ワールドメイトブログ ワールドメイト 和魂
★開設14年突破 WMファンブログ[ワールドメイト和魂(にぎみたま)]に訪問ありがとう★  NEW最新更新[1/12]『出口王仁三郎 霊界物語』☆スマホや タブレットでも PCモードでの閲覧を お薦めします☆記事にコメントくださった方々、ありがとうございます☆(=゚ω゚)ノ

【LIVEカメラ 渋谷スクランブル交差点】
【JapaNews24 日本ニュース24時間配信】

『天妙龍啓 (天川龍一)さんって凄そうですけど実は [7/9]』

 初見では、かなり霊能力や才能がありそうだなと驚かされたものですが、突き詰めていけば、後ろの正体も見えてくるものです。 『龍粋社 ちゃんねる - YouTube

【霊能修行はじめたきっかけ【天川編】 - YouTube】


 私が視た感じ、天妙さんは確かに、他の霊能者さんよりかは数段強い霊能力があると、全身から発するオーラの光り方を見ても、一目で分かりました。私が唯一、本物の神様が降りて来た時と同じような熱気を感じたのは、天妙さんの遠隔施術だけです。しかし…

 ~まず本文のまえに、記事中にでてくる専門用語というか、よく出てくる単語の読みかたを記載しておきます。

▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼

 正神界(せいしんかい)、神法(しんぽう)、神霊界(しんれいかい)、御神霊(ごしんれい)、御神気(ごしんき)、御神力(ごしんりき or ごしんりょく)、御神徳(ごしんとく)、体裁(ていさい)

御神域(ごしんいき)、御眷属(ごけんぞく)、御祭神(ごさいしん)、神罰(しんばつ)、神職(しんしょく)、神通力(じんつうりき)、発心(ほっしん)、慈悲慈愛(じひ じあい)、御魂(みたま)

審神(さにわ)、言霊(ことだま)、結界(けっかい)、成仏(じょうぶつ)、艱難辛苦(かんなん しんく)、悪因縁(あくいんねん)、業(ごう or カルマ)、劫(ごう)


 神人合一(しんじん ごういつ)、救霊(きゅうれい)、除霊(じょれい)、救霊師(きゅうれいし)、九頭龍師(くずりゅうし)、薬寿師(やくじゅし)、修験道(しゅげんどう)、行者(ぎょうじゃ)

天眼(てんがん)、霊障(れいしょう)、霊眼(れいがん)、霊視(れいし)、霊聴(れいちょう)、霊智霊格(れいち れいかく)、般若心経(はんにゃ しんぎょう)、摩(魔)訶不思議(まかふしぎ)


 敬称(けいしょう)、真髄(しんずい)、一厘(いちり)、邪気(じゃき)、邪霊(じゃれい)、中有(ちゅうゆう)、畜生道(ちくしょうどう)、阿闍梨(あじゃり)、山伏(やまぶし)、煩悩(ぼんのう)

憑依(ひょうい)、傲慢(ごうまん)、貶め(おとし め)、怠慢(たいまん)、驕り(おごり)、馴れ(なれ)、粛清(しゅくせい)、偏る(かたよる)

▲━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲


【ELYSION Dreamer】


 しかし、『霊能力を身につけるために、般若心経を唱えてください』とだけしか言わない点が、まず初めに引っかかりました。

ワールドメイトの救霊でも「般若心経」は聞きますが、そもそも般若心経とは、迷っていて成仏できない霊に対して『この世の執着を捨てて河(三途の川)を渡れ~』っとか、そんな意味があったと記憶しています。

また深見先生の書籍にも、『仏壇に向かって般若心経ばかり唱えていても、出て来るのは成仏していない先祖霊ばかりだから止めたほうがいい』と書いてありましたし、以下の橋本京明さんの動画でも、般若心経は危ないというのが分かります。


【心霊】高確率で霊が出る般若心経を使った降霊術でついに出た!?【橋本京明】【閲覧注意】


 天妙さんの過去の話では『他人の悪いものを感じる霊感や霊障があったので、お師匠さんに弟子入りして霊能力を身に付けるに至った』と話しておられました。そのお師匠さんと天妙さんの修行、流派や宗派ですが、私が察するには「修験道」です。

天妙さんを「審神」しても、高級神霊の高貴さや繊細さや真善美、無限に広がる霊智霊格、圧倒的な神通力から来る「歓喜感動」、他人様や霊に対する「愛と真心」「慈悲慈愛」など、正神界(善)に通じるものが多く欠けてますから、現実界に強いパワーを現す宗派で修行したのだろうと察しました。

しかも「密教」や「仏教」ならば、修験真言宗の阿闍梨である下ヨシ子さんや、住職である三木大雲さんのような「得度」もあるはずで、ならばお釈迦様や空海様や最澄様、不動明王や大日如来の話も出そうですが、天妙さんからは「密教の真言」や「仏教のお経」の話は出ません。



 また、天妙さんが「神道系」なら、「出口王仁三郎」「武内宿禰」「小泉太志命」などのカリスマ的な人物、霊界物語や大祓詞、審神や古神道、古事記や日本書紀などの話も出てくるはずで、天妙さんの口からはそれすら出てこないので、消去法から言っても「修験道」すなわち「行者、山伏」だろうなと。
 
ワールドメイトのお取次ぎのように「愛と真心」を極めて神様をお呼びして御神力を発揮してもらうのではなく、『ただ無心で般若心経を唱えてください』と断言していることに違和感を感じました。有名な薬師如来や不動明王や大元帥明王の真言など、たくさんあるはずですが。

まして正神界(善)の神様は、自ら偉そうに名乗ったり、力を誇示したり、強制したりは一切しませんから、霊能力を自慢したり、誇示する天妙さんには、「天狗」か「修験道の行者や山伏」や「稲荷」などが懸かっていそうです。



 また、天妙さんは「龍」という字を使っていますが、「龍」とは神様に最も近く、神様が「龍」に姿を変えているケースも多いです。熊野の神様の正体は青龍神、国常立大神の正体も龍体です。「龍」は富士山で例えると八合目にいて、そこそこ過去と未来が見渡せ、大局を見定める神通力もあります。

 ┗『2020★箱根~熊野~伊勢★超絶ノンストップ3神社参拝記!!


 ~「龍」が懸かれば天も駆けるほどの出世をしますが、ほとんどがそのパワーに振り回され、守護霊さえ吹き飛んでしまうほどです。そこまで神通力を持っている「龍」が、パワーだけを誇示する天妙さんに懸かっているとは、とても思えません。

 (「龍」懸かりとして私が知っているのは、田中角栄さんと 全盛期の堀江貴文さん)

『名は体を表す』と言いますが、さも凄そうな名前を誇示して崇めさせるのは、低俗で狡猾な稲荷がよくやる事です。天妙さんからは 正神界(善)の神様の御神力ではなく、人霊や動物霊の霊力を強く感じます。



 次に気になったのが、隣の観音さんの「動機」です。家族まで巻き添えにされた霊障が辛かったのは分かりますが、活動を始めた発心が「怒りや恨み」では駄目です。それでは成仏できない祟り霊や浮遊霊の冷たい気持ちと同じで、正神界(善)の御神霊は懸かりません。

私も霊障が酷かった高校2年の時、お寺のお坊さんに相談に行きましたが、1年経っても治らず 酷いままだったので、腹が立つのは私も同じです。しかしそれでも、『偽霊能者を潰す』とか『偽スピを潰して罰を与える』と言った傲慢はひどく、お2人の動機も間違っています。

また、天妙さんは『自分の霊能力を磨いて強くすれば、直感が強くなって危機回避能力が冴えてくる』っとおっしゃりますが、強くなる保証など無く、間違った考えで危ないだけです。それでは「守護霊団」の存在意義すら無くなってしまいます。



 天妙さんと観音さんが上手くいったからと言って、『誰でも必ず、リスクなく 100% 上手くいく』という確証すらありませんし、それだけで直感が強くなったり、危機回避能力が冴える保証もありません。~それが確かなら「般若心経」を唱えてる人はみんな、天妙さんのような霊能力が開花してないとおかしいはずです。

しかも、実際に生きて行くうえで大切なのは「現実的な努力」です。それがあるから一層、能力や才能を磨くことができるわけで、霊能力だけでは出世すら難しいでしょう。肝心なのは霊能力ではなく、現実生活や現実社会でどれだけ進歩向上できたか、どれだけ多くの人達に幸せを与えたか、です。

まして、直感や霊能力を驕り高ぶったところで、尊敬してくれる人など数えるほどしかいないでしょう。天妙さんがその霊能力を自慢するならば、深見先生のように社会的に立派な功績を 幾つも残していなければ、万人からも神様からも認められないのです。


【ELYSION Killing My Dreams】


 天妙さんのような我流の霊能力の怖いところは、間違った方向に進んでも、注意してくれる師匠がいないというのが危ないわけです。霊能力がひらけてくると、周りにその力を誇示したりと天狗になっていきます。~現に、天妙さん自身がそうです。

なので、学問と教養で自己を修めるのはもちろん、自分よりかなり上のレベルのお師匠さんがいなければ、いつかは自分が強烈な霊障にやられます。ですから、天妙さんが教えているやり方は、かなり危ない方法です。

深見先生の本を読めば分かりますが、神霊や霊能の世界とは、基本的な「審神」さえできない 一般人が、そんな 一筋縄で行けるような簡単な世界ではありません。~ですから、道を踏み外す宗教団体や霊能者が多いわけです。



 深見先生でも霊障や悪因縁を審神して救霊するだけでも大変な時がありますし、救霊師さんでも取り切れずに霊障にやられることがあります。それこそ映画「エクソシスト」や「死霊館」のような西洋の悪魔なら、なおさら大変です。

 (海外に行ったことのある人は、多かれ少なかれ 憑けて帰って来ている場合もあるので、海外に行った後 なんかおかしくなったと感じたならば、救霊を受けるべき)


 私が怖かった昔のように、強烈でしつこい霊障に毎日毎日、それこそ 20年以上も苦しめられた辛い体験でもない限り、霊障や霊能力を甘く考えている人達が多いはず。~天妙さんが勧める方法で簡単に霊能力が付いたら、誰もが霊能者です。

心霊スポットや事故物件、浮遊霊や個人の霊障すら無くなるはずでしょう。摩(魔)訶不思議な霊能力に惹かれて身につけようとすれば、その想いと同じくらい「魔(悪霊)」も寄って来ると考えて間違いないです。



 天妙さんの『偽霊能者に騙されないように、多くの人たちを救いたい』という想いや志を発信するのは、勇気があって素晴らしいとは思いますが、如何せん若さゆえか、衝動的に行動し過ぎたように見えます。

例えば、若い頃の私のように霊障が凄まじく酷い人が、毎日しつこく「般若心経」を唱えたせいで憑いている祟り霊や動物霊を怒らせ、気が狂って畜生のように四つん這いで飛び跳ねて奇声を発したりと、ますます酷い状況になることも考えられるわけです。


【お便り】コックリさんの復讐、台湾 鬼月に起きた事故 ATL3rd 282


 そんな被害者たちに恨まれてストーカーされ、天妙さんや観音さんが巻き込まれる犯罪事件になったら、二度と霊能者として仕事ができなくなるでしょう。不特定多数に向けて発信するということは、それと同じくらい「リスク」も考えなくてはいけません。



 そんな危ない霊能力を他人に勧めるより、『霊障にやられやすい人のための防御方法』『誰でもできる簡単な除霊方法』『運気を上げる結界の張り方』など、誰でも役に立つ方法を教えてくれたほうが、天妙さんの評判も上がって良いはずです。

どうしても、その報酬がお金になると、よほど芯からしっかりした意思や志、学問や教養を持っていなければ、もしくは注意してくれる師匠がいなければ、傲慢、過信、驕り、承認欲求、馴れ、怠慢、自己満足などに陥り、いつの間にか正しい道から逸れてしまうでしょう。

天妙さんも観音さんも、まだお若いですから失敗してもやり直せるでしょうが、世の中にはいろんな人がいますし、霊障も様々にあります。どこまで霊能力を求めるのかは自由ですが、じゅうぶんに気をつけて欲しいと思います。



 また、普段の私達の生活や人生をもっとも身近で護ってくださっているのが、リーダーの「守護霊」率いる「守護霊団」です。普段の悩み事ならば守護霊様や神社の神様に申せば良いことで、わざわざ危険な霊能力を 身に付ける必要はありません。

心配や不安ならば守護霊様だったり、または神社へ行って、『神様、守護霊様、どうかどうか、絶大なる御神力で私を護って頂き、その広がりゆく御神徳で、私を救って頂けますように~』と真剣に祈るのが、人間としての誠です。

他人様まで巻き込んでしまう危ない霊能力に頼らずとも、全智全能の神様に護ってもらったほうが安心です。霊能力だけで人生が楽になるのなら、苦労する人など いなくなるはずです。

 ┗『【御成敗[貞永]式目】神は人の敬によりて威を増し、人は神の徳によりて運を添ふ(う)


【Evanescence - Going Under (Official Music Video)】


 ではここから、天妙龍啓さんの本『霊能者、占い師、スピリチュアル能力者に頼るな! 霊能者天妙龍啓による、自身の力で開運し、人生を好転させる為の手引き』のレビューを含め、さらに詳細に述べていきます。

もし、わたしの至らない文章や表現の仕方で、お気を悪くしてしまったら申し訳ございません。あらかじめ、先に謝っておきます。それもすべて、私には子供の頃から 20年以上も苦しめられた霊障体験があって心配だからなのと、

ワールドメイト会員として実際に、圧倒的な奇跡や神なるものを体験して来たから言えるのです。私自身が神様の奇跡で救われて生きて来れたのですから、正しいことを伝えるのは善意です。~そこまで察して頂けたら幸いです。

深見先生

 まず本の冒頭「神社においての注意事項」ですが、『神社は神様がいる神聖な御神域ですから、無礼は控えて礼節を正しましょう』『ゴミは捨ててはイケない』など、誰もが知っているような当然のことばかりでした。

また、天妙さんの神様が『写真撮影は控えろ』と言っていた記述がありましたが、これは私的に「ケースバイケース」です。他人様が本殿で正式参拝をしている様子や、正式参拝ながら自撮りでパシャパシャ撮る人などいないでしょうし、

私が行った熊野本宮大社のように、神殿内(↓下の写真のお姉さんが立ってる敷地ぜんぶ)は【写真撮影禁止】の神社もあります。要は、その『神社のルールを重んじるのが正しい』はずです。

熊野本宮大社

 普通の人に神仏は視えませんから、天妙さんの神様が『写真撮影は控えろ』と言ったとしても、私達にそれは伝わりません。しかも子供なんて、大人ほど知識も無いのですから、その境界線を仕切るのが、その神社の規則(ルール)でしょう。

思い出に残る素晴らしい写真を撮れる時期やタイミングも含め、紅葉や雪景色に染まった美しい神社 仏閣を撮るのに反対する神様などいませんし、美しい自然や神々しい場所にも、神様はいらっしゃいます。

日本の美しい神社 仏閣の歴史文化や、日本の四季や素晴らしい景観を愛して写真や動画に残すというのも、後世に伝える素晴らしい行いで神様も喜ばれます。神社ごとのルールをきちんと守れば、神様は罰なんて与えません。



 また、私が 20年以上も通って来た「三峯神社」にも、『写真撮影は禁止』との注意書きはありません。子供から若者から高齢者まで、皆さん"外から"本殿も含めて、記念に撮影しています。

遠くからわざわざ参拝に来て、記念撮影していたり、来れない家族に見せるために写真や動画を撮っていたり、恋人同士や夫婦、友達同士でわざわざ参拝に来て撮影している人達など、当たり前に大勢います。

三峯神社の禁止事項』を見てもらえば分かりますが、『商用利用目的や営利目的での写真撮影や映像撮影は禁止』ですが、それ以外の撮影の制限はありません。しかも、『写真・動画は思い出と共に大切な財産』とまでおっしゃってくれています。



 ~他人様に配慮したうえで、感謝の気持ちを持っての撮影なら、「愛」第一のおおらかで優しい神社の神様は許してくれます。その程度で厳しくされたら、神社に関する冊子や本さえ出版できず、

私でさえアチコチの神社で神罰くらっているはずです。~もしそれが罪や穢れになるのなら、それを祓うのが「大祓詞」でもあるわけです。『身の過ちは宣り直し~』って。

  ┗『神社の写真をとってバチが当たったような気がします。帰り道に蜘蛛の... - Yahoo!知恵袋



 どこの神社仏閣でもそんなに厳しかったら、TVの撮影さえ駄目になるはずでしょう。昨日も諏訪大社に芸能人が参拝している番組がやってましたし、このまえも八王子の高幡不動で タレントの徳光さんと田中律子さんとプロレスラーの真壁さんが、護摩祈願やっているのをTVカメラで撮影していました。

また、あの「伊勢神宮」内宮では、「正宮」前の階段を1歩でも上がったら撮影禁止ですが、それ以外なら皆さん、写真や動画を撮りまくっているではありませんか。記念に撮影して残そうと誰も思わなくなるほど廃退したら、それこそ日本は終わりです。

撮影だけで罰が当たったら、誰も神社仏閣に行かなくなってしまいます。しかも毎年、大晦日から初詣だけでも数百万人という人々が初詣に行って、写真や動画を撮っております。~その事実ですら、天妙さんも御存知のはずです。


 ↓ほら、ちゃんと本殿も映っているでしょう。
【オカルト】前田日明さんとパワースポット巡り前編・北口本宮冨士浅間神社


 天妙さんの神様がそうでも、すべての神様が同じだ決めつけるのは間違っています。もし天妙さんの言うことが絶対に正しいのなら、神社で撮影している皆さんに「神罰」が当たっていることになってしまいます。

ここで閃いたのですが、天妙さんへ『写真撮影は控えろ』と言った存在そのものが、 『撮られるのを嫌がっているだけなのでは?』っと。霊視ができる人ならば、写真や動画でも神仏や悪霊などが写っているのが視えるそうですから、

視える人に存在をバラされたくないが為に、すなわち、『正体を見破られるのを恐れている』からこそ、その神か魔か分からない存在が、『写真撮影は控えろ』と強制したのだろうってことです。



 しかも天妙さんは『お正月は神様も忙しくて、神社にはいません』とまで言っておられます。~神社仏閣の神職や僧侶の方々はもちろん、初詣なさっている人達が聞いたら、それこそ大炎上する発言でしょう。

天妙さんが行った場所がそうでも、全国のすべての神社仏閣が同じだと決めつけるのは大間違いと言うもの。「霊能者」と称しているわりには、神様が自由自在に扱える【分魂】さえ御存知なく、神霊界の真実さえ知らないとは驚きです。

実際は、人間がめでたいお正月は、神様も喜んでいるのできちんと降りて来られています。それでこそ「愛」の権化であられる正神界(善)の神様であられ、弥勒の世を創る神様の大愛と大御心。~天妙さんには視えていないだけです。

 ┗『【御成敗[貞永]式目】神は人の敬によりて威を増し、人は神の徳によりて運を添ふ(う)



 普段は 居心地の良い神霊界でお仕事なさっている御祭神が多く、その為に御眷属が神社を護っています。そして、わざわざ参拝に来た人達には分魂を出して守護したり、御眷属に命令して護らせたり、直々に御神徳を授けたりしています。

天妙さんの仰っている事が "すべて間違い" だとは言い切りませんが、そこまで人間に対して強制や干渉をしてくるのは、正神界(善)の神様だとは考えにくいです。

審神的に視ても、正神界(善)からはズレた稲荷や天狗、動物霊や人霊の行者のような言い方 (強制)としか思えません。その最も確証たる論拠が、天妙さんが言ってた『神様からの強制』です。 



 天妙さんの過去の動画に、何かをしたら『霊能力を取り上げられた』とおっしゃっていた動画がありましたが、正神界(善)の神様は、人間に対してそのような「強制」は 一切なさらず、必要以上に「干渉」もしないからです。

守護霊も神様も 人間の自由意思を最も尊重し、現実の親のように、多くの事柄の中で様々な経験をさせて、「御魂 (みたま)」を磨いて成長できるように導いてくださっています。それでこそ、私たちをお創りになった親神様の愛情です。


 ~現実の眼から視えない存在から『あれはだめ、これもだめ』など、しょっちゅう強制や干渉されていたら、まともな生活や「御魂磨き」さえできなくなり、人間として生きている存在意義すら無くなってしまいます。

不自然なことを『おかしい』と気づけない天妙さんのほうが、すでに おかしくなっているのです。~正確には『思わされている』ですが。なので言うこと成すこと、正道からズレて 不自然に偏っているわけです。


【Elysion - Bleeding】


 では心霊スポットはどうでしょう?昔から、怖いモノ見たさで大勢の人達が心霊スポットに行って写真や動画を撮ってますし、現在でも多くの「心霊 YouTuber」さん達が突撃してます。

どんな人でも、どこで死んでも、誰もが浮遊霊になってしまう可能性だってあるわけで、たとえ事件事故などがあった結果、その場所が「心霊スポット」として有名になってしまったとしても、

遺族や親しかった人達にとっては「大切な人を亡くした場所」にはかわりなく、『たとえ幽霊でも、また会いたい』っと思うのが人情や愛情でしょう? ~ならば、なぜ天妙さんは「心霊スポット」に行って除霊なさらないのでしょうか?



 私から見たら、写真撮影で神罰などと神様を語るなら、死者に対しても語ってもらいたいものです。それこそ神様の数より、死者の数のほうが圧倒的に多いわけですから。

いえね、訪れた人が本当に心の底から、『早く成仏できますように…』っと「愛と真心」や人情を持ち合わせていて、帰りにお線香でもあげて手を合わせるならともかく、遊び半分で行って写真や動画を撮っている人達がほとんどでしょう。

そもそも、亡くなった人(霊)へ申し訳ない気持ちが少しでもあったら、心霊スポットになど好んで行かないわけです。通勤帰路などで仕方なく通るなら、やむをえないですが。~遊び半分で心霊スポットに行く人達のほうが、よっぽどタチが悪いはずです。


【【江原啓之】こたえてちょーだい:続く怪奇現象、真実解明!】


 ちなみに、私が小学2年でやったコックリさんによる霊障と、小学生にあがる前から始った恐ろしい霊障は別のものです。初めに始った霊障は、私自身の前世や家系の悪因縁による祟り霊からの霊障や、成仏できていなかった先祖霊による霊障などが、様々に複合していた感じ。

小学2年でコックリさんをやったら、小3~中~高校1年の終わり頃まで激しいイジメで、小~中の卒業式も欠席です。高校2年は気が合わない同級生から頻繁に嫌がらせがあったけど、イジメに比べたらマシだったなと。

なので、7~8年くらいイジメと 恐ろしい霊障が重なっていて、霊障は25歳の初救霊まで 20年以上苦しめられました。そのコックリさんを 一緒にやった友達に 高校の時に再会したら (別々の高校だけど、家は近所)、やっぱり狐眼の怖い顔になっておりました。



 それで、私がやられた稲荷(狐霊)は、私の御魂(みたま)そのものを乗っ取って、すべての霊障さえ、まとめていたような感じです。上手く説明できないけど、人間から だんだん狐化して行くような感じだったなぁと。

過去記事に詳しく述べていますが、小学生にあがる前から始った恐ろしい霊障の始まりは、母方のお祖母ちゃんちのお風呂場。眼に視えない得体の知れない存在に、背後から妙に"せかされるような"悪寒と、ずぅ~と見られているような怖い感じから。


 ~小学や中学の頃、家のお風呂に入ってても、その視えない怖い存在から『早くしろ~ 早くしろ~』って"せかされるような"、私の霊体とか御魂まで揺り動かされるような、憑依されるような、そんな怖い感じが続いてました。

毎日 頻繁な金縛りに襲われて、金縛り中は鐘太鼓の大音量と赤ちゃんの大泣絶叫。あれこそ【霊聴】だったんだなと。それと同時に毎日悪夢と、それはもう怖くて怖くて、今でもすべて鮮明に覚えています。これぞ【潜在的トラウマ】ってやつてす。



 高校2年でお寺のお坊さんに相談に行った時、毎月1万円で先祖供養してあげると言われた その方法は、よくお墓にある板状の棒(卒塔婆)に名前を書き、たしか1日3回(朝昼晩)、1年間お経を唱えてくれると言うものでした。

今なら分かりますけど、もちろんそれだけで、苦しんでいたり 恨んでいる霊が救われるわけないのですから、霊障が止まなかったのは当然です。その霊自身が納得して改心しなければ、正しい修行ができる「中有霊界」以上へ上がれないわけですから。

地獄界も何層にもなっていて、下のほうにいるほど犯した罪が重かったわけで、それだけ「中有霊界」へ上がるには時間が必要になり、子孫が気付いてくれなければ先祖供養もしてもらえず、何百年もず~っと苦しんでいるわけです。



 他にも、私の前世や、私の先祖が たくさんの人殺しや惨いことをやっていれば、その人達が死ぬ時には、やった私や先祖に対して、強い怨みを持っているわけです。これが、前世や家系に由来する悪因縁となります。

心はそのまま霊界を映しますから、そんな怨みの冷たい気持ちを持っていたら、まともな「中有霊界」にさえ上がれず、やっぱり地獄へ落ちてしまう。~もちろん、やった私も先祖も、そんな悪い事をしていたら地獄行きです。

 (自殺もそのまま地獄行きです。自分の命を殺したのですから、人殺しと同じ。たしか深見先生の話では、30年くらい地獄にいくとか。しかし 地獄の30年とは、この現実世界で例えると 300年に感じるほど長いらしいです)


 ~それで相手は『おまえや子孫が転生したら、同じ苦しみ味わせてやるぞ…末代まで呪ってやろうぞ』と計画しながら、ずぅ~と何百年も地獄で怨み続けているわけです。

 (でも実は、その霊自身が前世で他人に悪いことをしたからこそ、自分に応報が返って来ているのです。その光景を救霊中に視せることによって因果の法則を悟り、そこで初めて納得してくれるわけです)



 これが「祟り霊」というやつです。それで、私が物心つく年齢になったとき、『クククク… この時を何百年も待っていた… おまえが死ぬまで 同じ苦しみを与えてやろうぞ』っとね。〜これぞ因果応報です。

あまりに幼過ぎる 2~3歳とかでは 苦しみも辛さも分からないから、小学生になるくらいまで計画的に待っていたわけですね。…ほんと御苦労様です (;▼▼)グフッ


 ~この「祟り霊」は、どなたにも、どの家系にも、大小あります。これが悪因縁の元凶となっているケースが多いですから、どなたでも1回は救霊を受けて、背後を綺麗にしておく必要があるのです。

 (ですから事件事故で殺されたり亡くなったりして、応報を味わうのです。神が定めた因果と天地の法則は絶対なのです。ただし、刧払いや徳積みをすることで抹消できたりします。)



 深見先生の審神では、地獄でそうやって何百年も怨み続けている霊は、妖怪化してしまうのも多いのだとか。たしか 一番酷いのは、女郎や遊女として売られたあげく、無残に殺された女霊だと、深見先生の本に書いてあった記憶があります。

頭に角が生えた蛇の姿になっていたり、何体も合体して巨大な大蛇になっていたりと、とても酷い姿らしいです。そういう蛇に妖怪化した祟り霊が救霊中に出て来ると、部屋中に生臭い においが立ち込めて 吐き気まで起こるとか。

武士の祟り霊は 怨むパワーは強いのだけれど、改心するのは早いらしいです。生前から『侍魂』とか『武士道』が磨かれているから潔さがあって、正しい因果の法則を説いてあげると、分かってくれるのも早いと仰っていました。


【初音ミク】天津祝詞-Song of The Amatsu Norito-】


 ワールドメイトの救霊とは、念力や霊力で祓うような荒い無慈悲なものではなく、「愛と真心」を極めた救霊師さんが、降りて来られた御神霊と一体になって、霊界法則や因果の法則を優しく、温かく説いてあげる『言霊救霊』という素晴らしいものです。

ワールドメイトの救霊師さんの苦労ときたら、もう言葉では言い表せません。相手が怒りまくっている祟り霊や妖怪化している恐ろしい悪霊だろうと、怖い形相をしている浮遊霊だろうと、


 地獄の底に落ちてボロボロの姿をしている先祖霊だろうと、それらすべてに「愛と真心」に徹しなければ、救ってくれる神様は懸かってくれず、御神力を発揮してくれないからです。

しかも祟り霊にしてみれば せっかく復讐しているのに、それを邪魔してくる救霊師さんには、もう仇のごとく凄まじい形相で襲って来るわけです。その怨みと怒りさえ解消してあげねばならないので、余計に大変なのです。

 ┗『ワールドメイトのお祈りと瞑想の違い、お取次ぎと霊能力の違い [3/15]



 そうやって救ってくださる正神界(善)の神様、不動明王だったり、薬師如来だったり、大元帥明王だったり、観世音菩薩だったり、大日如来だったりのお取次ぎをするのが救霊師さんです。神様にも得意分野がありますから、その時の状況や救う霊によって神様も変わるわけです。

神様と一体となって霊の言い分や気持ちを理解してあげたうえで、正しいことを説いて霊自身が納得して改心したら、初めてそこで 神様が傷ついた霊体を治してくれて、衣服を綺麗にしてあげ、食事を与え、そして霊界へ送ってあげるというもの。ですから祓う「除霊」ではなく、救ってあげる『救霊』と言うのです。

 (基本救霊では、祟り霊、先祖霊、浮遊霊、動物霊などを含め、その時点で神様に許された分は、すべて救って頂けます。他にも生霊や井戸霊や木霊などもあります)



 浮遊霊や地縛霊、彷徨っている先祖霊にしても、理由があるから成仏できないのですから、巷の霊能者が気合いや念力で祓っただけで、救われるわけがないのです。霊にしてみたら、やっかいだから 一時的に逃げるだけで、すぐまた戻って来ます。

霊だって、もとは私たちと同じに生きていて、感情があった人間なのですから、それらの成仏できない霊達が持っている、冷たく暗い心を溶かして温めてあげられるのは、正神界(善)の御神霊と私達が持つ「愛」なのです。

私達だって死んだ時、そういう霊と同じ立場、同じ境遇だったら、そこまでしてくれたら涙が流れるほど嬉しいはずです。金色に眩しく光輝き、温かくて優しい神様が目の前にいて 愛と慈悲で包んでくれたら、どんなに長く地獄で恨んでいたとしても、怨みなど晴れるわけです。これが歓喜感動というもの。



 そうして霊自身が納得して改心して、温かい気持ちを持たないと 上には上がれず、まともな霊界へは行けないわけです。~空気、冷暖房と同じです。温かい空気は上へ昇り、冷たい空気は下へ落ちる。

すなわち、どんな死に方をしようと怨み後悔、執着など持たずに潔く納得して、温かい気持ちを持つだけで、すぐにそれなりの中有霊界へ上がれて、先に亡くなっている親族や先祖と一緒に修行ができるということです。


 ~ただし、死後は必ず、閻魔大王の裁きの天秤にかけられて、罪や刧、他人様に犯した悪い事もすべて裁かれますから、やはり生前の行いは正しくして、徳分を積んでおく必要があるのですよ。まずは ここを通過しないと、霊界での行き先は決まりません。~ちなみに閻魔大王の正体は、●●の神様です。

こういう正しい霊界事情や霊界法則、天地の法則や因果の法則を知っておかなければ、死後に迷ってしまうわけです。でも私達は 深見先生からすべて正しく教わっていますから、死後も迷わずにすみ、御先祖さまも霊界で悟れたわけです。



 そんなわけで、父方や母方の祖父母や親戚、両親からも霊障の話など聞いた事もなく、長男である私だけ苦しめられたわけです。どれだけ前世や家系の行いが悪かったのか、死んだら神様か守護霊さまに聞いてみたいと思います!(;▼▼) ナンデオレダケ

それだけ 神様や霊の世界とは奥が深く、そんな簡単に数年で極められる世界ではないということです。そもそも生きていたら普通は、神様の世界や霊界も見れないわけですからね。~深見先生は神様と「神人合一」しているから分かるわけです。

親や親戚や友達にも相談できずに 20年以上。本当に恐かった霊障でしたけど、それもすべて ワールドメイトの初救霊1発ですべて消えたのですから、それこそ驚くべき奇跡だったわけです。過去記事に詳しく述べていますので、そちらで読んでください。


BAND-MAID / Daydreaming


 私たちワールドメイト会員の「お取次ぎ」や「お祈り」でも、神様に対して「感謝」を持って、「愛と真心」で人の幸せを祈らないと、本物の正神界(善)の神様は降りて来てくれません。すなわち「愛と真心」こそが、神様を動かす「真髄 (一厘)」です。

まず初めに神様に対しての感謝があり、次に『人々が本当に幸せになれますように~』という「愛と真心」を極めて初めて、神様が降りて来てくださり、その神様が御神力でやってくれるものです。

ワールドメイトでお取次ぎしておられる方々って、普段の気持ちや生き様まで「愛と真心」が極まっている、まるで神様のような素晴らしい方々ですから、それくらい徹底していなければ、正神界(善)の神様を呼んでも、一体になれないのです。



 『神様のお役に立って、迷える霊を救う』という強い使命感や志、すべての霊達への『愛』が中途半端だったら、とても救霊師など務まりません。最後は必ず「愛」で帰一するのが本物です。

私も 今までたくさん、深見先生やワールドメイトのことを記事にしましたが、文章だけの私など、救霊師さんや九頭龍師さん、そして支部で御奉仕している会員さんの足元にも及ばないのです。

人間の霊能パワーは限界もあって万能ではないですが、本物の神様は全智全能で不可能はありません。その正神界(善)の神様の「御神力」をお取次ぎをするのが、私たちワールドメイト会員です。
 


 そこまで深く神様の大御心を理解できたら、天妙さんだけではなく、『チャネリング』『ハイヤーセルフ』『アセンション』『波動』だの言ってる霊能者やスピリチュアリストのレベルが分かるはずでしょう。~「審神」以前の問題です。

『神様のお役に立たせて頂く』『人や日本や世界を救う』という感謝と誠、愛と真心と慈悲慈愛、志と義から立つ不動の信仰心の神柱にこそ、御神霊が降りられて御神力を発揮なさるのです。正神界(善)の神様と同じ大御心になるからこそ、なのですよ。

深見先生の本にこそ神霊界の真実が書いてありますから、深見先生の本を読んだだけでも、イカサマ霊能者や偽者スピリチュアリストは瞬時に見破れます。正しい神霊界の知識こそが、自分を護る「破邪の神剣」となるのを覚えておいてください。



 他にも天妙さんで気になったのが、偽霊能者を見分ける方法が『●●神社(様)とか、●●明王(様)とか、●●如来(様)とか、(様)という敬称を付けるか、付けないかで判断する』という部分です。

これも 根拠が無さ過ぎるでしょう。それは、その人の捉え方や呼び方の問題であって、偽者を区別する絶対的な判断基準とか、呼ぶ人の良し悪しには繋がらないはずです。他人様に対して、失礼すぎるでしょう。

本物の霊能者でも敬称を付けない人もいるでしょうし、田舎や年齢がいっている人ほど「敬称」を付ける傾向もあるでしょう。それだけでは霊能者の絶対的な判断基準にはなりません。~それは「偏見」というものです。


【江原啓之さんが直接説明する神社での祈り方 パワースポット 天照大御神 現金回帰】


 神職や僧侶の方々でも、それだけで他人様や霊能者の善悪を決めつけないはずです。まして、お世話になってる産土神社だったら、親しみ込めて『産土さん』とだけ呼ぶ人もおりますし、私のように「三峯神社」としか言わない人もたくさんいるはずです。

『敬称を付ける、付けない』で決めつける自体、天妙さんの他人に対する偏見であり、それは間違っています。その程度で偽霊能者が判別できるなら、騙される被害者なんていなくなるはずです。ちょっと『おかしい』とか『偏ってる』とか、天妙さん御自身で気づかれていないようです。


 ~それを天妙さんに強制している神様は、どちらの神様なのでしょうか?「敬称」で他人の善悪や正邪を判断したり、神様の機嫌を損ねるとか言ってしまう天妙さんに問題があるわけで、まるで、どこかのカルト教団の教祖 (魔物憑き)が、信者を強制するような言い方です。

正しくは、敬称で判別するのでなく、その方の普段の行いや思い、精進努力から得た実績や功績、神様に対する信仰心や志、そして他者に対する愛と真心や慈悲慈愛など、正神界(善)の神様に通じるものをきちんと持っているか、神なるような働きができているか、などで判断すべきです。



 ですから結局、天妙さんは【極端】なのです。善か悪か、良いか悪いかしかないのです。真ん中のバランスをとる「中庸」さえ無く、「厳しさ」しかないと言うか。『今回は大めに見てやろう』という愛情や人情さえもありません。

このような不自然な強制や干渉をするのは、一見するとエラい神様のような感じますが、実際は「魔(悪霊)」です。~正神界(善)の高貴な御神霊や御眷属は、人間に対して余計な強制や干渉は 一切なさりません。

 ~ここでオマケですが、山口敏太郎先生は「白狐 (びゃっこ)」を見た事あるそうです。眼が凄かったですって。↓下の唐傘お化け動画の後半、ずっと喋ってくれている主婦さんの娘さんが、学校で白狐を見た体験談 (27分50秒~) からの流れ。

ATLASラジオ189:唐傘お化け、一つ目小僧と深夜に遊ぶ少女


 山口敏太郎先生の白狐の目撃体験談 (徳島の鳴門の山奥) も「眼」が怖かったらしいですが、私が視た風呂場の女狐も、金色の凄い眼をしていました!⇒『狐霊の霊夢と、とても恐い悪夢と、話せば離れるの話

 ~私の生涯の天敵であるお狐コンコンは、やっぱりヤバすぎます。北斗の拳みたいに「強敵 (とも)」ではありませんよ!




【Evanescence - Erase This】

 
 そして肝心の、天妙さんが勧める霊能力の付け方や磨き方である、「般若心経」を唱えることについてです。

わたしが初めに危惧していた、『般若心経はしゅちょう唱えてはイケない』という話は天妙さんも御存知だったようで、「般若心経」を唱える注意も本に書いてありました。


 しかし、『唱えて体調が悪くなったり悪いことが起きるというには、欲や煩悩などが出てしまっているからだ』と仰っておられます。~私から申せば 欲や煩悩などの「思い」「考え」「気持ち」はもちろんのこと、その「行為」自体の問題です。

そもそも普通の人は『霊能力が欲しい』と思うことはなく、真面目に頑張ってお仕事して、自分の幸せの為、家族の幸せの為に 身を削って生きているのです。『小人閑居して不善を為す』 ~暇しているからこそ、人としての正道から逸れて堕ちるわけです。



 ▼━【その他、重要部分の引用】━━▼

 集中して般若心経を唱えることができるようになると、唱えている最中に額がムズムズし、頭を前にクイッと引っ張られ、人によっては唱えている間、体が揺れる、体が熱くなり、汗が止まらなくという経験をする。

 ~(中略)~

 心を込めて般若心経を唱え続けた結果、前に引っ張って頂けるようになるという現象は何も特別な事ではなく、神仏様にとっては握手ぐらいのスキンシップで、そこには何も特別な意味はなく、正しく行えば誰にでも起こる当たり前の結果でしかありません。

 ▲━━━━━━━━━━━━━━━━━▲



 ワールドメイトの「お祈り」や「お取次ぎ」でも、そんな映画「エクソシスト」や「死霊館」の悪魔憑きのような怖い症状などは現れません。これは明らかに不自然なこと。摩(魔)訶不思議な事をするから「魔」~ホラー映画でもよく御存知でしょう。

 ┗『米でエクソシスト需要が急増中!! 悪魔祓い毎週20件の有名神父が“イマドキの憑かれた人”に起きる異変を暴露「携帯に悪魔が…」 [TOCANA]


 ~そもそも正神界(善)の神様は 不自然なことや、摩(魔)訶不思議なことは好まれません。ならば「般若心経」を唱えた人、宗教関係で唱えている皆さんに 同じ症状が出なければおかしいはずです。

すなわち、天妙さんが教える人のみが、おかしな症状が出るということ。天妙さんは『正法に不思議なし』や 『怪力乱神を語らず』という言葉も知らないよう。



 それは、悪霊による「憑依現象」に近いものでしょう。そもそも発心が『霊能力を身に付けたい』という欲から出てるのですから、1000% 魔(悪霊)にやられます。 初めから間違えていますから、魔しか寄って来ないわけです。

『唱えて体調が悪くなったり、悪いことが起きる』なんて、それは私でなくとも、誰が見ても『おかしい』としか言わないはずです。無知な 一般人が霊能力などを求めたら、最悪は日常生活が送れなくなるばかりか、終いには「精神病院」行きです。

毎日お務めしているお坊さんならまだしも、普通の一般人がしつこくやっていれば、摩(魔)訶不思議な症状が出て当たり前です。それは「コックリさん」「チャネリング」「鎮魂帰神法」「イタコの口寄せ」などの降霊術、すなわち危険行為と同じことですから。



 しかし天妙さんはなぜ、霊能力を身に付けたり 磨くのが「般若心経」だけなのでしょうか? 神様に関係するなら「天津祝詞」や「大祓詞」はもちろん、「真言」や「お経」もたくさんあるはずです。

天妙さんが『霊能力を身に付けて強くするには「般若心経」を唱えればいい』とおっしゃる、その「絶対的な根拠」や「神霊的に視た解釈」を分かり易く説明して頂けないでしょうか?「霊能者」と自称しているのに、なぜ、そのおかしい状態を正確に「審神」できないのでしょうか?

例えば『霊眼で視ると 「般若心経」を唱えたら大日如来が降りて来て法力を与えている』とか、『三蔵法師やお釈迦様、空海や役小角が降りて来て、懸かって霊力を発している』などです。~私達の師である深見先生は すべてきちんと正確に審神され、会員さんにぜんぶ教えてくださっています。

 ┗『般若心経 - Google 検索』/『般若心経とは?わかりやすい和訳や葬儀での役割など徹底解説 [はじめてのお葬式ガイド]



 そもそも天妙さんは、どちらの神様に対して「般若心経」を唱えているのでしょうか? それとも御自身の守護霊様でしょうか?『救ってください』とか『幸せにしてください』とか、人としての大切な気持ち(心)すら持ち合せていません。

また、その「霊能力」は、どちらの神様が授けてくださるのですか? 怖い症状が現れているのに、どこがスキンシップなのですか?天妙さん自身が正確に「審神」して説明できないのに、それを無知な他人に勧めるのは無責任すぎて、如何なものかと。

また、宗教をやっている人や僧侶(お坊さん)さんは毎日、「般若心経」や「お経」や「真言」も唱えていたりするわけで、日本全国にたくさんおられます。そしたら毎日、天妙さんほどの霊能者が日本全国で誕生しているはずです。


【ワック日曜スペシャル】高野山の心~1200年の時を超え~


 天妙さんは、これが本当に正しい「般若心経」の唱え方、「霊能力」の身に付け方や磨き方だと、お師匠さまに教わったのでしょうか? 審神的な説明もされなかったのでしょうか。

でも結局、天妙さんに教えたお師匠さまは、傲慢と嫉妬で道を踏み外したのですから、お師匠さんが堕ちたということは、たとえアレンジしたとしても、教わった天妙さんには初めから、おかしくなる要素が入ってしまっておりますよ。

そもそも、初めの発心から間違っておられるのですから、正神界(善)からはズレておられます。お師匠さまから教わった内容や術こそ 危ないものに繋がっていて、狡猾に天妙さんを操っていたのでしょう。



 その神か魔か分からない霊の正体、正(善)邪(悪)を正しく見極めるのが「審神」であって、天妙さんは「審神」自体知らずに できないからこそ、背後の正体を見破れずに やられてしまっているわけです。

そうでなくては、まるっきり筋道が立っていない 矛盾と不自然と偏りまくりで「霊能者」と自称し、『偽スピや偽霊能者を潰す』などと言う、【大義名分の傲慢増長魔】には なりません。~やはり、『魔は違う』 から 『間(魔)違う』、不自然なのです。


 ~神示やお告げ、文字や教え、術や作法にも魔の要素は入るので、それを本物の神様だと信じてしまうと、もう憑かれて御魂がやられてしまいます。深見先生のお話でも、一番よく聞くのが「稲荷」です。海外のホラー映画でもそうですが、

悪魔と言うのは正体を見破られるのを最も恐れるので、見破ったら必ず勝てます。ですから、見破るまでは 憑かれています。深見先生も 『正体を見破ったら離れていくよ』 と教えてくださっています。

ただしこれは、深見先生が会員さんに アドバイスしてくれた言葉であって、普通の一般人では すべて逃げるとは限りません。



 「稲荷」は、さも凄そうな名前を誇示しながら神様のフリをして出てくるのだけど、見破ると『よくも見破ったなー!!』と言いながら、ピューっと逃げて行くそうです。天妙さんの背後には、かなり狡猾な「稲荷」がいるはずです。

わたし自身も「稲荷」に17年以上も憑かれてたから分かりますけど、自分では 『憑かれている』 って分からないのですよ。まぁ昔は そういう詳しい本が無かったせいもありますけど。だからこそ、正しい知識を付けておく必要があるのです。

現実と同じくらい、霊的な知識も付けておけば、眼に視えない魔からの誘惑や攻撃も防げるわけです。肉体の中の霊体は 4次元の霊の世界ですから、両方の世界の知識を正しく付けてこそ、【表裏一体の絶対防御】となるわけです。

九頭龍師

 「唱える」ことも同じことでしょうが、「祈り」とは「意(気持ち)乗り」であり、気持ちを乗せて真剣に祈ってこそ、初めて神様がまともに聞いてくださるものです。しかも「欲」からでは、正しい神通力も霊能力も 絶対に身に付きません。

しかも正神界(善)の神様が動いてくださる大前提として、「愛と真心」をもって帰一、すなわち「人の幸せ」に直結しなければ、どんなに真剣に祈ったとしても動いてくださりません。悪を裁く、善一筋。「愛」と「善」の権化こそ、正神界(善)の神様です。

私たちの現実世界にも、秩序を守る法律があるように、正神界(善)の神様の世界にも「神界規則(ルール)」という厳しい秩序があって、むやみやたらに人間に手を貸すと 努力をしなくなって御魂の成長が止まるので、禁じられています。



 ですから巷の人は、お陰が出る、出ないで、神仏の存在を決めつけてしまうわけです。神界法則や神界規則を正しく理解していれば、神仏に対する「誠の信仰心」は決して揺らぐことなく、死しても活きる「不動の信仰心」を持てるのです。

しかも、わざわざ危険な霊能力などで直感や危機回避能力など身に付けなくとも、誠の信仰心を持って正しい生き方をしながら頑張っていれば、守護霊様も神様も普段からきちんと守護してくださいます。

これが『心だに 誠の道にかないなば 祈らずとても 神や守らん [菅原道真]』と『【御成敗[貞永]式目】神は人の敬によりて威を増し、人は神の徳によりて運を添ふ(う)』です。



 そういった本物の正神界(善)の神様の働きや大御心を知らないからこそ、「霊能者」や「スピリチュアリスト」と自称した中途半端な者達が、間違った教えを世の中に広めているわけです。~これを偽善や独善と言います。

「霊能者」や「スピリチュアリスト」の中には、龍や天狗、稲荷を出して「お陰信仰 (現世利益)」を勧めている人達が多いですが、これは他人様まで地獄に落とす行為です。本来の正しい生き方ではありません。欲が先では、身も魂も滅ぼします。

必死で現実的な努力をしてこそ、神様もお陰(現世利益)を御褒美にくれるのです。現実的な努力が先にくるのが「正(善)」、努力もしない人間に楽をさせるのは 魔(悪霊)です。動画を見るだけで開運して成功するなら、毎日TVの全チャンネルで『開運動画★祭り』です。



 ですから正しくは、『きちんと「現実的な努力」をして真面目に生きている人が、正神界(善)の神様が降りておられる神社や神域や聖域に行けば、お陰が出やすい』です! ~これを先に説明しなければ、正(善)には ならないのです。

「霊能力」や「お陰信仰 (現世利益)」で他者を誘惑するのは、天地の法則に反することです。たとえ悪気が無かったとしても、間違ったことを他人様に教えて勧めていれば、罪や劫として天界に記録されてます。

すべて『天網恢恢疎にして漏らさず』です。
 

【Breakaway - The Bitter Truth [HD]】


 たぶん天妙さんは『なんで僕には こんな霊能力があるのに、いまいち知名度が無いのかな…』と思っておられるでしょうが、彼からは神なるものは感じれず、承認欲求、傲慢、増長魔、怠慢、摩(魔)訶不思議、狡猾、自己満足しか目につきません。

人間が凄いのではなく、凄いのは御神力を発揮して御神徳を出してくださる神様です。本物の正神界(善)の神様を知らない人間こそ、勘違いして傲慢増長魔になるのです。

『偽者に罰を与える』とか『偽スピを潰す』など、まんま映画『逆襲のシャア』のアムロとシャアの会話です。~それこそが「傲慢増長魔」になっている証拠です。謙虚すら無いと言うことは、感謝や素直さが足りておらず、礼儀や常識すら欠けて見えます。


 『人が人に罰を与えるなどと!』
 
 『私、シャア・アズナブルが粛清しようと言うのだアムロ!!』

 『エゴだよそれは!』



 天妙さんも観音さんも、「霊能力」で他人様を救う対価と引き換えに お金を頂いている以上、たとえ偽スピや偽霊能者は許せないと思っていても、やはり口に出して他者を批判したり、貶めようとしているレベルではまだまだ駄目でしょう。

しかも、天妙さんの教えは中学生でも言えることで、巷の宗教団体の教義にすら劣っています。宗教団体なら最低でも『体施、物施、法施』を説きますし、仏教ならお釈迦様、密教なら空海様、修験道なら役小角様と、歴史の偉人達の生き方から、尊い教えや生き方を学ばせるはずです。

まして普通の人は「霊能力」なんて眼中になく、毎日頑張ってお仕事して生きているわけでして、現実世界で生きているのですから、「霊能力」など必要ありません。御両親や祖父母の生き方を見れば分かるはずでしょう。~必要なのは、現実的な努力です。



 天妙さんは自慢したいようですが、霊能力を身に付けて、直感が冴えたからどうなんだと? 霊能力があろうが、浮遊霊を祓うことができようが、真面目に頑張って人生を生きている人達に比べたら、霊能者のプライドなど【屁】も同然です。

ならばその霊能力で、コロナウイルス重症患者を救えましたか?イジメで苦しんでいる子を救えましたか?自殺志願者を救えましたか?災害による被災者を未然に助られましたか?未解決事件を解決できましたか? ~霊能者はエライと思っているのなら 大間違いですよ。

霊能力などアテにせずに毎日頑張ってお仕事して、苦しい人生を精一杯 生きている人達のほうが絶対的、圧倒的に多いわけで、その人たちのお陰で日本が成り立って来ているのですから、そういう人達こそ偉いのであって敬意を表すべきでしょう。



 その為に「神様」や「守護霊」様が護ってくれているのであって、神霊界の正しい法則やルールを正確に知っていれば、摩(魔)訶不思議で危ない霊能力など他人様には勧めません。自分だけでやっていれば良いのです。それが人助けに繋がれば、陰徳を積めるのですから。

「偽善」とまでは言いませんが、天妙さんがやっていることは「独善」です。だから、不自然なことも見破れないで「傲慢増長魔」と化し、誤ったことを教えているのに、偉ぶって自己満足に陥る。~それで本当に、他人様を救って導けるのでしょうか。


 ~深見先生のように本当に素晴らしい方は、幾つになっても、まだまだ上がいると「精進努力」を怠らないもの。天妙さんは『実るほど 頭を垂れる稲穂かな』という言葉も知らないよう。自慢気に神様を語るわりには、学問や教養は苦手みたいです。

たとえ普通の人より霊能力があっても、傲慢と承認欲求と自己満足にくわえ、常識や礼儀も無く、学問や教養すら欠けている人は、他者からの信用はおろか、尊敬すら得られないもの。~それではとても、全智全能の高貴な御神霊が守護する人には見えません。


 
 そもそも日本でも世界でも、天妙さんより霊能力や神通力があって凄い人は、表に出て来ないだけで実際にはたくさんいるはずですから、少しくらいの霊能力で傲慢に陥ってしまったところが、天妙さんと観音さんの限界であり、頭打ちです。

それこそ深見先生だったり、沖縄のユタやノロだったり、陰陽師の橋本京明さんだったり、宜保愛子さんや木村藤子さんだったり、下ヨシ子さんや江原啓之だったりと、全国にまだまだいるはずです。


 ※↓お祖母ちゃんが有名な「ユタ (沖縄の霊能者)」である芸人ヤースーさん!
【総集編1時間4分】本格派 怪談ヤースー特集『島田秀平のお怪談巡り』


 やはり、深見先生を始めとした 「本物」「一流」と言われる方は、他者を貶めたり、批判も中傷もせず、有言実行だからこそ、他者から信用される功績を作れるのです。

木村藤子さんと陰陽師の橋本京明さんも、これだけの神通力や霊能力を持っていても傲慢にならず、驕らずに謙虚です。昭和ナンバーワンの霊能者「冝保愛子」さんも 謙虚で親しみやすく、本当に素晴らしい方でした。


【木村藤子の魔界潜入 【アトリエ小学校 】 Horror house in Tottori】



【心霊】『霊達が彷徨う家 死人が見える親子#1 』〜うろつく霊を除霊せよ〜【橋本京明】【閲覧注意】



【心霊】『陰陽師事件現場 霊能捜査』ラブホテル街 絞殺された女の霊 前編 〜煙草を買ってよ〜【橋本京明】【閲覧注意】


 ┗『陰陽師・橋本京明チャンネル - YouTube


 ~一般人が普通に生活するのに、霊能力だの霊能パワーも必要ないと言うことも分かるでしょう。天妙さんのやり方で霊能力など磨いていたら、ある日突然、私以上に怖い心霊体験に襲われる可能性だって否定できないわけです。

普通の生活が送れなくなりますから、周りにも迷惑が掛かるでしょう。何事も考え方次第でしょうが、突然に霊の声が聴こえたり、霊が視えた時の衝撃が分かりますか?

ですから、軽い気持ちで眼に視えない世界に惹かれるのは危険だと、過去記事からも さんざん注意しているわけです。『怪力乱神を語らず


↓※子供の頃、夏にやってた超怖番組!! 再現映像がトラウマレベルでした(;▼▼)
【あなたの知らない世界】宜保愛子・新倉イワオ『実話怪談』心霊テレビ番組


 ┗『あなたの知らない世界』『あなたの知らない世界 - Google 検索』『あなたの知らない世界 - YouTube


【決定版!!これが宜保愛子の霊能力だ!】


 ┗『冝保愛子 Wiki』『宜保愛子の死因は何だった?霊能力に目覚めたきっかけとは?



 現在でも 天妙さんと観音さんは狡猾に、無知な視聴者さんの質問に答えるような動画『龍粋社 ちゃんねる』ばかりで、未だに偽霊能者や偽スピに突撃さえしていない【有言不実行】のまま、承認欲求と自己満足の人間性しか見えません。

質問に答えながらも、さりげなく自分たちの力を誇示し、他者を貶めたりは常套手段。しかも「霊能者」という肩書を使いながら、逃げ道のように「俳優」とまでも名乗る二足の草鞋。しかし、TVや舞台でも お2人の知名度は無名に等しいです。


 ~そこまで御自身の霊能力を自慢しているのですから、偽霊能者を特定し、きちんと突撃して対決して欲しいものです。もしくは、全国の心霊スポットを巡って除霊している動画でも挙げて頂きたいものです。それこそが無償の奉仕、有言実行でしょう。

正しい除霊ができるなら、心霊スポットに行っても祓えるのですから問題ないわけですよね?それすらできないということは? …すなわち天妙さんは、決まったパターンの除霊しかできないか、そもそも初めから正しい除霊などできないということでしょう。


【天川龍一は人間です。人ならざる何者かではありません☆】


 しかも 天妙さんは、本を出してから料金の記載をいったん削除したそうです。それだけでもう、他人に対する「愛と真心」「慈悲慈愛」も薄く、金銭欲や承認欲求、自己満足しかないのが分かってしまいました。

天妙さんが御自身の霊能力に本当に自信があるのなら、その「施術」と言うのも、小学生でも受けれるように一律「3000円」未満にするべきです。~なぜなら私の霊障は、小学1年生に上がる前から始まったからです。

現在でも、小学生から霊障に悩まされている、わたしのように苦しんでいる子は必ずいるはずです。親に相談できなかった私のように、安い料金を設定するべきです。それこそが「慈悲慈愛」から生じる【善】と言えるものです。



 さらに龍枠社のHPに飛んでみれば、裸でサンドバッグを叩き、必死に「力 (パワー)」を誇示する傲慢ナルシスト、承認欲求まる出しの天妙さんでした。格闘技ジムや格闘家じゃないのですから、わざわざ他人様に見せつける必要ありません。

きっと、体を鍛えれば霊能力が強くなると思っておられるのでしょう。~まぁ間違いではないですが、「霊能者」と名乗って神様を語るのならば 学問や教養はもちろん、謙虚に霊能を磨いて霊的研鑽するとか、無償で霊障を解決するとか、

ボランティア活動に参加して国や社会に貢献するとか、他人様の幸せの為に尽力して、神様に使って頂けるようになる精進努力が優先のはずでしょう。内面から素晴らしい人間にならなくては、正神界(善)からの守護は得られないのです。



 また、少しくらいの霊能力で自慢気に語っている時間があるのなら 神社でお百度参りでもして『1日も早くコロナウイルスが終息し、世界と日本を天災や天変地異から護り、この地球で暮らす人々が1人も洩れ落つ事なく、皆さんが幸せになれますように~』とか、

『すべての国民の業と災いを、我に振り替え給え~、国民に代わって、我に艱難辛苦を与え給え~』と祈るとか、あの空海様のように国の為、国民の幸せの為、すべての生き物の幸せの為に 加持祈祷して祈ったらどうでしょうか。

やはり 3年ていど修行した青年と、神様の道を 50年以上も極め、今まで数十万人規模の薬寿師や神伝密教師、九頭龍師や救霊師などを育てながら、実際に多くの功績を残して来た深見先生とは、すべてが各段どころか圧倒的に違います。

深見先生

 天妙さんが、いかに素人相手のやり方なのかは 一目瞭然です。ワールドメイト会員が深見先生から教わる、正しい神霊界のルールすら無視しており、正しいお祈りや薬寿神法、神伝密教の法や九頭龍神法、最高峰の救霊神法の足元にも及んでません。

天妙さんの施術の音声を聞いても、力で捻じ伏せて潰すだけで、天妙さんには、正神界(善)の神様に通じる最も大切な「愛と真心」や「慈悲慈愛」や「報恩感謝」が見えませんし、歓喜感動に繋がる「真善美」すら ありません。

正しい神通力や霊能力を授けてくださる正神界(善)の御神霊とは、個人の霊能パワーでウンヌンのレベルではありません。「神様に対する感謝」と「愛と真心」が正神界(善)の御神霊を動かし、神様の御神力と御神徳によって、人も世界も救われるのです。



 そのくらい圧倒的な「御神威」「御神力」「御神徳」を持たない神様がどうやって、「神仕組」成就の為に働く、正神界の神様の一柱(ひとはしら)に成れるのでしょうか。ありとあらゆる人間達まで救い、弥勒の世への礎と成す。

人間を地獄へ落とそうとする悪の存在を「破邪の神剣 (御神力)」で打ち祓い、神々の「威光 (御神威)」を取り戻し、人間に「愛と幸せ (御神徳)」を与え、ミロクの世へ邁進する。そのお働きこそが、正しい神様[善]そのものです。

神通力でも霊能力でも、人としての正しい努力の後、必要とあらば最小限に、正神界(善)の神様が与えてくれるものです。自分も他人も幸せにでき、その幸せの輪はやがて家族や周りの人に広がり、それが日本から世界全体に広がったとき、すべての人達が幸せになれる弥勒の世となるのです。




【初音ミク】大祓詞-Song of The Oharae-


 しかも深見先生はワールドメイトの教祖というだけでなく、実業家、音楽家、芸術家、絵画、書、茶道、福祉活動家と、あらゆる分野で活躍されて功績を積み上げて生きて来ています。ここまで「神人合一」の道を 身をもって 現わして初めて、『神懸かった人間』と褒められるのであって、

 ここまで活躍できてこそ 万人にも認められ、神様にも認めてもらえるわけです。言うことも【真実】で誠が通っており、やること成すことすべて【善】で、その生き方も【美】しい。神様に通じる【真善美】が揃っておられる深見先生こそ本物の神人です。

深見先生の「神界からの神通力」「神霊界」「大除霊」を読んだだけでも、きちんと正確に神霊界や神様、悪霊や霊障に詳しくなれますし、「神仕組」の神様から篤く護られると断言しても良いです。


【3分でわかるワールドメイト】



【深見東州 (半田晴久)の活動が10分ちょっとでわかる動画】


 しかも ワールドメイトでは、深見先生が 50年以上も命懸けで生きて来た神様のことを、すべて正しく教えてもらえます。そうして現在でも全国で、「救霊師」「九頭龍師」「神伝密教師」「薬寿師」の皆さんが活躍なさっておられ、その神通力 (御神力)は、巷の宗教団体や霊能者など遙かに凌駕しています。

 ┗『ワールドメイトのお祈りと瞑想の違い、お取次ぎと霊能力の違い [3/15]



 深見先生が教えてきた内容と比較して、天妙さんの教えは 『あまりにも浅すぎて単純、無知で無責任すぎる』としか言えません。ただ『般若心経を唱えて、霊能力を身に付けて~』と言うだけ。あらゆる面で、何もかも欠けています。

天妙さんからは 最も大切な「愛と真心」「慈悲慈愛」が見えず、『神様のお役に立たせて頂く』という感謝や謙虚も見えず、全智全能の神様の圧倒的な御神力からくる歓喜感動も無く、生き様や精進努力から見える真善美さえなく、

 学問や教養をもって「人生の本義」「五常(仁義礼智信)」「正道」も説かず、神様に通じる「誠の信仰心」「愛と真心」「慈悲慈愛」の大切さすら説かず、霊能力を身に付けた先にあるデメリットや生き方、現実的な努力の必要性すら説きません。



 天妙さんの本を★1レビューをしていた小生さんこそ「マトモ」です。この内容で★5レビューをしている無知な一般人が それだけ多いということに他ならず、ですから、偽霊能者や偽スピリチュアリストに騙される人達が後を絶たないワケです↓

 ◆↓クリックで大きく見れます
天妙本レビュー
 ┗『天妙さんの本の ★1 レビュー

 たとえ神様のことを正確に知らなくとも、無理に般若心経を唱えさしたり、おかしな症状やその霊能力をきちんと審神して納得のいく説明ができ、有言実行で偽霊能者を正しているのなら、私もここまでは言ってません。

何もかも不自然で、矛盾したり 偏っているからこそ、失礼を承知で ここまで、わざわざ述べたわけです。



 それから、天妙さんを「審神」して閃いたので 追記しておきます。

過去記事にも載せた以下の動画。山口敏太郎先生や霊能者あーりんさんが 廃神社に行った時の動画なのですが、この廃神社には 稲荷(狐霊)がいて、それが仲間を呼んだだかで、その稲荷信仰の信者が続々と集まって来た~という後話がありました。

 誤った稲荷信仰をしてる信者は 頭を枷(かせ)で縛られて霊線で繋がれ、親分の稲荷(狐霊)からの霊流が御魂に流れ込んで来てますから、呼んでいるのが分かるわけです。~すなわち『類は友を呼ぶ』です。

こういう魔(稲荷)の信者になってしまうと、御魂が稲荷(狐霊)になってしまい、死後はそのまま地獄の畜生道に堕ち、狐の姿のまま何百年も過ごすことになります。


行くと死ぬかもしれない肝試し 廃神社 3-6



行くと死ぬかもしれない肝試し 廃神社 3-7


 わたしは小学2年でやったコックリさんで稲荷(狐霊)に取り憑かれ、25歳でワールドメイトの初救霊を受けたとき、『御魂が半分、狐になってるわよ』とまで救霊師さんに言わしめたほど。危うく地獄の畜生道に堕ちる寸前、片足突っ込んでました。

それで 宗教をやっている人や、お務めしている僧侶さんなども「般若心経」を唱えているはずなのに、それだけで天妙さんのような霊能力が授かったり、体が揺れたり、額がムズムズしたり、引っ張られたりという怖い話は いっさい聞きません。


 ~本当にそれだけで神懸かり的な霊能力が付くなら、世界中の人が般若心経を唱え、海外の霊能者やメディアから絶賛され、それこそ天妙さんはハリウッドスター並みに、世界中から賞賛された教祖にでもなっているはずでしょう?

海外のマスメディアからは取材が殺到し、日本のTVにも取り上げられ、それこそ「施術」や「動画配信」などしている時間すら無くなるはず。~しかし実際は、YouTube チャンネル登録者数が 2万人程度しかいない、ほぼ無名の自称「霊能者」です。



 おそらく、天妙さんの背後にいる魔が「般若心経」を唱えさせ、天妙さんを信じたり、弟子入りした者に、その霊能力を授けているのだろう、と。ここまでいろいろ不自然に矛盾したり偏るのは、正神界(善)の神様がする事ではないからです。

その背後の「魔」が気持ち良いから「般若心経」を唱えさせ、そして信者の霊体にある御魂を無理やり表に引っ張り出して、枷(かせ)で縛り付けている。~だから額がムズムズしたり、引っ張られたり、揺れたりするんだろうなと。御魂をイジられているなと。


 ~ここが、「魔」の配下にしている「作業中」なんだろうなと。「工事中」「準備中」「仕込中」でも同じですけど。(笑) だから霊能力を取り上げたりして、強制することができるんだろうなと。~強制するのは間違いなく魔の部類です。

すなわち、上記の稲荷(魔)と同じように、枷(かせ)によって霊線を縛りつけて、信じる者に霊流を流して霊能力を授けているといった感じです。~あくまで私の審神的な閃きですが、天妙さんの背後にいる存在は、とても正神界(善)の神様とは言い難いです。



 ここで行者霊について少し。去年、わたしが行った『熊野参拝の記事』の、深見先生の本の文章を引用した部分と、昔に私が体験したことです。↓↓

 ▼━━━【引用部分】━━━━━━━━━━━━━▼

 【蟻の熊野詣】のとき、修験者もいっぱい来て、修行半ばで倒れています。

ですから、いいかげんな気持ちや己の発心のみで熊野に行きますと、その修行半ばで死んで成仏していない修験者の霊が憑依して、突如として霊能が開けたりします。

熊野に行ってから霊能が開けたというのは皆、おかしいぞと考えなければいけません。

 ▲━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲



 それと私が昔、支部に所属してドライバーをやっていた時、三峯神社に連続参拝するというのがありました。それで救霊師さんと2人で夜遅くに行った時に駐車場で、私の運転席の窓の外に、行者霊が3体立っているよっと言われましたし、

帰りの坂道でも『あそこのカーブミラーのところにも立ってるね~』と言っておりました。三峯にも行者がたくさん来て修行していたそうですから、死んでもそうやって霊力を磨いていたり、人間に取り憑いて修行の続きをしているわけです。
 
こんな感じなのが、天妙さんの霊能パワーの正体なのだろうと。すなわち 成仏できていない行者霊と、狡猾な稲荷が 天妙さんを使っている。霊力パワーは背後の「魔 (悪霊)」が出しているのだろうと。行者霊が 天狗に化けておられるのかも知れません。



 深見先生の本からも、『霊力を誇示する』で思い付くのは「稲荷」か、「行者霊」や「はぐれ天狗 (魔)」くらいです。また、狡猾に命令口調で 『我のみを崇めよ』と言って強制したり、霊能力を取り上げたりするのは 『稲荷』に間違いないでしょう。

たしか 深見先生がおっしゃるに、『「天狗」とはいうのは、すべて「人霊」だ 』というお話がありました。死後に霊界で修行して「天狗」の位が授かれば、正神界に属する天狗として働けますが、あるていど修行した行者が 死後に霊界へ行かず、術で天狗に化けて人間を惑わすケースもあります。


 ~ですから鼻が高くて自慢気、「霊能力」を誇示する 「承認欲求」まる出しの【傲慢増長魔】と化し、『偽霊能者やイタスピを潰す』と言う大義名分の自己満足に陥っているわけです。そして 9分9厘、狡猾に強制する親分「稲荷」がいるはずです。

雑狐や人霊狐にしては 霊力もオーラもあり過ぎで、しかも本まで出して大勢の人達を引き込もうとする、その狡猾な手口を視ると、魔界の白狐か銀狐かも知れません。~宗教団体の教祖に憑く金毛九尾にしては、少し弱い気がします。

まぁおそらく、行者も 稲荷も 数体ずつ憑いており、天妙さんを狡猾に操っておられるでしょう。~ちなみに、「幸福の科学」の教祖には【金毛九尾】が憑いています。ですから『霊言』などと妖しいことをやって、信者もろとも 魔界や地獄へ巻き添えにしているわけです。



 これで最後にしますが、歴史や社会に名を残せる人というのは、凄まじい使命感を持って日々「努力」しておられます。揺るぎない使命感を持っているからこそ、努力ができて 向上して、名を残すような「活躍 (働き)」ができる。

そこに「慈悲慈愛」を含めた「愛と真心」を持てたら、誰からも慕われて 共感も得られて、やる事なす事 すべてが「正 (善)」になって、多くの人を幸せにできる「大徳」が積める。~まさに 私達の師「深見東州」先生です。


 ~そういう人間性を培うのが、儒教などの「学問」なわけです。「霊能者」や「スピリチュアリスト」などの肩書を持って生きて行くならば、神様に 『うむ。おまえになら託せよう』 『おまえなら神々の御用をするに値する』 と、

言われるほど普段から命懸けで生きて、誰が相手でも認めさせるくらいの「精進努力」や「愛と真心」や「慈悲慈愛」の権化になって、「実績」や「功績」を積み上げなくては、誰も認めてくれないのです。


 『他人にさえ認めてもらえない人間が、全智全能の神様に認められる とは、かなり無理があるとは思いませんか?』



 そもそも勘違いしておられる霊能者さんやスピリチュアリストさんが多いのですが、そういった眼に視えない存在と繋がれたとしても、それが自分を含む、人の幸せに役立たせられなければ、それは趣味と同じで「自己満足」にしか過ぎないのです。

天妙さんだってセンスはあるのですから、自慢や体裁を見せつけるより、『どれだけ多くの人達に幸せを与えられるか』『神様に使ってもらえる自分になるにはどうすべきか』に専念しないと、そのまま終わるでしょう。

霊能者のカッコ良さや自慢など、救われたい人にとってみたら、どうでもいい事なのですよ。愛と真心、慈悲慈愛、誠の信仰心を持って、もっともっと精進して、深見先生のように大きな功績を残せるように努力すべきです。



 また、「龍」「天狗」「稲荷」「蛇」「波動」「アセンション」「チャネリング」「チャクラ」「スターシード」「インナーチャイルド」「ハイヤーセルフ」など、海外の言葉や他人に影響されて真似して、さも凄そうに語っても、結果としてそれが、多くの人達の幸せに活かせるようにならなくてはいけません。

どうやったら、もっと多くの人達に幸せを与えられるか、どう伝えたら分かってもらえるか、どんな人が相手でも納得させられて、万人に幸せを与えるにはどうしたらよいか、と考えて、実際に行動しなければ駄目です。口だけなら誰でも、それこそ小学生や中学生でも言えます。

【有言不実行】じゃなく、【有言実行】でないと。そこまで毎日、命懸けで精進努力していなければ、守護霊様や見ている神様も『なんじゃ、口だけか』で終わりです。なんの為に、そういった力を授けられたのか、どういう使命や天命があるのかまで考えて欲しいのです。



 また、私に起こる奇跡やシンクロニシティなど、全智全能の正神界(善)の神様の御神力の千分の一も、万分の一も発揮されておりません。それこそ大宇宙にも匹敵するくらいの、無限無量の御神力と御神徳を持っておられます。~個人のちっぽけな霊能力など、神様の足元にも、爪の先すらにも及ばないのですよ。

そこまで命懸けて人々の為に生きるなら、そこまで世の為、人の為に生きてくれる人間なら、「日本神霊界」の神様や守護霊団が放っておかれません。黙っていても【全力守護】です。~深見先生や出口王仁三郎様のように。空海様や役小角様のように。そして聖徳太子様のように。

これこそが『心だに 誠の道にかないなば 祈らずとても 神や守らん [菅原道真]』ともなるのです。そして、『【御成敗[貞永]式目】神は人の敬によりて威を増し、人は神の徳によりて運を添ふ(う)』を忘れないでください!  ~終わり。




【Elysion - Never Forever / Silent Scream】


【最後に】
 現在でも『宗教』と聞けば「洗脳」、『ワールドメイト』と聞けば「カルト宗教」と、他の「カルト認定」されている宗教団体と、ワールドメイトを同様に捉えてしまう人がいることを、とても残念に思います。

そうして「洗脳」「カルト宗教」と言い切って疑ってしまう人は、ご自身でそこまで体験しておられないからです。ちょっと他人の評価を見ただけで思い込んでしまったり、神様の奇跡や証(あかし)を体験なさらないうちに、会員を辞めてしまった人でしょう。

そもそも、ワールドメイトは「カルト認定」はされておりません。『ネット上で、ワールドメイトは政府認定の「カルト教団」であるという書き込みを見ました。本当でしょうか?[ワールドメイトよくある質問]



 なんと言っても、私の誕生日[4/25]に、国民的アイドルグループから「シンクロニシティ」というタイトルのCD&DVDが発売されたくらいです。

そのタイトルである「シンクロニシティ」とは、私の25年以上もの長い会員歴の中で数えきれないほど体験して、このブログにたくさん載せてきた数字の「シンクロニシティ」とまったく同じです。

これこそ疑いようのない、「神様の奇跡」というものです。誕生日は「4月25日」、初救霊&入会は「平成7年11月17日」と、このブログを初めた当初から言ってきています。


【乃木坂46 20thシングル『シンクロニシティ』4/25(WIN誕生日)発売】


 しかも、『7年連続三峯神社~奥宮登拝の最後の7年目』など、登拝前に引いた御神籤[おみくじ]番号が「29」~この数字は『母の命日(8/29)』です!



 その奥宮登拝 (7/22) から 1ケ月(1) + 7日後(7) に母の死去 (8/29) ですから、恐ろし過ぎる「シンクロニシティ」です。『母親の死と…そして右足親指骨折(アウチッ!!)

さすがに、亡くなる日付まで「シンクロニシティ」で合わせることは、人間の力では不可能です。



 そして極めつけは 2021年4月25日の誕生日になってから桜島が噴火。2021年の爆発では 71回目。わたしは1971年(昭和46年)生まれです。

これら数々のシンクロニシティが単なる偶然に見えますか?人智では及びもしない奇跡や シンクロニシティを平然と起こしてしまうのが、日本神霊界「神仕組」の神々様の御神力です。

すなわち私を通して、深見先生が伝えて来られた実在する神様の「御神威」や「御神力」が発動していると言うことですから、深見先生はもちろん本物であり、その神様も『きちんと実在している』ということに他なりません。



 誤解なさっておられる人が多いのですが 神様は、『いつでも「奇跡」をあらわして助けてくれる、都合のいい存在』ではありません。神霊界には正しく厳しい「秩序(ルール)神界規則」があって、神様は"むやみやたら"に人間に力を貸して惑わしません。

人間をお創りになった「親神」様だからこそ現実の親のように、私達の成長を見護りながら、立派な人間へと導いてくださる存在です。そして、神様の奇跡やお陰というのは、個人の因縁や業劫[カルマ]で、その出方が大きく変わってくるという大原則さえあります。

そういう「神霊界」の正しい知識が無いからこそ、『奇跡やお陰が出ないから』と言って、神様の存在まで疑ってしまうのです。神様に関する疑問を解消するには、深見先生の著書を読むのが最も速い解決方法です。



 そうしてこれまで、深見先生のもとにはたくさんの人達が集まり、「薬寿師」「神伝密教師 (世界一密教師)」「九頭龍師」「救霊師」となって現在でも、全国で神様のお役に立ってくださっています。

私自身も27年前に「救霊」で命を救って頂き、こうして神様と深見先生とワールドメイトの素晴らしさを伝えるファンブログを運営して来て、もう14年以上が経ちました。(2021年時点。初救霊&入会は平成7年11月17日)

私の記事に導かれた人達も「実在する神様」を体験なされて、神様と共に幸せな人生を送って頂けたらと願っています。ここまでお読みくださって、本当にありがとうございました!(=゚ω゚)ノ



【日本神霊界秘伝】
 ワールドメイト率いる深見先生とその師である植松愛子先生が、すべての神様の中心であり根源であられる「御親元素大御神(みおや もとす おおみかみ)」様から教わった、真の「神人合一 (しんじん ごういつ)」の神法の数々。

それは遙か太古、「国常立大神」様が巨人族の長と活躍していた神政時代から、ムー、レムリア、アトランティスといった超古代文明に至るまで、人が神と一体 (神人合一)となっていた頃の、人として最高峰の究極の姿です。

その形を甦らせ、世の中を[弥勒(ミロク)の世]へと邁進させる「ノアの箱舟」こそが、深見先生率いる「ワールドメイト」であり、深見先生こそが、あの出口王仁三郎が予言した「最後の真打(救世主)」です。



 最後に、深見先生のお陰で会得できた「神霊界」のことを簡単に説明させて頂きます。「守護霊」は私達のもっとも身近にいて日頃から護っていてくださり、「守護神」はさらに大きな「人生」そのものに関わるレベルで働いておられます。

そして現実界に強い顕現力を現せる神様が、現実界に少し近い次元界にいらっしゃる「如来」「菩薩」「権現」「明王」などの、いわゆる密教や仏教のパワーのある神様で、ですから「即効性の効き目」があります。

ただし現実界に近いので、神社の御祭神やさらに上の神様のように、遠く過去から未来までを見通し、大きな歯車を回すほどの「御神力」までは持っておられません。



 その上に位置するのが、私がよく記事で載せる大きな神社の神様です。高い次元にいらっしゃるので御神気や波動も高貴で繊細です。

しかも過去から未来さえ見通す「圧倒的な御神力」「幅広い霊智霊格」を備えているので「縦横無尽」であられ、御眷属が多いので「臨機応変」なお働きができ、私達に多くの「御神徳」を授けてくださっています。

その上に「地球」レベルで働く「国常立大神」「素戔嗚大神」おられ、その地球の周りに各惑星を主宰する神様がいて「太陽」「月」「木星」「火星」「土星」などの働きを、地球に降ろしておられます。



 さらに北極星には「至聖先天老祖」がおり、兜率天には素晴らしい神様がおり、そして最高峰の頂点におられる女神様こそ、銀河系すなわち大宇宙を統括し、この度の「最後の神仕組」の全権を指揮する「菊理姫大神」です。

そして最も微かな「最奥神界」におられる「根源神」、人類を[弥勒(ミロク)の世]へと導く「神仕組」をお作りになり、その指揮権を「菊理姫大神」に任せている「素(ス)神」こそ、【御親元素大御神(みおや もとす おおみかみ)】であられます。

神仕組の最終局面に向けて邁進する神々の御神力。ぜひ、貴方もその一柱(ひとはしら)となり、[弥勒(ミロク)の世]への礎として、わたし達と共に活躍して頂けたら、日本神霊界のすべての神様が全力守護してくださるでしょう。

深見先生

 [2021/3/18] ワールドメイトの新しいメルマガを読みました。今日、深見先生はめでたく「70歳」になられ、以下の文章です。(※少しだけ抜粋させて頂きます。すいません)

 『20歳で、人間としての幸せや、男性としての幸せを捨て、神様が、こうあって欲しいという人生を送ろう。神様に、お使い頂く人生になろうと、発願してから50年目です。その間、あらゆることをやらされました。』

 ~ここまで命懸けで神様の為に生きているからこそ、最後の「神仕組」の行末の使命を、神様から託されているわけです。いかに大きな天命か、いかに凄まじい人生か、いかに偉大な先生か、この深見先生が率いるのが「ワールドメイト」なわけです。

 ┗『【神様に圧倒的に好かれる方法と霊能力に惹かれる人の話

九頭龍師

 ちなみに、数字を操って奇跡を起こすのは、神仕組の主宰神であられる「菊理姫」様と聞いた記憶があるのですが、もしそれが確かならば私は、こうして文章で伝える御役目を与えられているのかな…?

【早朝の箱根神社参拝で引いた奇跡の1番お御籤】


【諏訪大社上社本宮で撮れた衝撃不思議写真】
諏訪大社上社本宮で撮れた衝撃不思議写真

【熊野本宮大社で引いた奇跡の99番おみくじ】


【※↓クリックで画像拡大】
日本霊界風土記~熊野
(※↑[9]は熊野を表す数字、なおかつ陽の極まりを表す)

【↓※333777確変です!笑】

 (※【7は北斗七星や変化】を表し、【3は神の三位一体(天地人)】を表す)

 ~ネットで探して頂ければ、私がこれまでブログに載せてきた数えきれないほどの[奇跡]や証[あかし]や[シンクロニシティ]は、「霊能者」「スピリチュアリスト」と自称している人でも、私ほどの体験者は見つからないはずです。


┏【 霊に憑かれない絶対的な3大原則 】━┓
┃①恐れない ②気にしない ③同情しない┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ┏『ワールドメイト
 ┣『宗教団体ワールドメイトの活動と実態
 ┗『ワールドメイト元会員のアンチさんについて

 ┏『神界からの神通力 深見東州
 ┣『神霊界~現実界を支配する法則をつかむ
 ┗『深見東州 [神界からの神通力][神霊界]



 ┏『救霊のご案内 | ワールドメイト
 ┣『ワールドメイト 「大救霊」「特別大救霊」
 ┗『ワールドメイト お盆の先祖供養

 ┏『神様Thanks 報恩感謝~生きてるだけで丸儲け
 ┣『WM流 奇跡やお陰をだす法則や仕組み
 ┗『ワールドメイトの神事申込&玉串について



 ┏『ワールドメイト 神法悟得会入門編
 ┣『神様に圧倒的に好かれる方法と霊能力に惹かれる人
 ┗『この度の失態と注意について

 ┏『カテゴリー:感動と奇跡の救霊体験
 ┣『久々にワールドメイトの真伝救霊を受けました!
 ┗『ワールドメイトのお祈りと瞑想の違い、お取次ぎと霊能力の違い



 ┏『カテゴリー:★2007年~富士箱根神業記録
 ┣『ワールドメイト会員としての25年(2019年12月6日現在)
 ┗『久々にワールドメイトの真伝救霊を受けました!

 ┏『4/25誕生日、恐るべし数字のシンクロニシティ
 ┣『WINの御魂のルーツ、神仕組や守護神について
 ┗『WIN「神夢神聴」「霊夢霊聴」体験談まとめ【随時更新】



 ┏『独りで参加した箱根神業と伊勢神業の思い出
 ┣『7年連続7月22日の三峯神社奥宮登拝達成!!
 ┗『2017年最終章 三峯箱根諏訪~証連発の三大神社参拝記!!

 ┏『2/24~【式年遷宮記念!!】伊勢神宮&熊野本宮大社参拝旅行
 ┣『2020★箱根~熊野~伊勢★超絶ノンストップ3神社参拝記!!
 ┗『熊野の神様の凄さ

深見先生

 ※ワールドメイトは「カルト認定」されておりません。どうぞ、ご安心ください。

 ┗『ネット上で、ワールドメイトは政府認定の「カルト教団」であるという書き込みを見ました。本当でしょうか?[ワールドメイトよくある質問]


 ~↓以下、抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します。

★━<2019/12/24追記>━━━━━━━★

【創価学会】カルト認定10項目オールクリア。
アメリカ,フランス,チリ,ベルギー,オーストリア,ドイツでカルト認定される。他も?

2019/12/23
『危険です!名前を伏せて勧誘活動をおこなっている新宗教』

 新宗教の中には、統一教会やオウム真理教の後継団体、創価学会などこれまで新聞や週刊誌の報道でその危険性がある程度認知されている団体も多いですが、このページでは、まだそれほどニュースになっておらず、危険性が世間に認知されていない団体について、何回かに分けて書いてみようと思います。


【カルト宗教(危険宗教)の定義】

フランスで採択された報告書『フランスにおけるセクト』は、「通常の宗教か、セクト(破壊的カルト宗教)か」を判定する国際的な指針の一つとされています。この中で、以下のように「セクト構成要件の10項目」を列挙しています。

1.精神の不安定化 (洗脳、マインドコントロール)
2.法外な金銭的要求 (多額の寄付金要求)

3.住み慣れた生活環境からの断絶 (監禁、出家など)
4.肉体的保全の損傷 (暴力:精神的暴力も含む)

5.子供の囲い込み (子供の洗脳教育)
6.反社会的な言説

7.公秩序の攪乱
8.裁判沙汰の多さ

9.従来の経済回路からの逸脱
10.公権力への浸透の試み

 ~以上の項目のいずれかにあてはまる団体をセクト(破壊的カルト宗教)とみなしています。

 ┗『「創価学会」は10項目すべてに該当し、しかもフランスだけではなく、ドイツ、チリ、ベルギー、オーストリア、アメリカ(議会下院)といった国々でもセクト指定されています
 

※セクト(Sect)は元来、それぞれの宗教から派生した「分派」のこと。一様には定義できないが、近年、宗教団体による深刻な社会問題がしばしば起こったことで、ヨーロッパの各国でも同様な法整備がなされたことから、セクトには「カルト」と関連する語として、社会的に警戒を要する団体という否定的な意味も加わった。

 ┗『セクト - Wikipedia


<関連記事>
 ┣『カルト宗教とは|危険でやばい教団の見分け方はココ! - ワールドセクト

 ┣『日本のカルト/新興宗教|信者数人口ランキングまとめ - ワールドセクト

 ┣『カルト宗教と新興宗教の違い|有名団体まとめ - ワールドセクト

 ┗『世界のカルト宗教|信者人口と危険な特徴まとめ - ワールドセクト


その中でも、よく耳にするカルト宗教↓

・創価学会 ・顕正会 ・エホバの証人
・アーレフ及びひかりの輪(元・オウム真理教)
・幸福の科学 ・統一教会

 ~他には、創価高校・大学(創価学会)、佼成学園高校(立正佼成会)、幸福の科学学園(幸福の科学)などがあります。


※以上、抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します↓
 ┗『カルト宗教とは|危険でやばい教団の見分け方はココ! - ワールドセクト

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


★( ^ω^)ノ この記事へのコメントはコチラから (※右クリック禁止)★

管理人のみ閲覧できます - - 2021年09月05日 00:36:38

このコメントは管理人のみ閲覧できます

WINさん見てましたか? - 関西支部会員 - 2021年08月16日 01:43:40

WINさん、オンライン勉強会見てましたか?WINさんが作った記事中の単語がこれでとかと言うほど出てきてスゴかったです。やっぱり般若心経のこともWINさんが正しかったですよ。

さすがですWINさん! - 早苗 - 2021年08月15日 18:47:52

今日のオンライン勉強会は、WINさんが記事に載せていること満載です。

ワールドメイトの特色、般若心経の危険性、武内宿禰の審神、本田親徳や出口王仁三郎の鎮魂法帰神術、神仕組、神人合一など盛りたくさん、まるでWINさんの記事全般を取り上げたような素晴らしいオンライン勉強会です。

WINさんが天妙さんへの記事に載せたとおり、般若心経の正確な意味も知らずにひたすら唱えることの危険性も含めて、WINさんの記事の正確性に驚きました!さすがです!

なるほど。 - お散歩 - 2020年08月04日 01:39:16

濃厚な文章、読み応えありますね。
疑問が解決したように納得出来ました。
いやはや素晴らしいブログに辿り着けたことに感謝です。

- 松嶋菜々子 - 2019年12月06日 09:04:08

とても貴重で素晴らしいお話をありがとう御座いました。ワールドメイトへの偏見も取れましたし、他の宗教団体に比べてどう違うかということも理解できました。

WINさんに奇跡やシンクロニシティがたくさん起こるのも納得しました。さっそく救霊を受けて、私もお取次者にならせて頂こうと思いました。本当に有難う御座いました!

- 半天 - 2019年12月05日 01:56:15

素晴らしい記事を有難う御座います。

本文の本題とは関係ない質問で申し訳ありませんが、
本文途中に出て来て「高幡不動」さんは、降りてこられなくなったとされている鹿島神宮さんと違って、WINさんのされているワールドメイトさん的にも、まだ仏様は降りてきておられるんでしょうか?
参拝してお願い事をしたり、護摩を焚いていただいてもよろしいんでしょうか?

教えていただけたら嬉しく思います。

- 名無しの権兵衛 - 2019年12月04日 02:09:24

霊能力なんていらねーよ
自慢にもなんねーよな

ご苦労さまです管理人さん - 恵理子 - 2019年12月02日 22:12:01

凄い内容でした。ここまで分析できる管理人さんもかなりの人かと思います。そうですよね。般若心経だけで霊能力が付けられて直感が鋭くなったら苦労はしませんよね。大昔からたくさんの人たちが唱えてきてますから。天妙さんも若いからまだまだなようですね。毎回毎回、管理人さんの記事は内容が濃くてそれでいて面白い文章もあったりして最高です。あまり目を酷使なさいませんように。また楽しみにしてまーす。

すごい! - まゆ - 2019年11月30日 10:07:05

天妙龍啓さん、本物と思います。
「参加者全員 無料気送り」を見ながら右手を左肩に置き、気を送ってもらいました。
長年こっていた左の肩甲骨付近の肩こりが少し楽になり、1~2時間ほどすると嘘のように肩が軽くなりました。
この肩こりにマッサージやカイロプラクティックなど、どれほどお金をかけたことか・・・。

3日たった今もすごく肩が軽く快適に過ごしています。
でもこの気送りは1週間ほどしか効果が無いともおっしゃっていたので、ちょっと残念。(=_=)
あと4日間快適に過ごせますように・・・。(^_^)/

もちろん本も買っちゃいました。
この方を紹介してくださりありがとうございます。

トラックバック

URL :

カテゴリースクロール
オカルト不思議ミステリ
和魂-推奨リンク
最新記事30件スクロール
人気記事 BEST 30
地球の名言集
(=゚ω゚)つ 愛愛)Д`)グシャ
WIN お気に入り動画

★たま~に更新します♪

NEW【トンガ海底火山】
噴煙30000mの超巨大噴火 ★火山爆発指数6 (VEI6)★
 ◆『ルイ敬子さん紙面インタビュー「トンガ王国ババウ島から釜石の皆さんへ」
NEW【海底火山】
噴火シミュレーション ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
NEWTHE UNGUIDED - Phoenix Down
NEW【神回】マネーの虎レジェンドたち降臨 [前編]
NEW【神回】マネーの虎レジェンドたち降臨 [後編]
NEW痴漢冤罪を回避するために覚えておくべき 6つ
前田日明さんとパワスポ
稲川淳二 恐怖の現場
総集編★腹筋崩壊 要注意
ATLASラジオ2nd 178
病院の怖い話
ATLASラジオ189 白狐
楽小漫×修二 Nier:Automata
アンノウンマザーグース