ワールドメイトブログ ワールドメイト 和魂
★開設12年突破!! WMファンブログ[ワールドメイト和魂(にぎみたま)]に訪問ありがとう★
▼━【※ご注意:記事の年月日について】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼
 FC2Blogは仕様により、1か月更新しないとトップに見苦しい広告が表示されてしまう為、過去記事の追記や誤字脱字修正した際にその時の年月日に合わせて再度更新して、広告が表示されないようなるべく気を効かせております。しかしその結果、記事を1番初めにアップした年月日は、ほとんどの記事で正確ではなくなってしまっていることに御容赦ください。

また、ブログ全体のリニューアルをしたので記事内の改行などが崩れており(文字サイズも大きくした)、記事によっては非常に読みにくくなっていて申し訳ありません。人気記事ランキングの上位から地道に修正していますが、けっこう大変なのでなかなか進まずで~<(;▼Щ▼)おぉう

ジンクス再び!! TFCC損傷で入院手術!~Part.6 最終章

かなり更新が遅れましたが、TFCC損傷最後の記事として作りました。
去年の4月に行った、手術から半年立ったあとの関節鏡検査の模様です。

3月の末に中村先生の診察時に言われて了承、4月の上旬に慶応の手術室にて、局所麻酔での関節鏡検査となりました。

(´∀` )ブログランキングに参加中★イイ記事だったとか面白かったとか役に立ったとか思ってくださったらポチッとお願いしまぁす!

時間は確か、ちょうどお昼くらいだったと思います。

遅刻しないように車で慶応に行き、時間の少し前に2Fだったけな中央手術室のインターホンを鳴らして、関節鏡検査を受けに来た旨を話ました。

緊張や恐怖はまったくありません。

『また手術室かよ。この字を見るのはこりごりだな』と思っておりました。

なにせ、この4~5年間で手術4回。ほんとウンザリします。


すぐに中に入れられ、書類を渡したあと、待合室のソファで少し待たされた後に名前を呼ばれ、奥のロッカーで着替えてから手術室へ入場です。


手術室はとても綺麗で様々な器具がありましたが、そんなに広くはなく、そしてとても明るい。

中村先生はすでに準備中だったので挨拶、話をしながら手術台に寝かされ、右手を吊るされてイソジンで右腕全体を消毒されました。


先月の診察時に中村先生と交わした約束を先生はきちんと覚えててくださり、モニターをわざわざ寝ている私にも見れるような角度にしてくださって、先生と同じ画面を見ながら、先生の説明つきで関節鏡検査の始まりです。

まずは消毒した手首周辺に何箇所か局所麻酔を打ち、少し待った後にいよいよ関節鏡を挿入して手術した靭帯の様子を見ます。


関節鏡を入れた箇所は、尺骨の上のちょうどTFCCの部分と、糸が結んであるという尺骨の横からの二箇所でした。

手首の真ん中ら辺は神経が走っている部分とかの理由で、関節鏡を入れるのは避けられました。



更新が遅すぎて横からの映像は覚えていないのですが、ちょうどTFCCの部分の映像の時、中村先生は『靭帯はイイじゃん。しっかりついてるよ!』と言ってくださいましたが、赤い炎症がまだ広がっているのが映像から分かり、『ほら、赤く広がっているのが炎症だよ。まだもう少しかかるね。無理しないでね』と言われました。

途中、関節鏡を動かした時に強い痛みが走り、私の寝ている右足がビクッ!!と動いたのですが、中村先生はそれを見逃さなかった!

中村先生『あ、痛かった?』

WIN『あ、いえ、ぜんぜん大丈夫です!』

中村先生『足がビクッと動いたよ』

WIN『バレたかwww』

中村先生&助手2人『wwwwww』

~手術室にみんなの笑い声が響き、ちょっと恥ずかしかったですw


だいたい1時間くらいで無事に関節鏡検査は終了。

中村先生と助手にお礼を言ってから手術室を退場し、ロッカーで着替えて、会計と薬を貰ってから帰宅です。

保険を使ってもかなりの費用ですよね。

薬は痛み止めと抗生物質を処方されました。

あとは定期的な診察だけで、現在もまだ中村先生に診られています。


時たま、手首の中で靭帯か骨か分からないですが、ビシッとはじけて動く症状が手術以後からあって、それも毎回の診察時にお話しているんですが、
先生いわく『私も神様じゃないからなぁ(苦笑)。切れた部分が再度完全に繋がったんじゃなくて、mm単位の微妙にズレた位置でくっついているから、そのせいだろうね』と言われました。
先生はさほど重要視していない模様。

私も、痛みは無いので我慢はできますが、腕を動かした時や手首を動かした時など、なんの予兆もなくいきなり手首の中ではじけるようにビシッと鳴って動くので、いつか糸が切れるんじゃないかとヒヤヒヤしています。


どうやら、腕を曲げ伸ばしした時などは尺骨が動きますから、そのせいで手術した靭帯が引っ張られる時にズレ?動いているようです。

手術からかなり立った現在でもしょっちゅう出ますので、これはたぶんもう一生治らない症状になるかと思いますが、まぁ~痛みが出ないだけ幸いですね。


下の図は、以前の診察時に中村先生に書いてもらった現在のTFCCの絵です。

尺骨と靭帯の中を通って尺骨の横で結んであるそうで、今でも尺骨の横を触ると、糸らしき物が出ているのが分かります。

↓私が切ったのは③と④の2本の靭帯です。

同時に断裂させてしまいました。


このまえ夢で、この糸が結んである尺骨の横を怪我して針金みたいのが飛び出していて血だらけになっている夢を見たんです。

私は『また手術やだよ~』と言いながらボロボロ涙流して泣いてる。
なので正夢にならないよう気をつけています。



先生が一番注意するように私に言ったのは、
『転んでも手をつかないように!』とのこと。

手をつかなかったら受身も取れないと思うんですがね…


なので2月の大雪が降った2回とも、車と周りの雪かきをした際、転ばないように注意してやりました。

いついかなる時も、この右手首には注意しなければならないリスクがあります。



~とは言っても、数年前の腱鞘炎の再手術で腱鞘を削除して取ったため、右手の親指は脱臼しやすくなっているから注意するようにとスーパードクターからも言われていたので、まぁ~右手首は本当にヤバイですね。

ボロボロの時限爆弾のようで、ベンチプレスが65kgを超えると右手首全体に鈍痛が出ますし、今でもサイドレイズをやると、やはり手術した箇所に鈍痛が出ます。



現在のダンベルの重量は18.75kgに上がり、ようやく怪我をした重量に近づいてきました。
ちなみに怪我をした2012年4月23日のダンベルの重量は20.5kgでした。

とにかくTFCCに強い負荷を瞬間にかけるとヤバイかなって思って思いますので、また再発させないように、バーベルを使っての二頭のカールは自重しています。


ベンチプレスMAXは71kg×3repですが、ベンチMAXは手術から1年と3ヶ月ほど立った去年の11月18日に達成しました。

また去年、診察時に握力を計ったのですが、左手が56kgだったのに対して手術した右手は46kgと、10kgも差があることにビックリしてしまいました。


これはTFCCの手術のせいだけではなく、右手首の腱鞘や伸筋支帯を取ってしまったことによる後遺症でもあると思います。

少し暗い話になったので、ここで新たに私の筋トレモチベーションアップ動画に加わった2つの動画を紹介致します。

【Bodybuilding Motivation-BE THE BIGGEST】

私が筋トレのモチベーションアップ用に、YOUTUBEで見つけた筋トレ動画と、手元にある音楽を合わせて作りました。
曲はHollywood UndeadのLevitateです。

ボディビルの申し子と呼ばれているフィル・ヒースがカッコ良すぎですね!
『強い精神力は肉体の限界さえも凌駕する!!』



【Sixx: A.M. - "This Is Gonna Hurt" - Music Video】

『ロック界の反逆児』ニッキー・シックス率いるSixx:A.M.
この昔のサーカスにあった気味悪い見世物小屋のようなアイデアはどこから沸いたのでしょう。
なんていうか…『魔界』的なものを感じますね。

このニッキー・シックスという方がまた凄い人物でして、薬物の王者の異名を持つヘロインの過剰摂取により心停止を起して生死をさまよいますが、緊急医療によりなんとか一命を取り留め、それを機にヘロインから手を引いたとのこと。
このP.Vを見てもその才能は計り知れない奥深さがあるように思えます。

 ⇒ニッキー・シックス - Wikipedia


その他の筋トレモチベーションアップ動画は過去の記事をどうぞ
 ⇒『プラトーを打破する筋トレでMAXを次々更新!!』




ここでいきなり突然ですが、『エピソード記憶』というものを御紹介しましょう。

ご存知ですか?エピソード記憶。


エピソード記憶とは時間や場所、味、香り、音楽などと、その時の経験をセットで記憶することを言いますが、自分の過去を意識の中に呼び戻すことによって以前の体験にもう一度返る、頭の中のタイムトラベルと言われることもあります。

例えば、その時によく聞いていた音楽とセットで記憶された体験は、何十年も前の記憶でも昨日のことのようにハッキリと思い出せる、これがエピソード記憶です。



ですから私が、何年も何十年も昔の御神業の記憶を鮮明に思い出せるのは、その時によく聞いていた音楽と体験がセットで記憶されているからなんだと分かりました。

しかし私は意図していたことではなく、まったくの偶然というか、ただ、その時に偶然に流行っていた曲とか、自分を奮い立たせる音楽とかを聞いていた為なんですが。



初めて救霊を受けた時から数年間の一人での御神業、箱根神業とかはglobeをよく聞いていたから、今でもglobeを聞くとその時の記憶が鮮明に浮かんでくるし、今井美紀のプライドを聞けば、初めて一人で全スケジュールに参加した伊勢神業、そして、My Chemical Romanceを聞けば、2007年に親友のS君とすべての会場へ行った箱根神業と思い出されます。

なんていうか、その時に感動している御魂の状態まで再現される感じなんですよね。



まるで神様や守護霊様が、現実に流され易い私の性質を見透かして植えつけたかのよう。私はそう思っているので、たぶん、そうでしょう。

ちなみに、My Chemical Romanceが解散したのは2013年3月22日ですが、22という数字は私が毎年、三峯神社の奥宮に登拝参拝する日にちと同じ。なんという偶然でしょう!



また、筋トレ時に聞いている映像と音楽。その音楽を聞くだけで体の底から熱い気概、力強く自身を鼓舞するものが沸いてくる。

それは、辛い怪我の体験さえも凌駕し、『絶対に負けない、またやるんだ!!』という諦めないやる気に繋がりました。


だから、全治9ヶ月という大怪我をして手術したあげく、手首に一生残る糸が入っていても、今だに筋トレを続けていられるモチベーションを保っていられるわけなんですね。



以前、深見先生のメルマガで、例えばサプリメントを摂るとか筋トレをするとか、健康に関することは守護霊様が導いてくださっているとのお話がありました。

また、筋トレを続けていることで自身の荒魂やオーラが大きく力強くなったことも分かりましたので、小さい時から霊障にやられやすい自分を逞しく成長させてくれているのだと思います。


何よりも恐怖に対して強くなったというか…。。

去年の暮れの鹿島神宮参拝で日も暮れた真っ暗闇の林の中を歩いて要石まで行き、誰一人いない真っ暗な要石でお祈りして戻って来たとき、ほとんど恐怖を感じなかった自分に驚きました。


『恐怖は自分の心が創り出すものだ。せっかく鹿島神宮まで来たんだ。要石の龍神様にも御挨拶してから帰るぞ!!』という強い気概性が恐怖に打ち勝ちましたが、これも荒魂が強くなった証でしょう。

ほんとに真っ暗で明かり一つない林の中。他に誰もいないし、幽霊が出そうな雰囲気の足元さえよく見えない暗がりの中、よくまぁ~行ったものだと思います。



肉体を鍛えれば荒魂が鍛えられ、オーラも大きく力強くなる。以前の自分より3倍以上もオーラや力強さが増えたと、守護霊様からの言葉を感じます。

いつか、神様から大きな役目を授かった時にこの努力が報われるだろうと信じています。これが信仰心ですね。


最後に現在の手術跡の状態をUPしておきます。
TFCC手術跡
赤丸で囲んである部分が、関節鏡などを入れられた手術跡です。
TFCC手術跡
写真だとほとんど分かりませんが、直に見ると良く分かります。
TFCC手術跡

~以上でTFCCの記事は最後となります。
記事の更新がかなり遅くなりましたが、まだ定期的な診察は続いているので、いつかTFCCの記事を作るかも知れません。

皆さんも怪我には気をつけてくださいね。

それではまた!!


関連記事

★この記事へのコメントお願いしま~す♪★

 (※当ブログは通常の右クリックではコピペできないようにしてありますので、コメント記入の際には、まずメモ帳などに文章を作ってからコピーした後、【Ctrl + V】または【SHIFT+INS(insert)】でコメント欄に貼り付けしてくださいネ)

管理人のみ閲覧できます - - 2014年09月29日 10:48:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます - - 2014年08月04日 20:42:41

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>いとゃん - ワールドメイト 和魂 管理人WIN - 2014年07月11日 20:15:17


初めまして、いとゃんさん。
わざわざ、コメントありがとうございました!



問題は以下の部分かと。


> わたしの場合、幸せな事にtfccは未だ切れてなさそうとのこと。(?幸せなんでしょか?)
> というか、他の病院にてMriまで撮り持参しましたが、上手く写っておらずわからないとのこと。
> 取り敢えず固定で様子を見ましょうとのことに鳴りました。



本当に切れているのか、いないのか、ここをハッキリとすべきかと私は思いますし、本当にTFCCが切れていてしまったら手術でしか治せませんよ。

『簡易ギブスで三週間も固定の上に、また作り直しせずに同じギブスて三週間固定』

これではにっちもさっちもいかないですしょう?



患者には、医師を選ぶ権利があるはずです。

私なら、本当に切れているのか、いないのか、山王病院に行って中村先生に今までの経緯を話して、詳しい検査をしてもらいます。



私は長い期間、中村先生に診察を受けていたので分かりますが、
『まずは詳しく検査をしましょう!』と必ず言われるはずです。

私と同じ、MRIに加えて造影剤の検査もするでしょう。

時間も費用もかかりますが、TFCCの状態がハッキリしないと中村先生は次へ進みません。



私自身、受傷から手術まで、ほぼ4ヶ月、手首が痛くて回せないうえに、何かするたびに手首の中で関節がズレる。

手首が痛くて回せないのを肩を回してかばっていたら、終いには肩まで壊しました。本当に痛くて苦しい月日でした。



いとゃんさんの今の怪我の状態がどうなのか私には分かりませんが、

『いつまでも固定しているばかりでなく、早く完治させたい』と思いませんか?



まずはTFCC権威の中村先生に診察を仰いで、詳しい検査をしてもらったらいかがでしょう。

TFCC切れていないなら、それはそれで安心できますし、しばらくの固定で治るはず。

TFCC切れていたら、手術となるはずですので覚悟を決めてください。



いとゃんさんも長く続いている不安で悶々としているでしょうが、ぜひ山王病院に行って中村先生に会ってみてください。

温厚でとても優しい先生で、少し話せば、この先生ならばすべて任せられる!と思うはずですよ。



私も、治ったTFCCの中には一生溶けない特殊な糸が入ったままで、今度切ったら靭帯の替わりになる組織を移植するしかないと中村先生に脅されていますしw、このTFCCは中村先生にし

か治せる先生はいません。

考えてみれば、それだけスゴい先生に主治医として長く面倒見てくれたことに、今では非常に有難く思っています。



これから暑い夏がやって来ます。私も8月の終わりに手術して、ギブスの中は汗と垢で凄まじい状態になりました!

いとゃんさんも、大切な御自身の体、一日も早く治してください。


暑い中、診察を受けに行くのも大変かとお察し致しますが、最後まで諦めずに頑張ってくださいね!

良い吉報をお待ちしていますよ!

管理人のみ閲覧できます - - 2014年07月10日 00:03:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>yukkoさん - ワールドメイト 和魂 管理人WIN - 2014年06月25日 09:20:22


お久しぶりです、yukkoさん。

経過が順調そうで、良かったですねぇ。


どうです?

手術前はとても不安だったでしょうが、今では、『やっぱり手術を受けて良かった!』と思いませんか?

くれぐれも、完治に向けて無理はなさらないように!

転んでも、手をつかないように!(苦笑



えっ!!
中村先生、山王病院に移ってしまうのですか!!


江戸川病院のように週に何度かお手伝い診察に行くのではなく、完全に移ってしまうんですか。

さては金か!?笑


でも、聞いておいて良かった!

教えて頂いて有難うございます。


私、今度切ったら大変な手術になるから!っと中村先生に脅されているので、ますます気をつけます。


yukkoさんも毎日気をつけて生活してくださいね!!

>>格闘女子さん - ワールドメイト 和魂 管理人WIN - 2014年06月25日 08:48:34

返信遅くなりまして、誠に失礼致しました。
初めまして、格闘女子さん。

わざわざコメントして頂いて有難うございます。


~ふむふむ。
『本当に手術しなくてはならないのか?』が悩みの種ですか…


私もここ5~6年あまりで4回の手術に、6回の入院(1回は怪我ではなく、去年の9月に肺炎で1週間の入院)をしておりますが、その怪我を完治させるに一番適切な手段が手術と中村先

生が判断したのですから、やはりここは、御自身でも気持ちを固めて手術に望むべきかと私は思います。

手術以外の保存療法で治るなら、どの医師でも手術など面倒なことはしないはずですよね?



考えてみてください。

手術とは、患者だけでなく、医師にもリスクがあるわけです。

毎日毎日多くの患者を見て、各々の患者にとって適切な治療を施して完治させる。


その多忙の中、時間のかかる手術、しかも万が一失敗すれば医師としての寿命さえも無くなるリスクや、裁判沙汰になって多額の慰謝料を請求される恐れもある。

たぶん『手術』とは、医師でも避けたい事柄なのではと私は思います。



そのリスクと、頭の痛くなるような多忙の中、疲れている中、わざわざ自分の為に時間を割いて手術してもらえる有り難味を感じるべきではないでしょうか。

まして、TFCCの怪我の治療ではスーパードクターと言われる中村先生に手術してもらえる幸運に感謝すべきでしょう。



確かに私も、腱鞘炎やTFCCの痛みで悩んでいた長い年月、どうにかして治したいと思っていた最終手段が手術でした。

逆に言えば、『手術でしか完治させられない』と判断されたからこそ、手術になったわけで。



格闘女子さんも、手術したら私のように長い期間のリハビリで練習や試合から遠ざかるのが不安でしょうが、まずはTFCC損傷を完治させることが最優先でしょう。

どの程度の悪さなのか私には分かりませんが、あの中村先生が手術をなさるぐらいなら、かなりの重症でしょう。


ですから、まずは中村先生を信じて手術を受け、リハビリに励んで完治を目指す。

そのリハビリの中で、やれるべき事柄をやればいいわけで。



たとえば『腹筋』を鍛えたり、『体幹』を鍛えるトレーニングをする。

だって、手首を動かせなくても腹筋はできますよね?


手首を動かせなくてもスクワットはできますよね?

手首を動かせなくてもキックの練習はできますよね?



手首のリハビリ中、毎日腹筋を500回、1000回やったらどうなると思います?

ものすごく打たれ強い、鋼のような腹筋が完成するでしょう。


そういった地道な努力が、後々に必ず活きるはずです。

やってて良かったって。



私が言うのもなんですが、『熱意』や『目標』さえ見失わなければ、怪我の一つくらいの試練などたやすく乗り越えられるのではないでしょうか?

諦めたら終わり。諦めなかったら道は続く。

最後はメンタルとの戦い。


まともな練習や試合ができない長く苦しいリハビリ中に溜まりに溜まったストレスを、完治したら思う存分に爆発させたらいい。

手首のリハビリ期間に地道に腹筋や体幹トレーニングを続けていたら、目には見えないけど確実に強くなっていってるはず。


この苦しい期間をマイナスに捉えず、『さらに強い自分になる為に神様が与えてくださった有難い試練』と考えてください!

今は術後の痛みなどで苦しいでしょうが、気を強く持って頑張ってくださいね。


陰ながら応援していますので、完治して試合が決まったら御招待ください!

もちろん、リングサイドの特別席でね!(笑

管理人のみ閲覧できます - - 2014年06月25日 02:17:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます - - 2014年06月10日 20:25:49

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>山田さん - ワールドメイト 和魂 管理人WIN - 2014年03月09日 17:46:53

お久しぶりです、山田さん。
それはそれは良かったですね!長いリハビリ、お疲れ様でした!
わざわざ私のブログに来てくださり、コメントして頂いて本当に嬉しいです。


確かに私も同じく、、
筋力が落ちていく日々の中、また再び筋トレができる日が来るのか、
また、筋トレを再開できたとしても、以前のような重量に戻るのか、
また靭帯が切れないかと、とても不安の日々でした。


私と同じ怪我、同じ主治医、同じ筋トレを愛する者として、
山田さんにはとても親近感を感じます!( ・∀・)/


ふつふつと湧き上がる闘志、己の限界に挑む勇気、限界を超えた先にある達成感、
山田さんもきっと、多少の事ではへこたれない強い荒魂をお持ちのはずですから、
また以前のように力強く筋トレできるようになるはずです!!


同じ傷を背負った者同士、なんとか再発させずに、重量の更新をしていきたいですね。
山田さんも本調子に戻るまで、油断せずに手首を大切にしてくださいYO!!


いつの日か、日本ボディビル選手権のステージでお会いしましょう!ナーンテネ

- 山田 - 2014年03月08日 21:53:26

去年の6月頃にTFCC手術をして、こちらのブログにコメントした山田です。

去年の12月に関節鏡をやりまして
つい先日、大幅な筋トレの許可を得られました。
経過も順調でこのままいけば6月には通院終了かもです。

約一年ぶりの筋トレで恐ろしく左腕の筋力が落ちた事に
気持ちが沈んでいましたが、今回のブログを読んで
モチベーションが上がりました。
少しずつでも頑張っていこうと思います。

>>夏珠姫さん - ワールドメイト 和魂 管理人WIN - 2014年03月01日 19:08:38

初めまして、夏珠姫さん。
わざわざ読んで頂いて、ありがとうございました!


んまぁ!!@@;;
尺骨短縮までしてるなんて、私より重症ではないですか!


確かに、このTFCC損傷はなかなか完治しないうえに、非常に時間がかかる厄介な怪我だと思います。

私も今までに多くの怪我や手術を経験しましたが、一年以上も辛く痛い思いをしたこのTFCC損傷が最強かつ最悪の怪我です。


夏珠姫さんも、中村先生に巡り会えたということは、かなりの強運のはず!

『こんな怪我に私は負けない!! 絶対に治すんだ!』という強い信念と気概を持って望んでください。


今年は長いリハビリや痛みもしばらく続くとはお察し致しますが、負けずに頑張ってくださいね!

陰ながら応援しています。また遊びに来てくださいね!

>>マー坊さん - ワールドメイト 和魂 管理人WIN - 2014年03月01日 18:57:48

ご指摘ありがとうございます!
主治医の名前を間違えてしまうなんて、なんて罰当たりでしょう。

修正したうえで、あらたに傷跡に画像をアップさせて頂きました!

また遊びに来てくださいね!

- 夏珠姫 - 2014年03月01日 12:01:06

はじめまして。(*^^*)

Tfcc損傷って完治しない上、時間かかりますね。

私も去年の12月に中村先生にお会いする事ができ、5月に手術になりました。

前の病院で尺骨短縮はしたのですが、中村先生の一言目が、訴える?(*_*)でした。

この先このブログのおかげで、緊張しなくてすみそーです。(*´ω`*)

まだまだ手首大事にしてくださいね(ノ´∀`*)

- マー坊 - 2014年02月23日 23:17:48

中川先生?中村先生の間違いですよね?
今現在の傷口の様子が見たかったです。

トラックバック

URL :

WINプロフ (=゚ω゚)ノよぅ

写真は美ヶ原高原美術館の野外にあるサモトラケのニケ【WINの原点の場所】すべてはここから始まった( ´∀`)つ

★誕生日:1971/4/25(尾崎豊の死去、JR福知山線脱線事故、ネパール大地震、ちなみに聖者サイババの死去は2011年4月24日)
A型 二黒土星 亥 牡牛座 177cm 8●kg(子豚)

ワールドメイト会員歴25年目[平成7年11月17日初救霊&入会]資格:普通自動車一種&二種、古物商、フォークリフト、薬寿師、世界一密教師、オマケで土偶神化伝(邪気邪霊や生霊や呪いを跳ね返せる神法)
━━━━━━━━━━━
★特技:数字シンクロニシティ[ユングが提唱した概念で"意味のある偶然の一致"の事] Wikiリンク⇒『シンクロニシティ』⇒『カール・グスタフ・ユング

これまた偶然にも4/25 乃木坂46 20thシングル発売『シンクロニシティ CD+DVD』(=゚ω゚) ━━━━━━━━━━━
★ちなみにTOKIO山口達也の不祥事が一斉に報道されたのも4/25である。私が【死にGO(4/25)】と言うように4/25はなぜか不吉な事柄が多く起きる。

ちなみに有名プロレスラーの破壊王[橋本真也]が急死したのは平成17年7月11日(40歳没)「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし、時代を開く勇者たれ!」が理念。

石原裕次郎】の死去は1987年7月17日(52歳没)
阪神淡路大震災は1995年
1月17日

和魂-カテゴリー
深見東州最強セレクション
和魂-推奨リンク
和魂-最新記事 15件
人気記事ランキング
( ´∀`)つ愛愛愛)Д`)グシャ
▼和魂-月別アーカイブ▼
和魂-最新コメント 15件
( ^ω^)よろしくだお
当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用複製販売を固く禁ずる。[VIPルーム]
copyright©ワールドメイト和魂⇒[お問い合わせはコチラ]