ~【ラケルタ・ファイル[Lacerta File]◆Chris Pfellerによる英訳から~ 2017年日本語訳】終了。


  
 ▼━━━【最後にWIN補足】━━━▼

 どこのサイトで見たか忘れましたが、あのキリスト教の総本山であるバチカン市国。そのトップに立った歴代の教皇たち。

過去には、人類の終末予言に関する書物を読んで即倒した教皇がいて、『これらはいっさい、世に出してはならない!』と言ったとか。

そしてこの地球には、宇宙の別の惑星から来た異星人や、地球の地底に住む異星人などもいて、すべて存じている(知っている)との話もありました。



 ~そして現アメリカ大統領であるトランプ氏が宇宙軍を設立した背景には、来たるべき異星人との戦争の為であるとか。

その宇宙軍設立の意思を知ったバチカン教皇は、トランプ氏に対して警告を発したとも載っていました。



 ~私が1番初めに、このラケルタ・ファイルのことを知ったサイト様『ノル都市ブログ#39『宇宙人・レプティリアンについて[前編]』[シンガーソングライターNorway(ノルウェー)が紹介する初心者の方にオススメ、都市伝説ブログ]』では、

このリンクページの下部に『キリスト教の総本山、バチカン市国内のカトリック教会では、法皇の後ろに堂々とレプティリアン像が掲げられています。』~っと、以下の写真と共に記載がありますが、



 私が調べたところでは、この像はレプティリアン像ではなく、キリストを表した像のようです。

ただ、このバチカン市国のパウロ6世ホール自体が不気味な建物でして、以下のサイト様『バチカン市国【パウロ6世ホール】の不気味な秘密[不思議探索サイト パラレルわぁるど]』に、10枚ほどの写真と説明が載っています。


 ~この【パウロ6世ホール】のアチコチから窺い知ることができるヘビ。

これが爬虫類のレプティリアン種族を表していて、人類創造の裏にある真実をバチカンが知っていて、『地球の人類誕生の裏には、異星人であるレプティリアン種族が強く関わっていること』を示しているのか、

または『現在の人類と動物や生物すべてを含めた~この地球を支配しているのは、レプティリアン種族だ』っと言いたいのか、もしくは歴代教皇すべてがレプティリアンなのか~までは、さすがに分かりません。



 ~いちおう、こちらのサイト様『それを全部言ってくれ、でなければ何なのか。これは一九七一年に完成したバチカンのパウロ六世オーディエンスホールにあるペリクレ・ファッツィーニによるLa Resurrezione『復活』と呼ばれている[David Icke in Japan]』の写真と説明も。

そして、以下のスペインのサイトでは、キリスト教の福音書にある文章と共に、この大きな彫刻の写真が載っています。Google翻訳で表示させたページのリンクを張っておきますね。

↓※クリックで拡大画像が見れます!
バチカン市国【パウロ6世ホール】


◆Google翻訳で表示させてください↓「あなたが最も考えない時間に、人の子が来るでしょう」
 ┗『A la hora que menos lo piensen, vendrá el Hijo del hombre'をGoogle翻訳で表示「あなたが最も考えない時間に、人の子が来るでしょう」)



 あと、どの記事だったか【シュメール文明】のことを記載しましたが、【シュメール神話】では、人類の創造主は【アヌンナキ】と呼ばれる神々の集団であるとか。

その遺跡から発掘された像が、まんまトカゲで、これはやはり、レプティリアン種族が人類創造、または文明発展に関わっているのかなと。


 ~古代シュメールの時代から人類を奴隷化?、もしくは動物園化?していたのが悪いレプティリアンで、まだ知恵も知識も無かった類人猿を宇宙に連れて行って、遺伝子操作でアセンション[次元上昇]みたいな事をしたのが、さっきのラケルタ・ファイルに記載されていたエイリアンの事かなと。

それが真実なら、私が別記事で言った、宇宙人が手を加えてアセンション[次元上昇]させて、人類や文明を発展させたと言う私の直感と仮説は当たっている事になりますね。



 さっきのラケルタ・ファイルでは、宇宙から地球に飛来した片方の種族はヒューマノイドで、プロキオンと呼んでいる星座にある惑星系から来たと。そして、もう片方の種族はレプタリアン種族との記載がありましたね。

以下のサイト様『シュメール文明における爬虫類、鳥類の宇宙人 | プレアデス星人の日記  宇宙人のことなら私に聞いてね(>ω・)ノ⌒☆(・3・)☆宇宙・歴史・陰謀論・その他の研究記録☆』では、それらの仮説も述べてます。

もちろん、どこまで真実なのか、どこまでが嘘なのかは、そんなの私には分かりませんが、実際に最も古い遺跡から発掘されたトカゲ像があるのは真実ですから、あながち全てが嘘だとは言い切れないと思います。



 このサイト様のさらに元のサイト様には、鳥類の宇宙人がドラゴニアン、白人種の宇宙人がプレアデス星人だとか。そのプレアデス星人は、途中で地球を支配するのを止め、地球を離れたと書かれています。

プレアデス星団】と言えば私、牡牛座の散開星団ですね。


 そう!わたし実は、プレアデス星人です!! 




  …シーン。



 ~冗談はさて置き、ラケルタ・ファイルでは、白人種のヒューマノイドは【プロキオン[こいぬ座α星]】と呼ばれる星座にある惑星系から来たと。

さっきの元サイト様では、白人種の宇宙人はプレアデス星人。やはり違っていますし、実証する方法なんて無いのだから、真実は分かりませんね。



 あの大人気番組『やりすぎ都市伝説』の関さんのコーナーで、【アヌンナキ】や【シュメール神話】のことが取り挙げられた影響なのかは知りませんが、これらの記事を載せているサイト様が多いこと多いこと。

たぶん、YOUTUBEとかTVerとかでも『やりすぎ都市伝説』のシュメールの回、見れると思います。皆さん、歴史ミステリーとか宇宙人とか古代文明とか好きなんですね。もちろん、私もですけど。

最後に、幾つかリンクを張っておきます。 

 ┏『超古代文明 人間の誕生からの文明をまとめる

 ┗『陰謀論の真実 ケムトレイルと新型ウィルスと闇側宇宙人の暗躍[宇宙の兄弟たちへ[@スピリチュアルブログ]


 ┏『レプティリアンは有名人の中にもいる?[未確認生物と世界の謎chahoo]

 ┗『シュメール人に創造主と呼ばれたアヌンナキとは?[オカルトオンライン]


 ┏『初期文明 アヌンナキ - Google 検索

 ┣『初期文明 アヌンナキ - Google 画像検索

 ┗『【要約】Lacerta-File.pdf
 
 ~いつの日か、すべての謎が解明される日が来ると良いですよね!



 …で、ラストで気づいたんだけど、翻訳者さんも、転載先のサイト様も、その会ったレプティリアンのことは『レケルタ』と記載してあるけど、ファイル名は『ラケルタ』なのね?

 『どうぞ私のことはレケルタと呼んでください。私が人類に混ざって話をしたりする時、通常使っている名前です。』って。


 ~『ラケルタ』と『レケルタ』って、英語だと同じなの?(;▼Д▼)

ラケルタって誰よ??インタビューしたオッサン??



 ※【P.S】このまえリンクを張った⇒『スクープ! 新宿にトンデモない巨大UFO出現! 識者3名が映像分析、コロナ後に向けた異星人メッセージか!?[TOCANA]

 ~これで思い出したのが、前に撮った【私のUFO動画】撮った時からず~っと思ってたんですが、映してるUFOの周りにも、一瞬光るのが幾つも映ってると思うんですよ。分かりずらいけど。

  ┗『(;☆Щ☆)またまたUFOの動画撮影に成功!!』 ~で、何が言いたいかと言うと、私が映したこのUFOの上に、じつは超巨大母艦がいるんじゃないか?って事です。

 この2つの動画には映ってないけど、同じようなUFOが、離れた位置に2つも3つも浮いて動いているのを今までに何度も見てるんです。すなわち、想像を遥かに超えた超巨大母艦が、カモフラージュしながら人間を監視してるんじゃないのかなぁって。



 …ふう。徹夜を含め、この記事を完成させるまで約12時間とか…

手間掛け過ぎでしょ…Orz レケルタに会わせてくり…

!!うおっ!!ファイル2もあるやん!!もう疲れたよママン…(;▼▼)


関連記事

★( ´∀`)つこの記事へのコメントお願いしまぁ~す♪必ず返信しますよ★

 (※当ブログは通常の右クリックではコピペできないようにしてありますので、コメント記入の際には、まずメモ帳などに文章を作ってからコピーした後、【Ctrl + V】または【SHIFT+INS(insert)】でコメント欄に貼り付けしてくださいネ)

トラックバック

URL :

ちゅんちゅん可愛いよ(★Д★)

はじける笑顔、爽やかに香る髪…そして私は気絶した
[LIVE]JapaNews24

日本ニュース24時間配信
カテゴリースクロール
( ´∀`)つ愛愛愛)Д`)グシャ
▼和魂-月別アーカイブ▼
WINプロフ (=゚ω゚)ノよぅ

写真は美ヶ原高原美術館の野外にあるサモトラケのニケ【WINの原点の場所】すべてはここから始まった( ´∀`)つ

ワールドメイト会員25年目
[平成7年11月17日初救霊&入会]

数霊では【1】は始まり、【7】は変化を表すという

★誕生日:1971/4/25★
 (尾崎豊の死去、JR福知山線脱線事故、ネパール大地震、金正恩[脳死報道]

※ちなみに聖者サイババの死去は2011年4月24日)

A型 二黒土星 亥 牡牛座 177cm 8●kg(豚?) HSP[ハイリー・センシティブ・パーソン]

┠『姓名判断サイト「いい名前ねっと」でやってみた[2020/6/3]

┗『5人に1人が敏感な人⇒HSP[ハイリー・センシティブ・パーソン][2020/5/23]

 ★資格:普通自動車一種&二種、古物商、フォークリフト、薬寿師、世界一密教師、土偶神化伝(邪気邪霊や生霊や呪いを跳ね返せる神法)

 ★特技:数字シンクロニシティ[ユングが提唱した概念で"意味のある偶然の一致"の事]
┗『カール・グスタフ・ユング Wiki』『シンクロニシティ Wiki』『シンクロニシティ検索結果[TOCANA]

 ★これまた偶然にも4/25 乃木坂46 20thシングル発売『シンクロニシティ CD+DVD』(=゚ω゚)

 ★ちなみにTOKIO山口達也の不祥事が一斉に報道されたのも4/25である。

★私が【死にGO(4/25)】と言うように4/25はなぜか不吉な事柄が多く起きる

尾崎豊の死の真相は!?

【ATLASラジオ2nd 180 伝説のミュージシャン
尾崎豊の死の真相をリーディング?】

私の誕生日である4月25日
その日、カリスマの死去報道に日本全国が揺れた!!

どこまでも熱く歌い、『十代のカリスマ』と呼ばれた男の突然の壮絶死。

 ~夜中、尾崎の霊が私の枕元に立ってこう言った。

 『君が後を継ぐんだ』
尾崎の魂が私に乗り移った瞬間、私は気絶した…
 ┗【尾崎豊 Wiki
WINオススメ怖い話
【ATLASラジオ2nd 178 病院の怖い話~辞めた前院長の生霊が首を絞めに】

おかわり頂けただろうか…
和魂-推奨リンク
和魂-最新コメント 5件
グフフフ…おっとヨダレが

汗だくで絶頂へ向けて躍動する女体、匂うエロフェロモン…そして私は昇天した
最新記事30件スクロール
[NEW]人気記事30件[test]
人気記事ランキング
お薦めゲームサイト
妨害運転[あおり運転]厳罰化
深見東州最強セレクション
( ^ω^)よろしくだお
当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用複製販売を固く禁じマス[VIP]
copyright©ワールドメイト和魂⇒[お問い合わせ]
FC2総合インフォメーション】【FC2最新障害情報メンテナンス情報