ワールドメイトブログ ワールドメイト 和魂
★開設12年突破!! WMファンブログ[ワールドメイト和魂(にぎみたま)]に訪問ありがとう★
▼━【※ご注意:記事の年月日について】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼
 FC2Blogは仕様により、1か月更新しないとトップに見苦しい広告が表示されてしまう為、過去記事の追記や誤字脱字修正した際にその時の年月日に合わせて再度更新して、広告が表示されないようなるべく気を効かせております。しかしその結果、記事を1番初めにアップした年月日は、ほとんどの記事で正確ではなくなってしまっていることに御容赦ください。

また、ブログ全体のリニューアルをしたので記事内の改行などが崩れており(文字サイズも大きくした)、記事によっては非常に読みにくくなっていて申し訳ありません。人気記事ランキングの上位から地道に修正していますが、けっこう大変なのでなかなか進まずで~<(;▼Щ▼)おぉう

『三峯神社参拝&三峯奥宮登拝記』


三峯神社&三峯神社御朱印
平成22年7月22日。凄い数字が並んだ日。朝日に映える三峯神社。

去年からの霊聴、今年5月の網膜剥離と腱鞘炎の手術、治っていない傷ついた体と後遺症で疲れ果てている精神状態、30℃をゆうに越える猛暑の中で、何故いきなり行こうと思ったのでしょう?

・・正直、それは私にも分かりません。

私が参拝して感動した記事など誰も喜ばないかも知れません。

が、普段参拝している三峯神社で感じる御神力の10倍以上を奥宮で感じた為、その奥宮の素晴らしさに感銘を受け、一人でも多くの方に体験して頂くよう記事を作りました。

⇒応援ヨロピク♪人気ブログランキング

(´∀` )ブログランキングに参加中★イイ記事だったとか面白かったとか役に立ったとか思ってくださったらポチッとお願いしまぁす!


真夜中に何故か行きたくなって急いで支度、車を走らせて朝の7時半には三峯神社の駐車場に着いておりました。

今回は彼女を置いてたった一人での参拝と登拝。三峯へ通って10年あまり、何十回と参拝して来た中で初めて奥宮への登拝。

どんな体験が待ち受けるのか・・無事に着けるのか・・
たった一人なので不安で一杯でした。

三峯神社参拝
まず、三峯神社と奥宮遥拝所にていつも通りにお祈り。

(↓三峯神社の奥宮遥拝所)
三峯神社の奥宮遥拝所
(↑赤く囲ってある場所が奥宮だと思います・・たぶん;;)

これから奥宮へ参らして頂く道中の安全をもお願いし、
朝の8時に奥宮登山口をスタート致しました。
奥宮登山口
(↑道中には熊注意の看板もあり、やはり一人では怖い)

登り始めてすぐに若そうな女性一人とすれ違って挨拶を交わしましたが、
こんな朝早くに降りて来たことを逆算して・・

女性の足で計算すると登り始めたのは~5時30分ごろ?
たった一人での往復は怖くなかったのだろうか・・

(↓奥宮登山口から1番始めにある看板)
三峯神社奥宮登山
(↑いきなり、ほぼ中間地点の休憩所へ飛びます(笑))

本当は笑いどころではありません。

始めの看板から、下の休憩所(確か残り0.8km)までは急勾配の連続、道は荒れていて険しく、何枚かは撮ろうと思いデジカメを持ったのですが、山の中で景観も悪くて暗いため、こんな荒れた足場の写真を撮っても仕方がないため、撮るのを諦めた次第です。

しかも、運動不足の為に息はあがり、汗は噴出し、とても写真を撮れる状態ではなかったというのが言い訳です!(∀^;)ゝ

登拝したことがなく、中盤から後半の写真だけで
『なんだ、ぜんぜんラクそうじゃん!』
そう思った貴方。・・・必ず地獄を見ることでしょう。


始めに会った女性以外、ここまででも誰にも会いません。熊に襲われたり怪我でもしたりしたことを考えたら・・それを考えたら、やはり一人での登山は怖いものです。

また、中盤までの急勾配の道中は、陽の当たらない山の中。見えない何かがいるんじゃないかと考えてしまって怖く、広い休憩場所以外では腰を下ろして落ち着いて休むこともできませんでした。


早く安心できる場所、陽の当たる安全な道まで登りたくて、立ったまま息を整える休憩を何度かしただけですが、
なにしろ暑くて汗は噴出し、運動不足の体にはキツイです。前半で足はパンパン。

(↓道が狭く、すぐ横は崖になってる道が続きます)

(↑大きな鳥居と休憩所が見えて来ました!)


(↑ここでまた一休み。冷たい風が超気持ち良い)

この場所から下の景色が見えるのですが、たぶん、、

赤で囲ってある場所が三峯神社にある奥宮遥拝所かと思います。
間違っていたらゴメンナサイ。

(↓いよいよ尾根づたいの後半戦へ突入です)

(↑疲れている足腰にこの急勾配と足場です)

まるで、もののけ姫の世界に入ったかのような錯覚を覚える…


もののけ~たち~だけ~~♪

(↓最後の鳥居は赤文字で書かれているんです)

(↑いきなり急な下りになったと思いきや・・)

(↓古い木で作られた橋。下は崖でとても危険です)

(↑後ろを振り向いて撮ってみました)


(↓いよいよラストスパート。奥宮は近いです!)

(↑ラストの鎖場の上に奥宮が!!!)

(↓感動はすぐ目の前ですが!!)

(↑登りきると絶景が待っています)

(↓落ちたら死ねます。伝説になるには早過ぎる死・・)

(↑石囲の中の奥宮へ。感動です!)

(↓いよいよ、奥宮の神様との御対面です!)
三峯神社奥宮
(↑辛い道のりだけあって、着いた時の喜びは・・)

(↓誰もいないのでお祈りに集中できました!)
三峯神社奥宮でお祈り
ここでのお祈りは本当に凄かったです。
三峯の奥宮がこれほど圧倒的なパワーがある場所だったとは。

お祈りを始めた直後、すぐに嗚咽が漏れるほど涙が溢れ・・
ここまで圧倒的な御神気に包まれたのは何年ぶりでしょう!



下の三峯神社と奥宮遥拝所でお祈りを済ませて来たから?か、

『よくぞ来た。お前が来るのをずっと待っておったぞ!
お前の苦労も葛藤も悩みも願いも、三峯の神は全て存じておる!』


そう御魂で瞬時に受け取ったのか、涙ドドー、嗚咽ウェッウェッ・・
祝詞を上げ始めてすぐです!『高天原に~‥』で、涙(ToT)ダー。


仕方なく熱気で曇った眼鏡を外し、汗にまみれたハンカチを出し、
涙と鼻水を拭きます。なんという香ばしいハンカチでしょう!


自分の願いなんてどこへやら、あまりの御神気に圧倒され、
感謝のお祈りしかできなかったような・・というか、
何を祈ったか鮮明な記憶がない!


お祈りが終わった途端、鈴の音が・・!?

奥宮の入口から鎖場を覗くと、70歳はいってそうなお爺さん!!

なんという健脚。鎖場を登りきってすぐ挨拶を交わしたのに、
息を切らさず、普通に喋ってくるではありませんか!


お爺さんと少し話した後、数分休憩してすぐ下山してしましたが、
お祈りとの絶妙なタイミング。奥宮の神様のお計らいに感謝致しました。

今では、もう少しゆっくりしてくれば良かったと後悔しています。


私の長い会員歴で、御神気に圧倒されて泣いたのはたった数回だけ。・・なんて言えばいいのか上手く伝えられませんが、

言葉を言われてから感動して泣くとかのレベルではなく、瞬間に泣ける。神様の中に直接入っている感じとでも言うか、全て包まれる。


天界から奥宮の部分に暖かい柱が降りているのか、大地から来ているのか、まるで奥宮の部分だけ別世界なんです。感覚が。

たぶん、最後の赤い鳥居からコチラ側は特にそういう神域になっているんだと思いますが、WINが特に強く受けたのはお祈りする場所、お社です。カランカラーンて鈴を鳴らしてから。
三峯神社奥宮
1日たった今でも体と御魂が圧倒的な御神気に包まれている感じ。
伊勢神宮の宇治橋に入った感じのようでもあり、また、
救霊を受けたばかりのような感じでもあり、また、
伊勢や鹿嶋、箱根の大神事に参加して来た直後のような感じです。



本当、久しぶりに凄い御神気を頂いて感動いたしました。
三峯秘鍵開示会資料
帰ってから、数年前にワールドメイトで行われた三峯開き、この秘鍵開示会の資料をあらためて読み直してみたら・・

それはそれは、凄まじく圧倒的な場所なのが理解できます。行く前に、三峯秘鍵開示会資料を読み直して行けば良かったと後悔。


深見先生だからこそ解き明かすことができた、何万年も秘められた三峯の秘密。三峯に秘められた謎を知ってから行けば、物凄い御神徳を頂けるはず。もちろん、世界と日本の人々、全人類の平和を祈る心があってこそですが。


傷ついた御魂や体までも癒して下さったと感じることができるパワー。メイトの会員ならば、必ず1度は行くべきでありましょう。

会員歴18年のWINが自信を持ってお薦めできる神域、
それほどまでに、三峯神社の奥宮は凄まじい場所でした。



感動で目を潤ませて半泣きしながら降りて来ましたが・・
なんというか、神様の大御心を受けた感じで頭に閃き?が出て来る。



『現実での生活が辛いのは誰でも同じである。
悩み、迷い、願い、葛藤など、頭でごちゃごちゃ考えていると、
それが想念の雲となり、欲となり、知らぬ間に魔が入ってやられる。

間は魔に通ず。全ての迷いや悩み、葛藤を捨て、純粋な気持ちで祈り、神々に全てを任せ、強い意志と目標を持って目の前の精進に励め。

それが、神々を動かす大切な秘訣である!』


三峯や奥宮に鎮もる神々様のアドバイスだと受け取っています。



結局、奥宮登山口近くになってから中年の女性の方が一人、中年ご夫婦が一組と、登って降りて来るまでにすれ違ったのは5名様だけです。

奥宮登山口に帰って来たのは、10時35分。
2時間35分の奥宮登拝でございました。

WINは朝食も抜き、飲み物だけで登りましたが、
頂上でお弁当などを食べたら気持ち良いかも知れません。


注意すべきは下山する時。
遭難の80%は下山で起こると言われているくらいです。

疲れてガクガク、パンパンになっている足腰に急な下りのせいで体重がかかる上、木の根っこや石、岩で足場が悪くて足を捻りそうにもなるし、危うく滑りそうにもなりました。

下山する時は、登り以上に気をつけてください!


登山中、登山路が分かりにくいような場所が2~3ヶ所ほどあった記憶がありますが、先に続く地面と、木に縛られた警告の意味がある赤いビニールテープ(登山道から外れますよ)などを良く見て行けば大丈夫かと思います。



ぜひ一度、参拝してその圧倒的な御神気を体と御魂に受けてみて下さい。貴方が今までに味わったことがない、感動と歓喜が待っていることでしょう。

奥宮の神様も、貴方の登拝を待ち望んでいるはずです。
三峯神社奥宮
万全の準備と体調を整え、ぜひ挑戦なさって下さい!

それでは、またお会いしましょう!!

関連記事

★この記事へのコメントお願いしま~す♪★

 (※当ブログは通常の右クリックではコピペできないようにしてありますので、コメント記入の際には、まずメモ帳などに文章を作ってからコピーした後、【Ctrl + V】または【SHIFT+INS(insert)】でコメント欄に貼り付けしてくださいネ)

管理人のみ閲覧できます - - 2015年07月03日 17:30:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます - - 2011年06月30日 18:25:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

URL :

WINプロフ (=゚ω゚)ノよぅ

写真は美ヶ原高原美術館の野外にあるサモトラケのニケ【WINの原点の場所】すべてはここから始まった( ´∀`)つ

★誕生日:1971/4/25(尾崎豊の死去、JR福知山線脱線事故、ネパール大地震、ちなみに聖者サイババの死去は2011年4月24日)
A型 二黒土星 亥 牡牛座 177cm 8●kg(子豚)

ワールドメイト会員歴25年目[平成7年11月17日初救霊&入会]資格:普通自動車一種&二種、古物商、フォークリフト、薬寿師、世界一密教師、オマケで土偶神化伝(邪気邪霊や生霊や呪いを跳ね返せる神法)
━━━━━━━━━━━
★特技:数字シンクロニシティ[ユングが提唱した概念で"意味のある偶然の一致"の事] Wikiリンク⇒『シンクロニシティ』⇒『カール・グスタフ・ユング

これまた偶然にも4/25 乃木坂46 20thシングル発売『シンクロニシティ CD+DVD』(=゚ω゚) ━━━━━━━━━━━
★ちなみにTOKIO山口達也の不祥事が一斉に報道されたのも4/25である。私が【死にGO(4/25)】と言うように4/25はなぜか不吉な事柄が多く起きる。

ちなみに有名プロレスラーの破壊王[橋本真也]が急死したのは平成17年7月11日(40歳没)「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし、時代を開く勇者たれ!」が理念。

石原裕次郎】の死去は1987年7月17日(52歳没)
阪神淡路大震災は1995年
1月17日

和魂-カテゴリー
深見東州最強セレクション
和魂-推奨リンク
和魂-最新記事 15件
人気記事ランキング
( ´∀`)つ愛愛愛)Д`)グシャ
▼和魂-月別アーカイブ▼
和魂-最新コメント 15件
( ^ω^)よろしくだお
当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用複製販売を固く禁ずる。[VIPルーム]
copyright©ワールドメイト和魂⇒[お問い合わせはコチラ]