ワールドメイトブログ ワールドメイト 和魂
★開設12年突破!! WMファンブログ[ワールドメイト和魂(にぎみたま)]に訪問ありがとう★
▼━【※ご注意:記事の年月日について】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼
 FC2Blogは仕様により、1か月更新しないとトップに見苦しい広告が表示されてしまう為、過去記事の追記や誤字脱字修正した際にその時の年月日に合わせて再度更新して、広告が表示されないようなるべく気を効かせております。しかしその結果、記事を1番初めにアップした年月日は、ほとんどの記事で正確ではなくなってしまっていることに御容赦ください。

また、ブログ全体のリニューアルをしたので記事内の改行などが崩れており(文字サイズも大きくした)、記事によっては非常に読みにくくなっていて申し訳ありません。人気記事ランキングの上位から地道に修正していますが、けっこう大変なのでなかなか進まずで~<(;▼Щ▼)おぉう

『狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)の手術!★再再更新編★』

★記事下部に抜糸1週間後と11日後、14日後の写真をUP!!★

人生2回目の手術キタ━(`* )(Д`* )(*´Д`*)━ハァハァ!!
腱鞘炎手術2日後の消毒
(グロキタ━!!!!! 手術2日後の消毒にて~オエエエエエ━!!!!!)

網膜剥離の手術から18日、網膜剥離の後遺症の日々の中、
右眼の充血も治っていないのに人生2回目の手術はすぐに訪れた。

(´∀` )ブログランキングに参加中★イイ記事だったとか面白かったとか役に立ったとか思ってくださったらポチッとお願いしまぁす!

その手術とは、狭窄性腱鞘炎を治す腱鞘切開術!!!
手首の狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)を治す最終手段である。
見ての通り、またまた手術室においての凄まじい腱鞘切開手術になる。

腱鞘炎手術へ
またまた奇しくも、誕生日の日にちと同じ25日!!
では、その経緯と手術の様子、経過をご紹介しよう。
手術写真


症状経過は下に記載した通りである。昔から再発を繰り返しており、
繰り返す度に手首の状態は悪化、サポーターが手放せなかった。

寝ていただけで親指側の腱鞘炎を再発して腱の引っ掛かりが治らず、
何もしても激痛で、さすがに限界を認識してネットで情報収集。


狭窄性腱鞘炎を治す最終手段である、手術による腱鞘切開術を知り、
下記を印刷して、まずは大病院である●●医大へ行ってみた。

────────────────────────────

【狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)の症状経過】

[1]右手の手首の狭窄性腱鞘炎の症状はかなり昔からあった。
親指側の腱鞘炎をかばっているうち、背の腱鞘炎まで発症した。
どちらかが良くなると、どちらかが悪くなるの再発を繰り返している。

↓↓↓

[2]去年から背の腱鞘炎も痛めており、サポーターが手放せなかった。
ところが一昨日、寝ていただけで親指側の狭窄性腱鞘炎を再発した。
今までで一番酷い痛み、少しでも親指や手首を動かしただけで激痛だった。

ステロイド注射をしたが、根本的な治療にはならずに2日で再発。
頻繁に再発を繰り返しており、両部分とも症状的に状態はかなり悪い。
 
↓↓↓

[3]病院や接骨院にかかっても湿布やステロイド注射だったりと、
一時的な治療だけで根本的な治療には至っておらず、幻滅していた。

手首の親指側と背側、状態はかなり悪いので手術を希望している。
一時的な治療ではなく、手術するか、しないかの二択の選択を希望。


※●●医大で手術ができない場合は、●●医大への紹介状を希望!
 
────────────────────────────


朝一で●●医大の整形外科へ。紹介状が無いので待たされた。
1時間半ほど待たされてそして診察室へ。

案の定、若そうな医師に当たって嫌な予感がしたが、
印刷した紙を見せながら説明し、手術を希望していることを告げると・・


医師『うちでは腱鞘炎の手術はほとんどやらないですよ』

WIN『!! はっ??』


医師『ほとんどは注射2回くらいで治りますよ』

WIN『はっ?・・・』


WIN心の声 『(あったまオカシイんじゃね?ほんとに整形外科?
    重症だからわざわざ来てんだろヴォケッ!!!!)』



医師『・・うーん・・』(頭を抱えている)

医師『ではですね・・再来週に、手や腱に詳しい先生が来ますので、
   その先生の診察を受けてから、手術するか決めましょう』


WIN『はい・・お願いします』


WIN心の声 『(おせえーんだよーヴォケッ!! 二度と来るかっ!!)』



~こんな感じで●●医大の診察終了。
紹介状が無い分、余計なお金を取られてイライラが募る。

悶々と悩んで帰宅したが、こんな調子では一生右手は使いものにならない。ダメもとで午後、地元の中規模の病院の整形外科に行ってみた。


しかし、この日は土曜だったために整形外科の担当医はお休み、
臨時の医師にステロイド注射を打たれたが、日曜の夜には痛み再発。

仕方ないので月曜にまた印刷した紙を持って病院へ。
先生に印刷した紙を見せながら症状説明、痛い手首をイジられる。


WIN『~ということで、根本的な解決の為に手術して欲しいんです!』


医師『よし、じゃーやろうか。』


WIN『ハエ━(゚∀゚*)━━━!!』


医師『早くて明日25日、遅くて~
   一箇所にする?両方やりますかっ?』

WIN『両方(親指側と背)いっぺんに、すぐにお願いします!』



医師『じゃあ、明日やりましょう。ではこれから手術のための検査と
   説明を受けて、誓約書を書いて行ってね!

   予定では~お昼くらいから約1時間くらいの手術。
   早めに11時30分くらいに来てね。』


WIN『有難うございます。宜しくお願い致します!』




~こうして、網膜剥離の手術から18日、誕生日の日にちと同じ25日に、
人生2回目の手術は決まったのである。



翌朝・・。

網膜剥離の凄まじい手術をついこの前に経験したばかりなので、
あの経験をした後では、恐れも怖さも不安も微塵も無かった。


(慣れって不思議なものだな・・(゚∀゚,,))


心配していたのは彼女のほうだけ。当の本人であるWINは、
「長年の手首の痛みの辛さからの解放」に喜びさえ感じていた。

腱鞘炎手術当日001
病院へ入る前に、昨日処方された薬を貰いに隣の薬局へ。病院へ入って受付に話すと、
すぐに2階の待合室へ通された。


少しして、迎えに来た助手の先生が、

『あれ?御家族の方とかは?一人で来たんですか?』なんて言うから、余裕の笑みで『いや、一人ですけど?(゚∀゚*)』っと答えた!

あの杏林の眼科手術だって、皆さん一人で受けてたんだから、内心、「手首の手術ごときで家族呼ぶなんて大袈裟だよな」と思った。


そして、助手の先生に連れられて手術室に繋がる小さい部屋へ。
ここで上だけ裸になって手術着を着て、頭にはキャップ被って、
サンダルに履きかえ、眼鏡を外して後ろの扉から出ると・・・

手術準備室とでも言うのだろうか・・?
助手が待っていたが、広い部屋になっており、大きな水道台がある。
TVで良く見る、手術に立ち会う医師が腕を洗う場所だ。
手術写真
そして、助手に連れられてナナメ向こうにある手術室に通された。
杏林の眼科手術用の台とは違い、台は始めから寝かせてあり、
広さや周りの器具などは、杏林の手術室と変わらなく見えた。


執刀は整形外科の先生。助手は若い女医と中年の男性医師の2人。
杏林の時と同じ組み合わせ、またまた3人での手術である。

しかし、手術室とは何というか・・入るのは2回目だが、
感情が存在しない無機質な空間に感じられる。


その手術台に横になると、心電図や心拍数を測るコードを胸に。
左腕には血圧計をつけられ、顔の右横、肩でカーテンで遮られ、
イソジンうがい薬と同じ色の消毒液で腕をベチャベチャ消毒される。



この台の上で、何人の緊急患者が運びこまれて手術を受けたのか?そして、何人がこの台の上で命の灯火を消したのか?

神により生きることを止められ、心臓の鼓動を止めた者たち。
その死者たちの慟哭の叫びが聞こえるかのような恐ろしい空間。

そこに今、WINはいる。その者たちの無念を背負うかのように。
選択されたのではない。強く生きるためにこの瞬間を選択した。



続いて、右腕の上腕を圧迫して血流を完全に止める。
そしていよいよ、執刀医の合図で手術が始められた。

開始前も開始されてからも、WINは緊張も怖さも微塵もなかった。
杏林で味わった緊張や怖さが全然出て来ない。
それだけ、精神的に強くなったのだろうか・・?


執刀医『それでは手術を開始します。お願いします!』

助手2人『お願いしまーす!』

執刀医『では始めに、局所麻酔いきます!』




この手首周辺の局所麻酔だが、WINの痛みレベルでは1か2。
お灸の最後の熱い感じ、太い注射を刺されたくらいの程度である。
その局所麻酔を手首周辺、五箇所くらいにやったと思う。

そのまま、30秒も立たないうちに、

執刀医『では切開いきます!』


麻酔も完全に効いてないうちにメスがキタ!!
手首の親指側からだったが、皮膚が切り開かれる感覚がニブく伝わる。


(これ、麻酔ってもんが無かったら絶叫してるかもな・・(゚∀゚,,))


この感覚だけは、さすがに同じ経験をした者でないと分からない。
なにしろ、刃物で皮膚の表面の皮だけを切るのとはワケが違う。

腱や骨に達する深さで肉を切り開いていくのだ。
肉を深く切られる感覚を味わえるが、私はMではない!w

手というのは狭い空間に神経や腱、骨や筋、血管などが入り組んでおり、腱鞘切開術は簡単と言われていても、神経を傷つけたら最後なのだ。手の感覚神経は広範囲に及ぶため、手の後遺症は致命的である。



ここで腱鞘炎について軽く説明しておこう。

腱はいくつかの場所で腱鞘というトンネルの中を通る。

この腱鞘には腱の浮きあがりを抑え、効率的に力を伝達する役割があり、腱を一定の位置に固定し、その方向を規制する役割をも担っている。

トンネルのような構造で、腱鞘の内面は腱がスムーズに動けるように、滑膜と呼ばれている組織で覆われているが、滑膜はエンジンオイルのような役割をする滑液を分泌して腱の動きを助けている。


この腱と腱鞘のなかでこすれて腱鞘の内壁炎症がおきて腫れ、
腱の通過する道が狭くなり、この狭い箇所をさらに腱が動くことで、
腱鞘と腱の擦れ合いはいっそう酷くなり、痛みが生じるようになる。

なら、このトンネルを切って腱を解放してしまおうというのが、
今回、WINが受けた腱鞘切開術である。


ほとんどの腱鞘切開術経験者は手首の親指側だけだと思うが、
WINは手首の背側も重症であるため、二箇所の同時手術だ。

本来ならばあって当然の腱鞘を切開して無くしてしまうため、握力や筋力の低下を生み、様々な後遺症をも併発するリスクがある。


腱鞘切開術の後遺症に関してもネットで検索すれば出て来るが、
WINは自ら希望して手術を受けた。医師の腕に賭けたのである。




さて、手術に話を戻そう。

執刀医が腱鞘を切った後は引っ掛かりがないかを、指を動かして確認させられる。麻酔をされても指先は感覚が生きている。

大丈夫そうなので、背側の手術に移った。


メスで切り開かれる時、先ほどよりも痛みを感じたために言うと、
局所麻酔を追加してくれた。実際に腱鞘を切っている感覚は感じられない。

準備や手術中にも、執刀の先生や助手の先生と話していたため、
かなり長い時間を手術室で過したように感じたが、着替えたり、
消毒などの手術に必要な準備が約15分、実際に手術している時間は
約25分くらいで合計40分くらいだったという。お疲れ様でした!(゚∀゚,,)
腱鞘炎手術2日後の消毒
縫合して手術終了。先生たちにお礼を言って手術室から無事に生還、
すぐに点滴を受けてから帰宅。術後は2~3日に1回は診察と消毒。
腱鞘炎手術直後001

手術後の手03手術して2日くらいで右手の甲はパンパンに腫れ、アンパンマンの手みたい。念の為に点滴を連続して受けたが、腫れと痛みは耐えがたいものだった。

術後5日くらいまでは縫った部分の痛みが酷くて辛かったので、処方された痛み止めを飲んで耐え凌いだ。腫れも酷いものだった。

先生からは「指をどんどん動かしてね」と言われたが、指を動かすと腱が傷口に当たって激痛が走るので動かせるワケがない。


術後1週間を過ぎると腫れや傷口の痛みは落ち着いて来るが、
その代わりに手術の後遺症である神経痛が強く出てきた。

親指は大丈夫なんだが、人差し指と中指の腱に沿って、
傷口から2つの指の第二関節まで広範囲に神経痛に襲われている。

(※ちなみに親指は、手の機能の8割を担うと言われている)


それはまるで、火傷のようなヒリヒリ感やジンジン感で、
時々、鋭い痛みも走り、夜も落ち着いて寝られない。
拳の関節周りは特に酷く、24時間毎日、疼痛に耐えなければならない。

執刀してくれた整形外科の先生に聞いてみたら、
治るまでに3~4ヶ月かかり、徐々に治っていくと言う。


「RSD=Reflex Sympathetic Dystrophy:反射性交感神経性萎縮症」
でないことを祈るまでだ。どこまで回復するかも不安である。

解放された腱の部分の痛みや稼動状況、腱鞘炎自体の痛み、
握力や手首の力など、右手を使ってみなければ分からない問題が多い。


術後から現在まで、ほとんどの動作は左手のみ、右手はたまに軽く
親指か小指を少し使うのみで、もちろん強い力も入れられない。

食事も運転も、トイレも着替えも、洗髪も洗顔も、歯磨きもPCも
ほとんど左手のみ、術後10日で左手での生活はほぼマスターした。
きっと、足りない脳の右部分の活性化に繋がっただろうw


網膜剥離の後遺症に加え、腱鞘炎手術の後遺症とWパンチ。
完治まで半年以上、気長にリハビリして行こうと思う。

手術の効果があれば良いのだが、やはり不安だ。。
この火傷のようなヒリヒリ感さえ治まってくれれば助かるのだが。


100%成功の手術は無い。物事に絶対が無いように。
だからこそ、手術前に誓約書にサインさせられるのだ。
医師も人間である限り、医療ミスからは逃れられない。

この記事が少しでも、腱鞘炎に苦しんでいる人の助けになればと、
左手だけで懸命に作ってみた。来週はいよいよ抜糸。
無事に抜糸したら写真を追加するつもりである。


以下、更新

奇しくも抜糸は7日。
杏林で網膜剥離の手術をしたのと同じ日にちである。


また、私の誕生日である4月25日は大きな不幸が起こりやすい。

1992年には十代の教祖と言われたカリスマ「尾崎豊」の死、
2005年にはJR福知山線脱線事故で死者107名、負傷者562名を出した。

そして25日とは、世界的大スターであるキング・オブ・ポップ、
マイケル・ジャクソンが亡くなった日(6月25日)でもあるのだ!

私が自身の誕生日の25日、4月25日(死にGO)を嫌うのも、
分かってもらえるだろうか・・・
不思議な数字の符合も起こりやすいのである。


↓抜糸1週間後の写真をUPしました!5/25手術、6/7抜糸
抜糸1週間後の写真
傷は綺麗に塞がってきたが、傷口周辺はまだ腫れており、
指や甲の神経痛はかなりある。さすがに傷には触れない。

↓抜糸11日後の写真! 5/25手術、6/7抜糸
抜糸11日後の写真

↓抜糸14日後の写真! 6/21病院での消毒は終了!
抜糸14日後の写真
抜糸から2週間、6/21をもって病院での消毒は終了。
これからは自身で手首のリハビリに挑みます。孤独な闘い。
傷口周辺にはまだ腫れがあり、凸凹している箇所もある。

約3週間も手首を動かさないようにしていたため、
骨折後の固定のように手首の関節が固まってしまっていて痛む。
手首は反らし易いが、曲げるのは傷口が突っ張って不可。まだ痛い。

神経痛も今だにあり、痺れや痛みが広範囲に出ている。
まだ腫れがあるからだろうか。関節も固まってしまっているので、
少しずつリハビリしている。完治がとても長く感じる。

↓せんねん灸は神経痛に良く効きます!
神経痛にせんねん灸
せんねん灸をすると神経痛が少しの間消えて本当に楽になる。
様子を見ながら少しずつリハビリして、復活に向けて頑張ります!


↓狭窄性腱鞘炎(ドゥ・ケルバン病)の手術動画

WINは親指側に加え、手首の上部分も同時に手術した。
また、WINの傷口はかなり大きいため、醜い手術痕が残るであろう。



↓狭窄性腱鞘炎(ドゥ・ケルバン病)の説明は以下をどうぞ
狭窄性腱鞘炎(ドゥ・ケルバン de Quervain病)
狭窄性腱鞘炎
腱鞘炎とは


経過はまた近いうちに報告する。それでは、また!

関連記事

★この記事へのコメントお願いしま~す♪★

 (※当ブログは通常の右クリックではコピペできないようにしてありますので、コメント記入の際には、まずメモ帳などに文章を作ってからコピーした後、【Ctrl + V】または【SHIFT+INS(insert)】でコメント欄に貼り付けしてくださいネ)

はじめまして。 - うさ!! - 2013年05月06日 20:44:49

ドケルバンで検索jしてこちらにたどり着きました。
仕事柄、裁ちばさみ(ラシャバサミ)を一日中使っていたら
手根菅症候群が全体に広がり、半年後とうとうドケルバンも発病してしまいました。
日中は、ロキソニンとロキソニン湿布で痛みに耐えていますが
とにかく夜間痛が酷くて><
腱の上にゼリー状の何かがあり、そのせいでステロイドの注射もできず、それが神経を圧迫して日中も時々激痛に襲われます。

かかりつけの病院で手術を薦められ、ケロイド体質だし癒着も怖くて
2ヶ月放置状態です。
明日、違う病院で同じ診断なら(●赤と総合病院)どちらかで手術を受けることになりますが、おそらく●赤になると思います。
手術しか・・・・ないのですから><
頑張ります。ありがとうございました。

>>初めまして、yuriさん - 管理人WIN - 2012年09月22日 03:47:33

ご訪問ありがとうございます。

【ドケルバン】という医療用語みたいな難解な名称より、
【腱鞘炎】という言葉のほうが広く知られていると思います。
私の中では、ドケルバン=腱鞘炎です。

また、症状の度合いや治療に、年齢は関係ないと思っています。
若くても歳がいっててもなる人はなりますし、
治り方や治癒も人それぞれだと思っています。


むしろ、生まれ持った体質による所が多い気が致します。

なぜなら、同じ仕事をしていても発病しない人のほうが多いですし、
自分より手を多く使う仕事の人もかなり多いはずですので。


生まれ持った体質(腱鞘が狭いとか、腱鞘の中の滑液が分泌されにくいとか)にプラスして、症状を発動させる何かの要因や原因(冷え性とか、手首を酷使しているとか)があるのだと思います。

私の場合は、学生の時から右手首の調子が悪かったので、それも要因の一つかと思います。



腱鞘の中でこすれて激痛までおこり、生活や仕事が困難になるほど症状が重くなってしまった場合は、もはや保存療法で治すのは不可能だと私は思っています。

なぜなら、私自身が何年も苦しんだあげく、結局手術で完治したからです。


手首や指を使わないように生活や仕事をするのは容易なことではありません。

現在なら手術も日帰り、傷口も小さく、リハビリも必要なくすぐ動かせるようになり、それでいて完璧に完治しますので、私は手の外科専門の医師による手術をお勧め致します。


あれほど苦しめられていた激痛から開放され、自由に手首を使える喜びを実感するはずです。

消極的に耐えて暮らすより、積極的に治して自由に使える喜びを実感してくださいませ!!

P.S
腱鞘炎の手術なんて全然怖くないですよ。
局所麻酔で20分もあれば終わると思います。

執刀医や助手と世間話しているうちに終わってしまいますよ。

詳しい情報に感謝します - yuri - 2012年09月22日 01:49:28

初めまして

半年以上の迷路の出口にやっと来た感じでとても参考になりました。

病院を3カ所見てもらいましたが塗り薬や湿布、リハビリ様々な腱鞘炎への
処置をしましたが痛みは余り変わらずで諦めていました。

手術の例や結果等どのようなリスク利点経験者でないと解らない事がこのネットにて
患者の立場で詳しく知ることができました。
詳しく知った上で結論出せるという事は本当に有り難く思います。

少し気になるなら年齢的にどうなのかでしょうか。
私は60歳の女性で今18年家族同様に暮らして来たの高齢犬の介護の真っ最中です。
8キロ程のシェルテイでオムツの為に汚れる度に体の洗浄とかで抱きながらの作業
が多くその蓄積で或る日突然に激痛でした。
お皿さえ持てずの状態を半年過ぎてほんの少し上手く痛まないやり方のコツを得た
だけなのに回復と錯覚し又無理をしてたのでしょう、再度痛みがあの半年前に戻って
しまいました。
4件目のドクターに診てもらいましたらはじめてドケルバン病という名前を教えて頂き
13000円ほどのサポーター(固定する)を勧められ使っています。
でも期待した程親指を固定出来ず少しの動作でも痛い事が有ります。
ただ固いので外から擁護できる安心感はあります。

逆に最後にいい方法と勧められたのはこの程度となのかと落ち込みもっと他に前進出来る方法
が無いものかとネットで調べていくうちに手術やお勧めの病院情報を知る事が出来ました。

ドクターが手術の言葉を一言も言わないのは私の必要性や年齢なのか、それとも医師側の
認識不足なのかを判断する為にもきちんとした病院で説明をしてもらい決めたいと思います。

今左手を庇ってる為に右手も少しだけ異常を感じています。

改めて有難うございました。







何度もありがとうございます。 - nana - 2012年07月30日 16:46:15

とても安心しました。
近所の整形外科で手術をする前に知ることができて感謝します。
又、別の手術があるとのことお大事になさってください。

>>こんにちは、nanaさん。 - ワールドメイト 和魂 管理人WIN - 2012年07月29日 12:10:07

こんにちは、nanaさん。
とても、お辛そうですね;;


実は私も、PC(マウス)を長年使ったために症状が悪化、背面までおかしくなり右手が使い物にならなくなったために、手術という最終手段に踏み切りました。

腱鞘炎の治療というと、湿布での安静療法やステロイド注射などがありますが、痛みが強くなって慢性化すると、もはや、これらの一時的な治療は気休めにしかなりませんよね。


あの細い腱鞘の中で擦れた時の激痛;;、もう耐え難くて辛いですものね。『手首を使うな』と言われても、日常生活で使わない生活はできませんし。

結局、nanaさんが掛かった整体でも、一時的な気休めでしかないと思います。



あとですね、nanaさん。

65%と言いましたが、もうすぐ再手術後2年立ちますし、腱鞘炎自体の痛みはもうほとんど完治していますよ。

たまーに、PCを長時間やると痛みの名残りがちょこっと顔を出すくらいで、これはたぶん~長年の腱鞘炎の痛みで炎症か何か残ってしまっていたんだろうと思います。

あの凄まじい痛みに比べたら100分の1くらいの可愛いもので、少し休めば完全に引きます。



ですから、この記事を読んで、『手術が怖くて大変そう』と思ってしまったら、お詫び致します。

~っというのも、上手な実績のある先生なら、私のように傷口も大きくありませんし、日帰りで傷口も小さいです。

なぜなら、2回目の再手術で掛かった八王子のスーパードクターの病院で何人も同じ腱鞘炎の手術した人達を見ましたが、日帰り手術で傷口なんて2~3cm程度、術後何日か病院の拘束具で固定してすぐに抜糸、すぐに日常生活に復帰されていて、本当にこの先生は凄いなぁ~と思ったものです。


もうね、そのスーパードクターからしてみたら、私の傷口なんて考えられないくらいだと怒られたものです。

この時に初めて、痛みに耐えかねて近所の総合病院の整形外科などに駆け込んでしまった自分の選択ミスを後悔したものです。


ですから、正しい選択ならば、腱鞘炎手術に対しては何も心配することはないですよ。上手な先生ならば、局所麻酔でせいぜい20分くらいの簡単な手術です。

たったそれだけで、『今まで悩まされていた痛みから一生開放される!』

苦しんだ人なら、この嬉しさはもう言葉には言い表せないと思います。



『痛みから開放される』ということは、『その根本的原因、苦しむ業から許された』ということです!

その為のほんの少しの努力が、『良い病院を選び、良い医師に巡り会う』ことです。


私のように失敗する前にこの記事に巡り会えたnanaさんは、確実に運が良いと私は思いますし、nanaさんを守ってくれている神仏や御先祖の正しいお導きなはずです。

悪いものの場合は、苦しんだりして辛い時、ますます悪くなる方向へ引っ張られますので。


話が少し脱線しましたが、ですから手術を大変だとは思わずに、手術という健康人では受けられない貴重な体験ができるぞーと喜んだら良いと思いますよ。

また、その腱鞘炎治療のことも、nanaさんの貴重な人生経験の1ページとして、同じ怪我で悩んでいる人を助けられるわけですから。


『苦しむ業』から、『他人を助けられる貴重な経験』として生まれ変わるわけです。こんな嬉しいことはありませんよね。

ですからnanaさんも、『苦しむ業から開放される喜び』を一日を早く味わって頂きたいと思います。



また私、来月で人生4回目となる手術が既に決まっていますが、腱鞘炎手術なんて、手術のうちに入らないと思いますよ。

私の場合はたまたま運が悪く、ヘタクソなヤブ医者に当たってしまったから、こんなに大きな傷口と後遺症が残ってしまっただけですから、nanaさんが上手く行けば、ほんの数十分の歯医者の治療時間と同じくらいで簡単に手術なんて終わるはずですよ。


早く治って、痛みを気にすることなく生活できれば良いですね~。

関東なら、私が再手術してもらったスーパードクターがいる八王子の高月整形、いま私が掛かっている慶應義塾大学病院の手の外科、東松山の腱鞘炎治療で有名な病院(名前忘れちゃった)などがお勧めです。


また、これらの病院には県外からもたくさんの患者さんが訪れています。どうせなら、実績のある有名な先生がやってくれたほうが安心ですものね。

もうじき開放されますから、気持ちを強く持って進んでくださいネ!

素早い返答、アドバイスを有難うございます。 - nana - 2012年07月29日 10:07:17

65%ですか。ショックですね。
私も、控えめに腱鞘炎と言ったら「私もだよ」「私もー」と軽く言われてしまい(汗)
あえてドケルバン病と分かりにくい言い方をしています。
整形外科で最初にもらった塗り薬は全く効かず、ステロイド注射を10日おきに3回うちましたが改善されず、後は手術になると言われていたので手術はしたくない事を伝えました。でも病院では他に方法は無いみたいですね。以降、病院へは行かずに、痛いまま、左手が器用になりました。良い方法を探しています。
整体を評判の所に変えたところ痛みが少しやわらぎ、動かさないと以前のような痛みがなくなりました。誤って使ってしまうと息を呑む激痛ですが。
この痛みはなった人にしかわかりませんね。

私の場合、仕事柄もありますが、PCを新しくした時にマウスのサイズが変わり、手に合わないと思いながら使い続けた事にあると思っています。
元の小さいサイズに戻したら少し楽になった気がしています。
ですが仕事は、繊細さが必要なのでできません。これからどうなるか心配です。

手術をするときにはしっかり外科医を選びます。大変参考になりました。
ありがとうございました。



>>nanaさん - ワールドメイト 和魂 管理人WIN - 2012年07月29日 03:44:17

初めまして、nanaさん。
わざわざコメントくださり、ご心配まで有難うございます。


こちらは記事は、初めての腱鞘炎手術で失敗され、神経まで切られた完全な医療ミスの記事です。

おまけに、まともなリハビリさえ行ってもらえず、癒着と神経痛で2ヶ月の間まともに生活できませんでした。


幸い、この後に掛かった八王子の高月整形のスーパードクターに手術してもらい、完治とはいきませんが、自分の感覚では65%くらいまで良くなった感じです。

切られた神経から先を剥離したために神経領域に麻酔が掛かっているかのような弱い麻痺と、たまに痺れ、また癒着による稼動域の制限がやはり残ってしまい、正常な左手よりかはかなり劣ってしまいました。


ですから、この体験談を参考に、腱鞘炎で苦しんでいる方へ記事を作った次第です。

『腱鞘炎』というと軽く見られますが、その痛みは地獄の苦しみ。


手術以外に完治は無いのですから、手術を考えておられるなら、専門の手の外科の外来がある病院で、なおかつ、口コミなどで患者さんが多く駆けつける医師をお勧めします。

やはり、実績があるからこそ患者が増えるわけですので、これはステマで言っているのではありません。


私たち患者にしてみたら、手術はすぐ終わるし、手術中は痛みもありません。

大変なのは手術の麻酔が切れてから。ここから本当の闘いが始まります。


nanaさんも大変かとは思いますが、『必ず治すんだ!』っという強い意思を持って完治に向けて進んでください!

同じ怪我に苦しんだ一人として、陰ながら応援しております。


そして、ぜひ、完治した暁には、またコメントでお知らせしてくださいネ!

とても参考になりました。 - nana - 2012年07月29日 02:06:07

私も簡単な手術と聞いていました。
手術痕もすごいし、神経痛があったり、こんなに大変とは・・・。
仕事柄、親指に細かい微妙な動きが必要なのですが、
これでは、手術はとても心配です。
調度一年経っているようですが、今はいかがですか?

大変参考になりました - にんにく - 2010年07月24日 00:13:23

かんたんな手術と聞いていましたが、こんなに腫れて包帯もぐるぐる巻きにされるとは・・・。今暑いし、こんなに包帯巻きされたら仕事できないし手術はもう少し考えようかと思いました。もし受ける時は、事前に家にある抗生物質と消炎鎮痛剤をたっぷり飲んで(手術後なるべく炎症が軽く治まるように)受けようかと思いました。ありがとうございました。

トラックバック

URL :

WINプロフ (=゚ω゚)ノよぅ

写真は美ヶ原高原美術館の野外にあるサモトラケのニケ【WINの原点の場所】すべてはここから始まった( ´∀`)つ

★誕生日:1971/4/25(尾崎豊の死去、JR福知山線脱線事故、ネパール大地震、ちなみに聖者サイババの死去は2011年4月24日)
A型 二黒土星 亥 牡牛座 177cm 8●kg(子豚)

ワールドメイト会員歴25年目[平成7年11月17日初救霊&入会]資格:普通自動車一種&二種、古物商、フォークリフト、薬寿師、世界一密教師、オマケで土偶神化伝(邪気邪霊や生霊や呪いを跳ね返せる神法)
━━━━━━━━━━━
★特技:数字シンクロニシティ[ユングが提唱した概念で"意味のある偶然の一致"の事] Wikiリンク⇒『シンクロニシティ』⇒『カール・グスタフ・ユング

これまた偶然にも4/25 乃木坂46 20thシングル発売『シンクロニシティ CD+DVD』(=゚ω゚) ━━━━━━━━━━━
★ちなみにTOKIO山口達也の不祥事が一斉に報道されたのも4/25である。私が【死にGO(4/25)】と言うように4/25はなぜか不吉な事柄が多く起きる。

ちなみに有名プロレスラーの破壊王[橋本真也]が急死したのは平成17年7月11日(40歳没)「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし、時代を開く勇者たれ!」が理念。

石原裕次郎】の死去は1987年7月17日(52歳没)
阪神淡路大震災は1995年
1月17日

和魂-カテゴリー
深見東州最強セレクション
和魂-推奨リンク
和魂-最新記事 15件
人気記事ランキング
( ´∀`)つ愛愛愛)Д`)グシャ
▼和魂-月別アーカイブ▼
和魂-最新コメント 15件
( ^ω^)よろしくだお
当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用複製販売を固く禁ずる。[VIPルーム]
copyright©ワールドメイト和魂⇒[お問い合わせはコチラ]